【企業・団体向け】「新型コロナウイルス抗体検査」1名 3,000 円のリーズナブルな価格で提供開始

研究データ収集のための有償モニターで新型コロナウイルスに感染したことがあるかをお得に確認!20名から申し込み可能

ウィズコロナ・アフターコロナの時代において、感染の有無を調べると同時に感染予防対策を講じる重要性が高まっています。今回は、(一社)健康経営推進産業医会の研究データ収集及び、(一社)予防医療研究協会の「STOP医療崩壊」活動の一環として、企業・団体向けに有償モニターの募集を開始します。

新型コロナウイルス抗体検査は、一般的に感染7日後あたりに行うことが理想とされています。4連休明けに調べておくことで感染拡大リスクの軽減が期待できます。従業員の健康管理や職場での感染拡大防止のために、ぜひお役立てください。


■専門家が選ぶ「Lepu Medical社」の抗体検査キットを使用
数多くある抗体検査キットの中でも、精度が高いと国際的に評価を受けているLepu Medical社の製品を使用します。

血液中の「IgM抗体」と「IgG抗体」の2種類を同時に調べることができます。指から採血できる簡単な方法で、15分ほどで結果が出ます。


下記画像は、Lepu Medical社を含む17社の抗体検査キットの比較試験の結果です。ノルウェーの国際検査機関であるNoklusによって行われました。

参加国:アメリカ、イギリス、ドイツ、中国、韓国、スイス、ベルギー参加国:アメリカ、イギリス、ドイツ、中国、韓国、スイス、ベルギー


15」がLepu Medical社の抗体検査キットの結果です。IgM抗体については、17社の中で最も感度が高いことが示されています。


Noklusの見解としては、17社のうち8社のみ合格とされています。参加企業のうち6社が中国製ですが、中国製のうち合格は Lepu Medical社の製品のみでした。

試験結果の詳細はこちらのURLからご覧ください。
https://www.noklus.no/media/4k3hjwdh/report_2_covid19_rapidtests_noklus_2020.pdf 

<有償モニター募集期間>
2020年9月23日(水)〜2020年10月31日(土)

<料金>
1名 3,000円
※20名から申し込み可能

■健康経営推進産業医会について

代表理事 鈴木健太医師代表理事 鈴木健太医師


(一社)健康経営推進産業医会は、産業医活動を普及し、アカデミックとビジネス双⽅の観点から⽇本中の企業の健康経営をサポートする団体です。

新型コロナウイルス抗体検査の研究データを集め、企業のリモート鬱対策、休職・復職のサポート方法などについて専門医師がアドバイスを行います。

【健康経営推進産業医会ホームページ】
https://sangyoui-hpm.or.jp/

■予防医療研究協会について

 

代表理事 苅部淳医師代表理事 苅部淳医師


(一社)予防医療研究協会は、医療と健康に携わる専門家たちによる団体です。予防医療の研究内容を伝え広めることで、今後の社会に役立ち、人類の明るい未来を創る一助となることを目的としています。

美容系サロンや治療院を対象にした「医師が教えるコロナ対策講座」の開講や「腸管免疫外来」の普及活動など、様々な取り組みを行っています。

【予防医療研究協会ホームページ】
https://yobouiryou.or.jp/

【お申し込み・お問い合わせ先】
一般社団法人予防医療研究協会「STOP 医療崩壊」事務局
TEL:080-4929-4040
Email:info@yobouiryou.or.jp
URL:https://yobouiryou.or.jp/stop/ 
  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人予防医療研究協会 >
  3. 【企業・団体向け】「新型コロナウイルス抗体検査」1名 3,000 円のリーズナブルな価格で提供開始