社会貢献型位置情報ゲーム「鉄とコンクリートの守り人」iOSアプリ版の提供を3月31日より開始 ~インフラ老朽化という社会課題に、ゲーム要素を取り入れ市民参加型での解決を目指す~

今回より追加されたBGMの制作は作曲家・甲田雅人氏、キャラクターデザインをNFTアーティスト浅田真理氏が担当、さらにイベント「マンホール聖戦」のアドバイザーに、ゲームプロデューサー小嶋慎太郎氏が就任

WEF
 市民参画型インフラ情報プラットフォームの構築・提供・運営を行うNPO 法人Whole Earth Foundation (以下、WEF)は、この度、社会貢献型位置情報ゲーム「鉄とコンクリートの守り人」のiOSアプリ版の提供を2022年3月31日(木)より開始します。

 

 iOSアプリ版は、ブラウザ版よりさまざまな点でより遊びやすく改良されております。一緒にマンホール探しをするイヌのキャラクターのデザインをNFTアーティストの浅田真理氏が担当するほか、今回より追加されたBGMの制作は数々のTVゲームやアニメ、映画の作曲家・甲田雅人氏が担当。さらに同ゲームの市民参加型イベント「マンホール聖戦」のアドバイザーには「モンスターハンター」シリーズの制作に携わっていたゲームプロデューサー小嶋慎太郎氏が就任します。


位置ゲーム×社会貢献:「鉄とコンクリートの守り人」について
 「鉄とコンクリートの守り人」は、国内のインフラ老朽化の課題に対し、日本にあるすべてのマンホール蓋を守り人(プレイヤー)が力を合わせて撮影しダメージ状態を投稿することで、ポイントや特典を得ながら、インフラの安全を確保することを目的とした「社会貢献型位置情報ゲーム」です。位置情報を活用したマンホールコンプリートというゲーム性を採用し、写真の投稿やレビューによって日本全国のマンホール地図の完成を目指します。
 投稿された情報は自治体へフィードバックされ、傷んだ蓋の交換につなげるなど、ゲーミフィケーションとデータサイエンス技術を活用し、インフラを利用する市民一人ひとりが主体的に参画する形でインフラ産業の革新を進めることに挑戦しています。
 また、アプリ版では、さらに位置情報ゲーム要素を強化し、マンホールを探すのとあわせレーダーで周囲を探り、相棒のイヌとともに街中の至る所に埋まっている「砂金」を掘り出してTUB(つぶ)と呼ばれるポイントを獲得していくこともできます。

 「鉄とコンクリートの守り人」は、2022年3月末時点で3万人が遊んでいるゲームとなり、同アプリを活用して行われる「マンホール聖戦」(※)と題したイベントは、2021年8月に渋谷区で行われた際には3日足らずで約1万基のマンホール蓋画像をコンプリート、地方都市で初開催となった「マンホール聖戦 in 加賀市」(石川県加賀市)では、1日半で約8000基、2022年3月に開催した「マンホール聖戦 in 三島市」(静岡県三島市)でも2日で約10000基のマンホール蓋の画像収集が完了するなど、多くの市民が参加する話題のイベントとなっています。
※イベント「マンホール聖戦」はWEFと日本鋳鉄管株式会社が共同で運営しております。

■甲田 雅人氏からのコメント

「鉄とコンクリートの守り人」の音楽を担当いたしました。「一人ひとりがインフラを守る英雄だ!」という思いを込めて作曲しました。BGMに乗って、ずんずんと気持ちよく歩いていただけると嬉しいです!

