世界最大のテクノロジー見本市CES 2021にコノルのNFCサービス「CUONA」を出展します

コノルはスマートフォンをかざすだけで様々なサービスと連携できるNFCサービスを提供しています。

株式会社コノル(本社:東京都千代田区麹町、代表取締役社長:溝田隆明)のNFCを使ったサービス「CUONA(クオナ)」をジェトロ様のサポートをうけ世界最大のテクノロジー見本市CES 2021(米国・ラスベガス、会期:2021年1月11日から14日)に出展します。
この度、CES 2021にて米国で行われる世界最大のテクノロジーイベントCES2021にて、ジェトロ様主催のJ-Startup/JAPANパビリオン中でコノルの製品「CUONA」が出展企業の1社として初参加・出展することとなりました。
 

 
CESについて
1967年から続くCESは世界最大級のテクノロジー見本市で、毎年1月に米国・ラスベガスで開催されます。CES 2021は、2021年1月11日(月曜)~14日(木曜)に完全オンラインで開催予定です。前回のCES 2020には世界約160ヵ国から約18万人が訪れ、約4,600社の出展企業により20,000以上の新製品・サービスが登場しました。かつては家電製品主体の展示会でしたが、現在は自動運転などの新たな分野やスタートアップ等も参入し、世界最大のテクノロジーの祭典として位置づけられています。
 
CESオフィシャルサイト
https://www.ces.tech/

J-Startup/JAPANパビリオン・ランディングページ

CUONAについて
スマートフォンをかざす。新しい習慣をあなたのサービスにも。
CUONAはスマートフォンをかざす仕組みを簡単に構築・提供するNFCインフラプラットフォームです。
既存サービスに対して、かざすだけでお客様がサービスを利用できるようになる次世代の仕組みを実現するクラウドサービスです。
 

 

CUONAクラウドネットワークCUONAクラウドネットワーク

 
CUONA製品サイト
 
※「CUONA」は、株式会社コノルの登録商標です。
※「CUONA」および「Favor」は、コノルの持つ出願済み国際特許「PCT/JP2018/042195」国内特許「特願2019-554266」を採用しています。
 
専用ハードウェア:CUBE特徴
◆拡張されたNFCタグ
CUBEはNFCのシールタグを拡張させた専用ハードウェアです。シールタグでは持ち得なかった、WiFiやBluetooth/環境センサーからのリアルタイム情報収集を利用することができます。NFCタグでありつつも遠隔からの操作を可能にします。

◆電源供給が無くともサービスは継続可能
CUBEはNFCタグでもあるため、本体自体の電源供給が無い状態でもサービスを止める事なくNFCタグとして利用し続ける事が可能になっています。
 
◆専用アプリが無くとも利用可能
管理画面で設定したURLに遷移することで、期待する情報へ利用者を誘導ができます。
利用者はスマートフォンでタッチするだけです。
 
◆アプリ専用SDKのご提供
スマートフォンアプリ向けにCUONAを導入するためのSDKをご用意しています。利用する場所に合わせたポイントやクーポンの配布および利用など、様々なファンを増やす仕組み構築が可能になります。
 
株式会社コノル 概要
代表者:代表取締役 溝田 隆明
所在地:東京都千代田区麹町3-7-8 麹町山口ビル4階 
設立日:2010 年 5 月 10 日
資本金:38,650,000 円
事業概要
1. ウェブサイトやシステムの企画、設立、開発および運営及び販売
2. ハードウェアの設計、開発、製造並びに運用、保守などを含むインフラサービスの提供
3. インターネット等のネットワークシステムを利用した商品の売買システムの設計、開発、運用及び保守
4. アプリケーション及びソフトウェアの企画、制作、開発、販売、賃貸借保守及びコンサルティング
5. 広告、宣伝に関する企画並びに制作、販売
6. イラストレーション、商業デザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン及びクラフトデザインの企画、制作
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社コノル >
  3. 世界最大のテクノロジー見本市CES 2021にコノルのNFCサービス「CUONA」を出展します