『COSOJI(こそーじ)』が上天草市および古民家再生協会と空き家の課題解決へ向けた協定を締結

COSOJIを提供するRsmile、熊本県上天草市、古⺠家再生協会熊本が、「空き家課題」による雇用創出と地域活性化を目指した協定を締結

この度、Rsmile株式会社(拠点:東京都中央区、代表取締役:富治林 希宇)は、上天草市(市長:堀江隆臣)一般社団法人古⺠家再生協会熊本(拠点:熊本県、代表理事:村田 智仁)と空き家等の適正な管理、発生抑制、利活用等を通じ、地域の生活環境の保全や雇用創出と地域活性化に寄与することを目的に、相互に連携・協力することに合意し、3社間で協定を締結しました。
 

 
  •  今回の取組について
■協定の目的
上天草市、一般社団法人古民家再生協会熊本、およびRsmile株式会社が、空き家等の適正な管理、発生抑制、利活用及び地域の雇用創出等を通じ、地域の生活環境の保全や地域活性化に寄与することを目的に相互に連携・協力する協定を締結しました。
 


■上天草市の課題
上天草市は、熊本県の中西部、有明海と八代海に面する天草地域の玄関口に位置し、大小約68の島々で構成されている自治体です。市の人口は、昭和35年国勢調査の51,349人をピークに年々減少の一途をたどり、平成27年国勢調査では27,006人となっています。平成30年度の住宅土地統計調査によると、市の空き家は2,920戸、空き家率は23.3%であり、人口減少に伴い空き家が増加しています。
  H20年 H25年 H30年
総住宅数(戸) 13,230 12,970 12,510
空き家数(戸) 2,370 2,390 2,920
空き家率(%) 17.9 18.4 23.3
(出所:住宅土地統計調査)

このような状況を受け、上天草市では平成28年度より、空き家の利活用の推進、移住定住の促進を目的に空き家バンク制度を運用しています。その実績として、平成28年度から令和元年度までの4年間で物件登録29件、成約10件でしたが、全国的な空き家問題への関心や、新型コロナウイルス感染症の影響による地方移住の機運の高まりを受けて、令和2年度は1年間で物件登録25件、成約22件となっており、市の空き家対策並びに移住者の増加に大きく寄与しています。
  H28 H29 H30 R1 R2
移住世帯数(世帯)※ 25 29 27 45 39
移住者数(人)※ 52 45 50 79 72
空き家バンク登録物件数 0 6 12 11 25
空き家バンク成約件数 0 0 5 5 22
※移住者数は市の移住施策により移住した者の数。

このように、空き家バンクの運用により空き家対策並びに移住者の増加が進む一方で、
(1)移住者に紹介可能な物件が不足していること
(2)登録された物件の中でも成約しやすい物件としにくい物件があり格差が生じていること 等
に課題があります。このような課題において、今回の連携協定により解決を目指すものとなります。

熊本県上天草市 空き家バンク:https://kamiamakusa-life.jp/akiya/


■連携・サポート内容
Rsmile株式会社および一般社団法人古⺠家再生協会熊本は、上天草市の空き家課題の解決において、経営資源、情報、ノウハウを活用し『COSOJI』の更なる推進及び、共同推進可能な事業の企画・推進を行います。本協定に基づき以下を推進し地域活性化に寄与します。
① 空き家等の発生抑制や保全・再生
② 空家の保全を地域住民の方々で行うことによる雇用創出
③ 空家の保全促進のための空き家バンクへの登録数増加

本協定に伴い、上天草市の空き家事業の推進のため古⺠家再生協会熊本及びRsmileが持つ空き家情報・地域住⺠の情報・空き家の管理ノウハウをもとに、“空き家の保全”と“地域住⺠のライフスタイル”をつなぐワークシェアアプリ『COSOJI』を通じて、空き家の所有者が、空き家の点検や掃除を地域住⺠の方に依頼する仕組みを提供する予定です。
 
  •  COSOJIについて
■『COSOJI』とは?
COSOJIは“不動産業界の軽作業”と“地域住⺠のライフスタイル”を繋げるワークシェアリングサービスです。アパート、マンション、戶建などの所有者が不動産に関する軽作業(共用部清掃、目視点検、草むしりなど)を地域住⺠へスマホひとつで依頼することができます。
『COSOJI』は今年1月にリリースし、現在全国にサービスを拡大しています。

