POS分析、購買者属性分析で広告効果を可視化。FamilyMartVision活用で期待できる4つの効果とは。

カテゴリーシェア5ポイント向上の事例も。

株式会社ゲート・ワン(住所:東京都港区、代表取締役CEO:藏田一郎 以下、ゲート・ワン)は、ゲート・ワンが運営するFamilyMartVisionのこれまでの活用事例をPOS、購買者属性の観点から分析した結果、FamilyMartVisionには以下4つの効果が期待できることが明らかになったことをお知らせいたします。
ゲート・ワンは、ゲート・ワンが運営するFamilyMartVisionのこれまでの活用事例をPOS、購買者属性の観点から分析、FamilyMartVisionには以下4つの効果が期待できることが明らかになったことをお知らせいたします。

1.プロモーション効果を高める効果
2.カテゴリーシェアを高める効果
3.ターゲット客層の購入を促す効果
4.広告の残存効果

◆店舗属性を加味した検証アプローチでより精緻な広告効果分析が可能に
コンビニエンスストアはそれぞれの店舗によって性質が異なります。
例えば、地区によって品揃え、嗜好の違いが生まれ、立地によって店舗の使われ方、使う時間帯に違いが生まれます。
今回、FamilyMartVision設置店舗と未設置店舗の比較による広告効果を分析するにあたり、日商、立地、地区の3要素ができる限り同一となる設置店舗グループ、未設置店舗グループを設定し、検証を行いました。

 

 

◆効果①:プロモーション効果を高める効果
現在、最も多いのが販促プロモーションに合わせたFamilyMartVisionの活用です。

某飲料の複数の販促プロモーションについてPOSを分析した結果、キャンペーン期間中の設置店舗の売り上げは未設置店舗と比較すると、販促前差+8%と高い数字を出していることがわかりました。また、販促プロモーションが終わった後もその効果はさらに伸長していることがわかりました。

 

 

 

◆効果②:カテゴリーシェアを高める効果
新商品や期間限定商品の発売、販促プロモーションに併せて活用されることの多いFamilyMartVisionですが、定番商品への効果も検証を行いました。

複数の時間帯で3ヶ月以上継続的に広告掲載されている某飲料のカテゴリーシェアを分析したところ、掲載前と比較すると約6%の向上。設置店舗と未設置店舗との比較においても、掲載前のシェアを100としたときに、設置店舗では5ポイント高い伸長率を示しています。

定番商品においては、中長期的なFamilyMartVisionの活用による刷り込み効果でカテゴリーシェアの伸長が期待できます。


◆効果③:ターゲット層の購入を促す効果
FamilyMartVisionには朝、昼、夜、深夜という4つの配信時間帯が設定されており、狙ったターゲット層の含有率の高い時間帯に掲載することが可能です。これらの時間帯配信を活用したターゲット層への広告効果はどうでしょうか?
この点について、30代、40代の男女をターゲットにした時間帯配信を行った某飲料の購買者属性分析を行いました。
その結果、40代の男女に留まらず、ターゲット以外の50代男女でもPOSリフトがみられました。

 

 


FamilyMartVisionはデジタル広告のような 1 on 1 コミュニケーションではなく、マルチターゲットのコミュニケーションとなります。ターゲット層への効果だけでなく、新規ユーザー層の掘り起こし効果も期待できると言えます。


◆効果④:広告の残存効果
FamilyMartVisionの主な設置場所はレジ付近のため、最も視聴されるタイミングはお会計前であることが来店客調査で明らかになっています。このため、広告効果は次回来店時にも影響を与えることが多く、これが広告の残存効果にも繋がると考えられます。店頭で広告に接触するからこそ、来店行為そのものが以前に見た広告のリマインド効果になると推測されます。

某飲料ブランドの広告掲載に関するPOS分析では、FamilyMartVisionでの放映期間中はもちろん、放映終了後も7週間にわたって、設置店舗での売上が未設置店舗と比較して18%高い状態を維持していたことがわかりました。
FamilyMartVisionの広告効果は、放映終了後も一定期間、来店客の購買意識に影響を与え続けることが期待できます。

ーーーーーーーーーーーーーーー

会社情報
当社は、今後もデジタルサイネージを活用した更なるメディア事業の展開に向け、「ミタイ験の日常」を感じていただけるよう新たな情報との偶発的な出会いを提供し、様々な発見や楽しみがある空間を目指して参ります。








「FamilyMartVision」とは、ファミリーマート店舗のレジ上に3つのモニターを連結させた迫力のある大画面で、「ミタイ験の日常へ。」をコンセプトに、旬なエンタメ情報や、アート、ニュース、地域情報等、来店されるお客さまへ様々な魅力あふれる映像コンテンツを配信するデジタルサイネージです。
現在、大都市圏を皮切りに全国に設置を進めており、今後設置可能な全店への拡大を目指しています。


会社名    :株式会社ゲート・ワン(英名:Gate One Corp.)
住所     :東京都港区芝浦三丁目1番21号
設立日    :2021年9月24日
代表者    :藏田  一郎(くらた いちろう)
資本金    :990百万円(資本準備金495百万円を含む)
出資比率   :ファミリーマート:70%、伊藤忠商事:30%
事業内容   :デジタルサイネージへのコンテンツ配信を行うメディア
事業公式サイト:https://gate-one.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ゲート・ワン >
  3. POS分析、購買者属性分析で広告効果を可視化。FamilyMartVision活用で期待できる4つの効果とは。