村上農園 アジア初開催の障がい者中心の世界ヨット大会「2018ハンザクラスワールド広島大会」に協賛

 株式会社村上農園(本社:広島市、代表取締役社長:村上清貴)は、障がい者が中心の世界ヨット大会である「2018 ハンザクラスワールド&インターナショナルチャンピオンシップ広島大会」(以下、2018ハンザクラスワールド広島大会)に協賛いたします。同大会の開催は日本を含むアジアでは初めてのこと。2018年10月12日(金)〜18日(木)まで、広島県広島市にて開催されます


■   協賛の経緯

 

​オランダ国王陛下夫妻立ち会いの下、コッパート クレスと相互ライセンス契約を締結​オランダ国王陛下夫妻立ち会いの下、コッパート クレスと相互ライセンス契約を締結

 村上農園は「私たちは『生命(いのち)を守る農ビジネス』をテーマに新しい価値を創造します」をミッションに掲げ、誰もが健やかな生活を送り、活躍できる社会の実現を後押ししたいと願っています。一方で当社は、2014年にオランダの野菜生産企業、KOPPERT CRESS B.V.(以下コッパート クレス)と相互ライセンス契約を締結。同社が生産する色・形・風味がユニークな新野菜を「マイクロハーブシリーズ」として、今年4月から国内で生産販売をスタートさせ、オランダとのビジネス上のつながりを深めております。この度、当社の地元・広島市にて同大会が開催されるに当たり、オランダチームの支援を中心に協賛させていただくことになりました。

 


≪今後の予定≫
・ 同大会に参加するオランダチームとの交流を予定しています。
・ 当社ウェブサイトにバナーを設置し、大会の開催について告知します。


■   2018ハンザクラスワールド広島大会について
「ハンザ」とは、誰でも乗れるようにというコンセプトのもと、オーストラリアで開発された小型ヨットのこと。子どもから高齢者、障がいのある人など、誰もがセーリングを楽しめるような設計になっています。「ハンザクラスワールド」は、このハンザを使って2年に1度開催される障がい者中心の世界ヨット大会です。
【会場】                広島観音マリーナ
【開催期日】         2018年10月12日(金)〜18日(木)
【参加国】             約20カ国
【参加選手】         約200人
▼2018 ハンザクラスワールド&インターナショナルチャンピオンシップ広島大会のウェブサイト
http://2018hansaworlds.com/i/index.html


<村上農園 会社概要>
設立              1978年1月
代表者          村上清貴
売上高          86億1,800万円(2017年12月期)
事業内容       スプラウト、豆苗(とうみょう)、かいわれ大根など発芽野菜と高成分野菜の生産・販売
事業所          本社・研究開発部(広島)
       生産センター(千葉、神奈川、静岡、山梨、三重、広島、福岡)
       営業所(東京、愛知、大阪、広島)
       広報マーケティング室(東京)
関連会社       株式会社沖縄村上農園(沖縄県大宜味村)
ウェブサイト    http://murakamifarm.com
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 村上農園 >
  3. 村上農園 アジア初開催の障がい者中心の世界ヨット大会「2018ハンザクラスワールド広島大会」に協賛