京都ノートルダム女子大学と福井県が就職支援協定を締結

在学生の福井県へのUIターン就職を促進

京都ノートルダム女子大学(学長:中村久美、所在地:京都市左京区)と福井県は、本学学生の福井県へのUIターン就職の推進を図り、お互いが連携・協力して学生の就職活動支援に取り組むため、令和4年(2022年)2月1日(火)に就職支援協定を締結します。
【本件の概要】 
本協定では、京都ノートルダム女子大学と福井県が連携し、本学学生に対する福井県内の企業情報、各種イベント案内等の情報提供を行い福井県へのUIターン就職促進に取り組みます。 
京都ノートルダム女子大学には、福井県出身の在学生が13名(2021年5月時点)いますが、福井県と就職支援に関する協定を締結することで、これまで以上に本学に在籍する全学生・保護者に福井県内企業や教職・公務員等に関する情報を提供することが可能になります。
令和4年4月には、福井県企業のインターンシップ説明会やUIターン就職に関する個別相談会の学内実施が検討されており、本学学生のUIターン就職の支援につながると共に、福井県の地域活性化にも貢献できるものと期待しています。 

 【協定締結式】
日時:令和4年2月1日(火)15:00
場所:京都ノートルダム女子大学 学長室
〒606-0847 京都市左京区下鴨南野々神町1番地  ※京都市営地下鉄「北山」駅から徒歩7分

【協定内容】 
・学生に対する県内の企業情報、各種イベント等の周知に関すること。
・学内で行うイベントの開催に関すること。
・保護者向けの就職セミナーの開催に関すること。
・県内企業における学生のインターンシップ受入の支援に関すること。
・その他、学生のUIターン就職促進に関すること。

【本学の都道府県との就職支援に関する協定締結実績】 
2018年 京都府 
2022年 福井県 

【京都ノートルダム女子大学について】
京都ノートルダム女子大学は、キリスト教カトリック精神による女性教育と「徳と知(Virtus et Scientia)」を兼ね備えた女性を育成することを建学の精神とし、1961年に創立されました。
「徳」とは、倫理観を基本に人々のために十分行き届いた行動をすること、つまり善の行為ができる人に備わるものです。また「知」とは、社会のリーダーシップをとるに必要な高度な知識を指します。
本学はこれをモットーとして、具体的な行動指針としてあらわしたミッションコミットメント「尊ぶ 対話する 共感する 行動する」を兼ね備えた人間形成を目指す教育を行っています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 京都ノートルダム女子大学 >
  3. 京都ノートルダム女子大学と福井県が就職支援協定を締結