旬をむかえた茨城の美味しい苺「いばらキッス」を召し上がれ!いばらキッススイーツフェアを開催

茨城県産いちご「いばらキッス」を使ったスイーツメニューフェアを都内の人気各店で実施

茨城県 営業戦略部 販売流通課は、3月15日(日)までの間都内の人気カフェ・レストランで茨城県産いちご<いばらキッス>を素材にしたスイーツフェア「いばらキッス スイーツフェア」を開催します。期間中、旬を迎えた美味しい苺<いばらキッス>を贅沢に使ったスイーツメニューをお楽しみいただけます。
「いばらキッス」苺生クリーム

<提供店>
サンドイッチカフェ おいしいメルヘン。 ecute大宮店
(埼玉県さいたま市大宮区錦町630 ecute大宮)


「贅沢いばらキッス苺サンド」

<提供店>
adito (東京都世田谷区駒沢5-16-1)


「焼きデニッシュフレンチトースト」

<提供店>
adito(東京都世田谷区駒沢5-16-1)


「いばらキッスのみるく羊羹」

<提供店>
まほろ堂 蒼月
(東京都世田谷区宮坂1-38-19 ウィンザーパレス103)


*画像は全てイメージです
*メニューの販売期間は各店により異なります。
 メニューは予告なく中止・変更となる場合があります。
 最新の情報は各店へお問合せください。


茨城県産いちご「いばらキッス」とは
「いばらキッス」は、平成24年(2012年)12月に品種登録された
茨城県オリジナルのいちご品種です。
果肉がしっかりとした「とちおとめ」を母親に、甘くて大きい「レッドパール」と、
酸味が少なく柔らかな「章姫」の掛け合わせを父親に交配して誕生しました。
開発にあたっては8年という長い歳月をかけ、様々な交配の組合せから得られた
1万種類の株の中から、研究員がひとつひとつ色や形、おいしさなどを判定し、
選抜する作業を繰り返しました。「いばらキッス」の最大の特長は、糖度が高く、
酸味とのバランスも良く、食味が濃厚なところです。
さらに、適度な硬さを持ち、ジューシーな食感も特長です。


茨城県の食の情報はコチラをチェック
●いばらき食と農のポータルサイト「茨城をたべよう」
https://www.ibaraki-shokusai.net/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 茨城県営業戦略部販売流通課 >
  3. 旬をむかえた茨城の美味しい苺「いばらキッス」を召し上がれ!いばらキッススイーツフェアを開催