トヨタファイナンスに「手話・筆談通訳サービス」の提供開始

SDGsの推進、合理的配慮の提供へ

株式会社プラスヴォイス(本社:宮城県仙台市、代表取締役:三浦 宏之、以下:当社)は、トヨタファイナンス株式会社(以下:トヨタファイナンス)からの業務の委託を受け、2022年10月より、耳の聞こえないお客様を対象とした「トヨタファイナンス 手話・筆談通訳サービス」の提供を開始いたします。
本サービスでは、耳や聞こえないお客様からトヨタファイナンス発行のクレジットカードや自動車クレジット等に関するお問い合わせを、当社通訳者が手話や筆談にて受け付けます。その内容をトヨタファイナンスの各デスクに電話を繋げたのち、お客様とトヨタファイナンス各デスクのやりとりをリアルタイムで通訳いたします。

〈トヨタファイナンス 手話・筆談通訳サービスのご利用イメージ〉

■トヨタファイナンス 手話・筆談でのお問い合わせ
 TS CUBIC WEBサイト:https://tscubic.com/inquiry/sign-language/
 LEXUS WEBサイト   :https://lexus-fs.jp/inquiry/sign-language/

現在SDGsの推進や、障害者差別解消法での合理的配慮の提供など、様々なところで多様性に対応する取り組みが行われています。
耳の聞こえない方が電話を使って企業等に問い合わせができない問題を、企業側で手話通訳サービスを準備してこの問題を解決することが、多様性に対応する取り組みの一つとなります。

当社は、今後も耳の聞こえないお客様のニーズやご期待に応えるべく、お客様の立場に立って不便さを想像し、 誰もがあたりまえに暮らしやすい社会を目指します。そして、お客様と企業に対して、利便性と安全性を備えた良質な通訳サービスを提供していくことに努めてまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プラスヴォイス >
  3. トヨタファイナンスに「手話・筆談通訳サービス」の提供開始