約2年半ぶりに大阪(関西)-ソウル(仁川)線の運航を再開!

~「アジアのかけ橋」として 国際線運航を順次再開、まずは韓国へ~

· 8月28日より、大阪(関西)-ソウル(仁川)線の運航を週6往復で再開
· 国際線の運航再開は、約1年4ヶ月ぶり(大阪-ソウル線は約2年半ぶり)
· 航空券の発売は、6月28日13:00より
Peach Aviation株式会社(以下: Peach、代表取締役CEO: 森 健明)は、8月28日から大阪(関西)-ソウル(仁川)線の運航を再開します。航空券は、本日13:00に発売いたします。

大阪-ソウル線は、2020年3月9日に運休してからおよそ2年半ぶりの運航再開となり、当面の間は、週6往復で運航します。

気軽な空の旅の実現を目指すPeachは、海外日帰り旅を提案するなどし、海外旅行の概念を大きく変えることで、これまで約1,300万人のお客様にPeachの国際線をご利用いただき、このうち日本と韓国を結ぶ路線では、約500万人ものお客様にご利用いただきました。

国際線の運航再開について代表取締役CEOの森は「お待たせしました。Peachの国際線が戻ってきました!大阪-ソウル線は日本のLCCとしてPeachが初めて就航した国際線です。Peachの国際線はコロナの影響で長期間運休していましたが、Peach最初の国際線であったこの路線から順次再開します。Peachは、日本と韓国の往来を支えるアジアのかけ橋として、低運賃による気軽な空の旅を提供してまいります。また、コロナ禍において充実させた国内線のネットワークを活用し、関西空港経由で日本各地から韓国に、そして韓国から日本各地へ足を運んでいただきたいと思っています。Peachはこれから国際線の運航再開を進め、2025年の大阪万博には海外から多くの方にお越しいただけるよう、国際線のネットワークを拡大して参ります。そして人々の交流がさらに活発になる事を期待しています」とコメントしています。

このたびの国際線の運航再開により、Peachは再び「アジアのかけ橋」として、安全運航を最優先に感染対策を徹底し、気軽な空の旅を提供し、日本とアジアの人口交流の再活性化に貢献してまいります。

なお、Peachは2021年4月8日から全ての国際線を運休しており、国際線としては、およそ1年4ヶ月ぶりの運航再開となります。
 

 



<運航スケジュール>
期間:2022年8月28日~2022年10月29日

 

<発売日時>
6月28日(火)13:00~

<運賃>
5,280円~26,980円(「シンプルピーチ」片道運賃)

Peachでは、燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)はかかりません。
運賃の他に諸税・手数料がかかります。
 

<特記事項>
・支払手数料、空港使用料等が別途必要となります。
・手荷物のお預け、座席指定は別途料金がかかります。
・コンタクトセンター、空港カウンターにてご購入の場合、別途予約手数料がかかります。
・運賃額・ご利用条件は予告無く変更および追加設定する場合がございます。
・関係当局の認可を前提としています。
 

韓国への渡航/韓国からの渡航に関する注意点:
https://www.flypeach.com/mp/others/information_crossborder
感染対策に関する特設ページ:https://www.flypeach.com/information/jp/infection_control/

 

 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Peach Aviation株式会社 >
  3. 約2年半ぶりに大阪(関西)-ソウル(仁川)線の運航を再開!