Central Link株式会社 x SDGs より良い環境を作るための商品を紹介 

SDGsに貢献可能な商品のご紹介

Central Link株式会社(本社:東京都八王子市)はバイオ原料の専門商社です。
国内でバイオ原料の販売促進をするだけでなく、この先の未来にも同じスペックの商品を継続して届けられるように、
2021年11月1日より、当社ではSDGsを意識した商品を複数取り扱っております。
パンデミックやアニマルウェルフェア観点でのヒト・動物原料の供給難は今後バイオ原料が直面する問題であります。
当社はこれまでと違った角度で継続して安定供給可能な製品をお届けいたします。
 

SDGsには17の目標がありますが、当社として取り組んで幾項目は「つくる責任 つかう責任」です。これまでの製造方法をかえることで、持続可能な供給を実現する商品を当社は提案したいと思います。
動物血清の生産では、屠殺を行わない原料の採取を目標としているサプライヤーも多く、
SDGsには含まれていない動物福祉も意識した商品となっております。
FBSは細胞培養・初期研究などに多岐にわたり使用されておりますが、動物福祉の観点からも
FBSの代替品も多く生産されている傾向にあります。

 
  • FBS Analog (ウシ胎児血清代替品) - Biophyll社
  • Neo Natal NBCS - Serana Europe社 


・ウシ胎児血清の代替品として使用可能
・ロットサイズ 2,000 L


特徴
仔牛から血清採取時に屠殺することがなく、高い動物福祉基準の元で飼育された生後1-4か月の仔牛から血清を採取した商品。血清から製造まで処理を行うことで、FBSと同等の製品となっている。





リコンビナントヒト血清アルブミン・合成培地のご紹介です。


Invitria社は無血清培地に使用可能なリコンビナントサプリメント類の大量生産を始めたパイオニアです。
パンデミック・社会的影響でヒト血清・動物血清の入手が困難でも、安定供給可能なリコンビナント製品を取り扱っております。
  • Cellastim S (リコンビナントヒト血清アルブミン)
  • Optibumin (液状ヒト血清アルブミン)
  • OptiPEAKシリーズ (HEK293, T細胞, VEROS細胞培養用完全合成培地)
                 

  ■Cellastim S
  
Cellastim Sはリコンビナントヒト血清アルブミンです。
  ヒト血清原料が必要でない、リコンビナント商品です。
  パンデミック・社会的な影響により、血清の入手が難しい場合でも、
  安定供給可能な商品となっております。


          


 ■Optibumin
 Optibuminはリコンビナントヒト血清アルブミン
 医療機器への利用や、体外受精および臍帯血凍結保存を助けることが可
 能です。ヒトIPS細胞およびES細胞にも有効で、より安全性と品質を重視
 する過程に、最適な製品です

 

                

  ■optiシリーズ
  
Optiシリーズはヒト T リンパ球・VERO細胞・HEK293細胞の増殖に
  最適化された血液由来成分不含の培地キットです。
  本キットは、基礎培地、培地サプリメント、タンパク質サプリメントが  
  含まれています。
  動物細胞および動物由来成分を使用せずに製造し、動物由来成分を含まない
  設備を用いて処理しております。



      
    ■商品グレード

  • お問い合わせ先

Central Link株式会社
電話番号:042‐699‐1331
FAX番号:050‐3457‐9743
問い合わフォーム:https://centrallink.jp/contact/
代表:側原正太(がわはら しょうた)


      

 

 

 

  1. プレスリリース >
  2. Central Link 株式会社 >
  3. Central Link株式会社 x SDGs より良い環境を作るための商品を紹介