【中高生9作品の受賞が決定!】中高生が主役のアワード、STEAM JAPAN AWARD 2020のオンライン表彰式を実施!

自分たちの未来は自分でつくる!〜コロナ禍でも負けない中高生の活動~

STEAM JAPAN AWARD 2020実行委員会 (事務局:株式会社 Barbara Pool )は、
中高生のSTEAM人材を表彰する日本初の取り組み、STEAM JAPAN AWARD 2020 では、オンライン表彰式を実施。
受賞者発表の他、アーティストのスプツニ子!氏をはじめとする審査員メンバーで未来の教育を考えるトークも行いました。
(配信URL:https://www.youtube.com/watch?v=4rlHhy_zYy8)


日本初の取り組みとなる、中高生の社会課題解決を表彰する、STEAM JAPAN AWARD。
株式会社Barbara Pool が運営するメディア、STEAM JAPAN では、STEAM教育の情報発信を行って参りましたが、STEAMを実践している人にこそスポットライトを当てたい、と本アワードを企画。

▶︎STEAM JAPAN AWARD 実施に至るまでの経緯はコチラ
「【特別企画】実践こそがSTEAMの真髄。「STEAM JAPAN AWARD」を企画したワケ」
https://steam-japan.com/report/4689/
https://steam-japan.com/report/4698/

STEAM JAPAN AWARD 2020 オンライン表彰式では、
ゴールド/シルバー/ブロンズ賞・企業賞を合わせて、9作品の受賞者が発表。
原子力・貧困・環境等の社会問題を受けての作品や、身近な生活の中から課題を抽出する等、
様々な作品がありました。

▶︎受賞作品の詳細内容はコチラ
https://steam-japan.com/award/#award_q1
▶︎オンライン表彰式 アーカイブ配信はコチラ
https://www.youtube.com/watch?v=4rlHhy_zYy8
 

また、受賞者発表の後は、審査員長のスプツニ子!氏をはじめとする審査員メンバーで、
本AWARDのキャッチコピーでもある、
「自分たちの未来は自分でつくる! 自分で未来を切り拓くためのこれからの教育とは?」
をテーマにトークを行いました。
STEAM/SDGs教育必要性・学びのSTEAM化・はみだす力(個性)を伸ばしていくためには?等々、
審査員それぞれの視点からのコメントをもらいました。

STEAM JAPAN AWARD 2020 では、
コロナ禍の中でも、課題解決に向けてポジティブ且つクリエイティブに活動している姿を受け、
審査員・実行委員会一同、非常に大きなパワーをもらいました。
ご応募いただいた中高生の皆さん、ありがとうございました。

また、STEAM JAPAN AWARD は来年度も実施を予定しております。
ご興味のある企業様からのご連絡もお待ちしております。


【STEAM JAPAN AWARDとは?】
時代の変化について、ずっと叫ばれてきていましたが、
まさに2020年は、我々みんなが全てのアップデートを求められるタイミングとなりました。
コロナウイルス後の、日本全体とそして未来を生きる若者に求められる力は、
「変化を受け入れて、前に進みぬく力/新しいものを生み出す力」。

一定のレールに乗れば安心・安全、その時代は終わり、
次の時代へと我々は移行していきます。
日本にも、今、すでに、
変化を受け入れ「自ら課題を設定」「自分のスキル」でそれを解決する、
そんな次世代が台頭してきています。
是非、そうした人々にスポットを当てていきたい。
そうした思いで「自ら課題を設定し、アイデアをカタチにして解決していく」
中高生を表彰する取り組みをスタートします。

ひとりひとりが、未来の当事者。
STEAM JAPAN AWARD 2020.

【STEAMとは?】
STEAMとは、
科学・技術・工学・芸術・数学の5つの英単語の頭文字を組み合わせた造語。
科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)。アート(Arts)、数学(Mathematics)の5つの領域を対象とした理数教育に創造性教育を加えた教育理念。 知る(探究)とつくる
(創造)のサイクルを生み出す、分野横断的な学びです。

体験の中でさまざまな課題を見つけ、クリエイティブな発想で問題解決を創造、
実現していくための手段を身につけます。

社会とテクノロジーの関係がますます密接になっていくこれからのAI時代、この5つの領域の理解と学びを具体化する能力がますます必要となってきます。

我々は、このアワードでは、
「自ら課題を設定し、新たな変化を生み出す人材=STEAM人材」として、
表彰を致します。

【主催】
STEAM JAPAN AWARD 2020実行委員会 (https://steam-japan.com/award)
(事務局:株式会社Barbara Pool内)

【協賛】
シスコシステムズ合同会社、グーグル合同会社、パナソニック株式会社

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Barbara Pool >
  3. 【中高生9作品の受賞が決定!】中高生が主役のアワード、STEAM JAPAN AWARD 2020のオンライン表彰式を実施!