『COSOJI』にご興味をお持ちいただいた方は、以下の登録フォームにご登録頂くことでサービスをご案内させていただきます。
  1. お仕事依頼フォーム(依頼者向け):https://app.cosoji.jp/owner/
  2. お仕事応募フォーム(働き手向け):https://app.cosoji.jp/crew/


■非効率な”不動産業界の軽作業” と 潜在的なニーズのある”地域住⺠のライフスタイル”
不動産業界の軽作業において、共用部清掃や巡回など10分〜30分程度の短時間業務であっても現地に向かうための移動経費(電車代、ガゾリン代等)が発生しており、その結果、実務内容に対して高額な価格となっています。
この非効率な”不動産業界の軽作業”を解決するべくCOSOJIは”地域住⺠のライフスタイル”に着目しました。働き手には、ライフスタイルにあわせ近所で働きたいというニーズはあるものの、それらを提供する機会がないのが実情です。
 

■COSOJIの三つの特徴
【特徴1】地域の不動産業務があつまるプラットフォーム
不動産オーナーや管理会社などの依頼者は、不動産に関する軽作業を必要な作業量のみ地域住⺠へ発注できるため、移動コストの削減などにより従来と比較して価格を抑えることができます。
働き手は、ライフスタイルに合わせてスキマ時間に好きな時だけ働くことができるため、双方にメリットがあります。

【特徴2】スマホで全て完結
依頼者は、スマホから建物の情報を入力するだけでお仕事を依頼することができます。
働き手は、スマホの案内に従うだけでお仕事を完了させることができます。報告方法もお仕事の前後を撮影して写真報告するだけです。誰にも会わずにできるお仕事も多くあり、コロナ禍においても心配なく働けます。

【特徴3】不動産の「今」がわかる報告
依頼者には写真付き報告がリアルタイムで提供されます。写真報告がなく1ヶ月遅れの紙報告(または報告すらされない)が常識化している現状と比較して、高品質&タイムリーな報告により不動産の「今」を把握できます。また、データはクラウド上で管理されるため、いつでも確認することが可能です。


■『COSOJI』による 空き家の維持管理・目視点検サービス
自宅から離れた遠方に所有している建物の状態がわからない、問題点を知りたい、報告が遅い 等のユーザ皆さんからの声から、戸建て・アパート・マンション等のオーナーおよび管理会社向けへの『目視点検サービス』を提供しています。頻度も定期(毎週、月1回、3ヶ月1回など)・単発などご要望に合わせて柔軟に対応可能です。

【特徴】
1.リーズナブルな金額 (1500円/回~)
2.タイムリーな写真報告
3.物件の問題点・改善提案を受けられる


不動産のハード面の価値は、"現場の確認"がすべてといっても過言ではありません。
現場での問題点をトラブル発生前に管理会社やオーナーへ迅速に伝わり、事前予防や早期対策を打つことが非常に重要です。トラブルを事前に対応することで不動産の価値を最大化することが可能となります。COSOJIは仕事の地産地消を通じて1つ1つの不動産の価値を向上させ、まち全体の活性化に貢献します。
 
  • 関連情報
【Rsmile株式会社 会社概要】
会社名  Rsmile株式会社
代表者  富治林 希宇
設 立  2020年5月25日
所在地  東京都中央区日本橋中洲6-10
事業内容  不動産業界におけるワークシェアリングサービス『COSOJI』の開発・提供 および 地域創生事業
ホームページ  https://cosoji.jp/owner/company/

【採用に関するご案内】
当社では、一緒にCOSOJIをより良いサービスに成⻑させてくれるメンバーを募集しています。
募集職種:エンジニア職、並びに事業推進者
お問い合わせは info@cosoji.jp まで気軽にご連絡ください。

【熊本県上天草市 空き家バンク】
https://kamiamakusa-life.jp/akiya/

【一般社団法人全国古民家再生協会熊本第一支部】
https://www.kominka-kumamoto.org/

【本プレスリリースに関する問合せ】
■お問合せ先
info@cosoji.jp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Rsmile株式会社 >
  3. 『COSOJI(こそーじ)』が上天草市および古民家再生協会と空き家の課題解決へ向けた協定を締結