スタートアップLiNKX、みんなの銀行およびゼロバンク・デザインファクトリーと共同で、BaaSプラットフォームを開発

〜非金融事業者向け金融機能API〜

リンクス株式会社(本社:東京都港区 / 代表取締役社長:オサムニア モハメッド、以下「LiNKX」)は、株式会社みんなの銀行(本社:福岡県福岡市 / 取締役頭取:永吉 健一、以下「みんなの銀行」)および、ゼロバンク・デザインファクトリー株式会社(取締役社長:永吉 健一、以下「ZDF」)と共に、みんなの銀行が提供するBaaSプラットフォーム(非金融事業者向けに金融機能を提供することができるサービス)を開発しました。
これによって非金融事業者は、自社サービスのなかで金融取引や取引参照を行うサービスを新たな付加価値として顧客に提供できるようになります。また、今回開発されたBaaSプラットフォームは、より高いセキュリティを求められる金融系サービスにおいて、日本で初めて世界最高レベルのセキュリティを実現するFAPIコンプライアンス対応となっております。

 


◆ 参照系APIの連携イメージ

 

◆ 背景

近年、欧米諸国では金融機関ではない非金融事業者が、自社のサービスのなかに金融機能を組み込んでサービスを提供する流れが一般的となっております。これらのサービスは、ライセンスホルダーである金融機関が自社の金融機能をデジタル化し、BaaS(Banking as a Service)プラットフォームとして非金融事業者へ金融機能を提供することでこれまで発展してきました。

日本国内においてもこの数年、非金融事業者で、顧客向けサービス内に金融機能を組み込むことでユーザー体験をシームレスで価値の高いものにすると同時に、新たなビジネス機会を創出できると考える企業さまが増えてきております。

みんなの銀行のBaaSプラットフォームは、国内の銀行としては初となるFAPIコンプライアンスに対応し、世界ででもトップレベルのセキュリティを実現したプラットフォームとして開発されており、非金融事業者が安全にBaaSを活用し、自社サービスに金融機能を直接取り込むことで、これまでにないシームレスで付加価値の高いユーザー体験を提供することができるようになります。

◆「BaaS」とは
BaaS (Baking as a Service) は、非金融事業者が金融事業を提供可能にする、金融機関が提供するAPIソリューションです。このサービスを活用することにより、非金融事業者が金融プロセスを含む業務を自社のサービスに取り込むことが可能となり、顧客に向けたより利便性が高いサービスの提供に繋がります。

【参考資料 BaaS全体像】


◆「FAPIコンプライアンス」とは
FAPI (Financial-grade API) コンプライアンスは、OpenID Foundation の Financial-grade API ワーキンググループが策定した技術仕様です。OAuth 2.0 と OpenID Connectを基盤として、金融業界をはじめとしたより高いセキュリティを必要とする業界への要求に対応するための技術要件を定義しています。この仕様を満たすことでより安全なAPI統合が実現可能になります。

◆ 今後について
LiNKX は、みんなの銀行、ZDF とのパートナーシップの下、日本市場における最先端のBaaSインテグレーターとして、BaaS機能の実装のみでなく、非金融事業者とともに、その機能をフルに活用したソリューションの企画や、BaaSを利用した外国企業の日本参入などの支援を進めてまいります。

◆ リンクス 会社概要
会社名:リンクス株式会社
代表取締役社長 :オサムニア モハメッド
所在地:東京都港区虎ノ門4-1-40 江戸見坂森ビル8F
URL:https://www.linkx.dev/

◆ みんなの銀行 会社概要
会社名:株式会社みんなの銀行
取締役頭取:永吉 健一
所在地:福岡市中央区西中洲6番27号
URL:https://www.minna-no-ginko.com/

◆ ゼロバンク・デザインファクトリー 会社概要
会社名:ゼロバンク・デザインファクトリー株式会社
取締役社長:永吉 健一
所在地:福岡市中央区西中洲6番27号
URL:https://www.zdf.jp/

◆ お問合せ先
窓口: 井手 隆之介(contact@linkx.dev)
URL:https://www.linkx.dev/contact/
  1. プレスリリース >
  2. LiNKX >
  3. スタートアップLiNKX、みんなの銀行およびゼロバンク・デザインファクトリーと共同で、BaaSプラットフォームを開発