中国駐東京観光代表処、ペット総合アプリ『Pet』で公式アカウントを開設

日中国交正常化50周年を機に、パンダの魅力発信による両国の文化と観光の交流を図る

中国駐東京観光代表処(事務所:東京都港区、首席代表:欧陽安)は、このたび、株式会社NGA(本社 : 東京都港区、CEO : 王沁、以下「NGA」)が開発・運営するペット総合アプリ『Pet』(以下『Pet』)にて、公式アカウントを開設しました。日中国交正常化50周年という節目を迎えるなか、『Pet』におけるパンダの魅力を発信し、日中両国の文化と観光の交流を図ります。

中国駐東京観光代表処は、中華人民共和国文化と観光部(旧:中華人民共和国国家旅遊局)の駐東京代表処として1981年12月に創設された組織で、中国と日本における文化と観光交流協力事業を促進することを目的としています。パンダは、日中両国の国交回復となった50年前の1972年に、上野動物園で初めて一般公開されて以来、日本中でパンダフィーバーを起こしたほど人気を集め、日中の友好の印となっています。

コロナ禍で日中間の観光・文化交流が容易でない状況が続くなか、中国駐東京観光代表処は日中国交正常化50周年を記念して、パンダの魅力をアピールし、日本にいるパンダ好きな人々との交流を深めようとし、『Pet』での公式アカウントを開設しました。開設後数回のパンダの投稿は、すでに『Pet』のユーザーから熱い反響を受けています。

中国駐東京観光代表処の『Pet』公式アカウントはこちらです:https://pet.nga-x.com/users/1979147/8fb0d2

中国駐東京観光代表処の公式アカウント開設について、NGAのCEOの王沁は以下のように述べています。

「このような形で『Pet』をご活用いただきますことを大変嬉しく思っています。パンダの愛しい姿の投稿が、より多くの人々に癒しを与え、そして日中交流の促進につながり、さらに動物と人間社会の共生の実現に役立つよう、NGAは今後も全力で『Pet』の開発と運営を邁進していく所存です。」


ペット総合アプリ『Pet』について
ペット総合アプリ『Pet』は、飼い主によるペットの写真や動画の投稿、コメント投稿を通じた飼い主同士の交流だけでなく、ペットの育て方やおすすめの商品・サービスなどの情報も集まるSNSアプリです。『Pet』はペットサロンやペットホテル、動物病院、ペット可のレストランなどペット用施設やペット保険サービス、そして里親募集の情報を掲載しているほか、ペット用の商品を購入できる『Pet』モールも運営しており、ペット好きな人々にとって便利に、そして楽しく暮らせる情報をワンストップで入手できるプラットフォームを提供しています。
https://pet.nga-x.com/

株式会社NGAについて
NGAは、X-Techによるネットとリアルの融合、そしてアナログ産業におけるDXとイノベーションの創出を目指し、次世代アプリを開発・運営しています。「タイムマシン経営」を経営手法の核とし、モバイルインターネット事業が進んだ市場で成功したビジネスモデルを日本に導入し、また先進的な技術を実装することによって、人々の生活をより便利に、より豊かにするサービスを提供し、日本社会におけるリソースの非効率解消と社会課題の解決に取り組んでいます。

所在地:東京都港区虎ノ門 1-17-1 虎ノ門ヒルズビジネスタワー 15階 
CEO:王沁 | Alex Wang
設立:2021年5月25日 
URL:https://nga-x.com/

【お問合せ先】
株式会社NGA:hello@nga-x.com

【本リリースに関するお問合せ先】
株式会社NGA 広報担当:PR@nga-x.com
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社NGA >
  3. 中国駐東京観光代表処、ペット総合アプリ『Pet』で公式アカウントを開設