〜3Dモデリング(日本)×デジタル・マテリアル・ライブラリ(アメリカ)〜国境を越えたファッションテック連携が実現!

3D Modeling(JAPAN) × Digital Material Library(USA)

株式会社FMB(代表取締役:市川雄司、本社:東京都渋谷区神宮前、以下「FMB」)は、2022年9月5日、世界最大級の3Dデザイン、デジタル マテリアルライブラリーを運営する米国のswatchbook Inc.(代表者:Yazan Malkosh(ヤザン・マルコシュ)、本社:アメリカ カリフォルニア州アーバイン、以下「swatchbook」)と業務契約締結に向けた連携を開始しました。


「FMB」は3DCGを中心にしたサプライチェーンの情報統合生産への変革である「ファッション革命」を日本国内で推進してきました。この契約締結で、グローバルで「ファッション革命」を押し進めることが可能になり、環境負荷の大きなファッション産業の変革を地球規模で推進することが可能になります。

■業務連携メリット
「swatchbook」は2017年にカリフォルニア州で創業された世界最大級の3Dデザイン、デジタル マテリアルライブラリーを運営するプラットフォーマーです。特に、衣服用生地のデジタル・データの量、品質に強みがあり、すでにグローバルブランドとの取り組みの実績があります。
片や、「FMB」は、ファッション3Dモデリストを育成するファッションテック専門スクール「東京ファッションテクノロジーラボ」(運営会社:株式会社TFL、以下「TFL」)の関連会社で、世界最大級のファッション3Dモデリストを抱える製作ラインを持っています。
「FMB」の製作する3Dモデル(衣服・ファッショングッズ・アバターなど)と「swatchbook」の持つマテリアルデータをプラットフォーム上で連携させ、ファッション関連企業だけでなく、メタバースなどで衣服を活用するIT・ゲーム・映像関連企業の衣服デザインを簡単にできることになり、将来的にはコンシューマーを含めた全ての人がファッションデザインを楽しむことができる未来を創造します。
 


■共創で描く未来
「FMB」が開発するファッション3DCGを活用するプラットフォーム「Fashion Meta-data Bank(ファッションメタデータバンク)」では、3DCGを活用したバーチャル試着機能やサイズ確認機能、先行受注機能を展開します。これにより、見込み生産による余剰在庫の削減、低い製造原価率追求による労働問題の解決、高利益率の産業構造に寄与し、持続可能な産業への変革を実現します。 

■「swatchbook」について
企業名 : swatchbook Inc.
代表者 : Yazan Malkosh (ヤザン・マルコシュ)
所在地 : 100 Spectrum Center Drive, Suite 900,Irvine, CA, 92618,USA
事業内容: swatchbook プラットフォームの設計、開発、運営
URL:https://www.swatchbook.us/

■「FMB」会社概要
会社名:株式会社FMB
代表者:代表取締役 市川雄司
所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-27-22-203
TEL:03-6721-0389
URL: https://fmb.tokyo
instagram: https://www.instagram.com/fmb_inc/
事業内容:ファッション3DCG製作請負 / ファッションDXサービスツール開発

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社FMB >
  3. 〜3Dモデリング(日本)×デジタル・マテリアル・ライブラリ(アメリカ)〜国境を越えたファッションテック連携が実現!