「Fintech Japan2021」スタートアップバトル優勝は、アフリカの信用スコアリング活用型中古車マイクロファイナンスHAKKI AFRICA

新興国特化の独自の信用スコアリングを元に中古車ファイナンス事業をアフリカで展開するHAKKI AFRICAが、12月3日(金)に開催されたFintech Japan2021のスタートアップ・ピッチバトルで決勝全6社の中から第1位を獲得しました。
2021年12月3日(金)に開催された、一般社団法人Fintech協会が主催する日本最大級のフィンテックカンファレンスです。牧島かれんデジタル大臣も特別メッセージを当イベントに向け下さりました。

スタートアップ・ピッチバトルでは多くの応募から最終審査に残った6社の5分間のピッチ。
今回のイベントではオンライン・オフラインを交えたハイブリッドイベントとなりました。
豪華審査員の鋭い質問を乗り越え、HAKKI AFRICAが優勝を手にしました。
 



HAKKI AFRICAは2019年に創業し、電子マネーの過去の利用明細を解析した独自の信用スコアリングを利用し、銀行が今まで与信基準としてこなかったタクシー事業を始めるとする事業者の過去の売り上げデータを与信に活用。リスクを抑えて自社でファイナンスを可能にしました。
事業開始からたったの10ヶ月でローン申請総額は5.9億円分を突破。
既に営業黒字化も達成し、複数のノンバンクから6.5億円分の融資枠も獲得済みです。


<一般社団法人Fintech協会について>
一般社団法人Fintech協会は、日本を起点として、人々のあまねく生活、事業活動の向上に貢献するべく、ユーザーに寄り添った新たな金融サービスを社会に実装することをミッションとしています。
このために、スタートアップが中心となり、マルチステークホルダーとのオープンイノベーションや法制度も含めた金融取引環境の整備を通じ、国内外の金融業界の持続的かつ健全な発展を推進します。
 



<Fintech Japan2021について>
ゴールドスポンサー:
株式会社セブン銀行・日本マイクロソフト株式会社

シルバースポンサー:
GMOあおぞらネット銀行株式会社・大日本印刷株式会社・株式会社ブロックチェーンハブ

会場スポンサー:
平和不動産株式会社

後援:
大阪府・大阪市・株式会社FINOLAB

<HAKKI AFRICA(ハッキアフリカ)とは>
新興国特化の独自の信用スコアリングをもとにタクシードライバー向けに中古車マイクロファイナンス事業をアフリカで展開。事業開始から10ヶ月でローンの申請総額は5.9億円を突破。返済率は95%を誇り、営業黒字化も達成し、ノンバンク系から6.5億円分の融資枠を獲得に成功しています。
http://hakki-africa.com/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社HAKKI AFRICA >
  3. 「Fintech Japan2021」スタートアップバトル優勝は、アフリカの信用スコアリング活用型中古車マイクロファイナンスHAKKI AFRICA