◆甲田 雅人(こうだ まさと)プロフィール

作編曲家。国立音楽大学を卒業後、株式会社カプコンに入社。同社を2003年に退社後、フリーランスを経て現在

デザインウェーブ株式会社に所属している。数々のTVゲームの音楽を担当し、なかでも「モンスターハンター」のテーマ曲として作曲した「英雄の証」は代表的な楽曲として知られている。近年はテレビアニメや映画のほか、NHKスペシャル「ジオ・ジャパン」の音楽を担当するなど、活動の幅を広げている。

■小嶋慎太郎氏からのコメント

普段生活をしている時にインフラやマンホールを全く気にして生きてなかったんですよね。このプロジェクトの事を知り、マンホールの写真を撮って報告するツール的なゲームって興味深い!って思いました。取り組みが面白いですし可能性がいろいろありますよね。


◆小嶋慎太郎 (こじま しんたろう)プロフィール
ゲームプロデューサー。1998-2019年までカプコンでゲーム制作。企画として格闘ゲーム等やモンスターハンター初代からMHP2ndGまでモンスターを製作。それ以降はアシスタントプロデューサーを経てプロデューサーへ。「モンスターハンターダブルクロス」等担当。現在はフリーでプロジェクトに参加。

■浅田真理氏からのコメント

マンホールの老朽化という課題を位置情報ゲームという手法でユーザーから情報を得て課題解決につなげていくというコンセプトに大変期待しています。


◆浅田真理 (あさだ まり)プロフィール
クリプトアーティスト。NFTコミュニティ”NFT & CRYPTO ART JAPAN"主宰。
日本初NFT展示2021/6月開催、NFTの祭典CAWA in Tokyo主催。アーティスト支援プラットフォーム"ArtiStake"を運営。J-WAVEイノフェス、FUJIROCK、MUTEK.JP×文化庁メディア芸術祭、DOMMUNE、ポルトガルBOOM FESTIVAL、ドイツFulldome Festivalなど国内外のフェスやイベントにVJ出演多数。

■「鉄とコンクリートの守り人」遊び方
①マンホールを撮影・投稿しよう!

街中に点在するマンホールを写真撮影して、投稿!
みんなで力を合わせて情報を集め、
全国各地のマンホール情報を集めよう!








②みんなで協力して写真をレビューしよう!

投稿されたマンホール写真は正確性がすべてのカギ。
プレイヤー同士でレビューし合い、正しいデータを集めましょう!
みんなの協力が、インフラ・クライシスを食い止めるチカラに!







③鉱脈からとれるTUBを集めよう!

街中を探索する際のお供に砂金探しはいかが?
発見した鉱脈を掘ることでTUBをゲットできるぞ!
街中で見つかる「砂金」には、金、銀、銅の3種類があり、掘り出せるTUBの量も様々。
相棒と一緒にTUBをたくさんGETしよう!






■本サービスの概要
アプリ名:「鉄とコンクリートの守り人」
リリース日:2022年3月31日(木)
利用料金:無料
ダウンロード方法:App Store(iPhone)配信 ※Android版も順次配信予定
対象機種:iPhone(iPhone6s 以降 OS ver.15)
公式サイト:https://game.guardians.city/
公式ツイッター:@Guardians__City
インスタグラム:guardians__city

***
「鉄とコンクリートの守り人」iOSアプリ版 ローンチ記念ファンミーティング開催のお知らせ
日時:2022年4月9日(土)13:00〜17:00(終了予定)
会場:東京・渋谷
iOS版アプリのリリースを記念し、今まで鉄コンを支えてくれている鉄コンファンの皆様と実際に交流するファンミーティングを開催します。イベント参加者には、記念品として限定グッズをプレゼントします。イベント詳細については後日、Twitterやメルマガでご案内します。
***

■Whole Earth Foundation(ホール・アース・ファウンデーション)について
所在地
本社:シンガポール
日本事務所:東京都渋谷区渋谷1丁目3-9 渋谷1丁目ビル7F
設立:2020年12月
URL:https://ja.wholeearthfoundation.org/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. WEF >
  3. 社会貢献型位置情報ゲーム「鉄とコンクリートの守り人」iOSアプリ版の提供を3月31日より開始 ~インフラ老朽化という社会課題に、ゲーム要素を取り入れ市民参加型での解決を目指す~