「STREAMED」が軽減税率やキャッシュレス還元額を含むレシート、区分記載請求書への対応を開始

株式会社クラビス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菅藤 達也、以下 クラビス)が提供するクラウド記帳サービスSTREAMED(https://streamedup.com/)において、2019年10月1日より軽減税率制度およびキャッシュレス・ポイント還元制度事業への対応を開始しました。

 

2019年10月1日より施行された消費税率改正に伴い、軽減税率制度が導入されました。軽減税率対象品目がある場合は、軽減税率の対象となるものと対象外のものを分け、さらに税区分をそれぞれ標準税率の10%、軽減税率の8%、非課税と指定する必要があり、場合によっては入力の工数が2倍以上になることが考えられます。また、キャッシュレス還元額の記載がある場合には、さらに仕訳データの作成が複雑になり、会計処理におけるミスが発生してしまう可能性が高くなります。
STREAMEDにより、複雑なレシートの読み取りは不要になり、スキャンするだけで税率ごとの金額入力をし、仕訳データを完成させることができます。
 

(1) 10%/軽減税率8%/非課税 それぞれの対象金額をデータ入力します。
2019年10月1日以降に発行されたレシートのデータ入力の対象項目は以下のとおりです。
  • 日付
  • 支払先名
  • レシートの合計金額
  • 税率ごとの対象金額(10%/軽減税率8%/非課税)
※勘定科目は支払先の業種で自動的に割り当てます
それぞれの税率ごとに金額の記載がある場合は、複合仕訳での返却となります。

軽減税率を含むレシート例軽減税率を含むレシート例

STREAMEDの入力例STREAMEDの入力例

 

(2) キャッシュレス還元額は、税率ごとの金額から差し引く形で対応します。
  • キャッシュレス還元対象額が判明しているレシート: 税率ごとの金額をデータ化します
  • キャッシュレス還元対象額が判明していないレシート:税率の高い方から差し引いてデータ化(10% > 8% > 非課税)
 

キャッシュレス還元額を含むレシート例キャッシュレス還元額を含むレシート例

 

STREAMEDの入力例STREAMEDの入力例

(3) 請求書についても2019年10月1日以降の発行分は税率ごとの金額を入力します。

  • 発行日付が2019年9月以前:全て8%の単一仕訳で返却します(合計金額)
  • 発行日付が2019年10月1日以降:税率ごとの金額が判断できるものは、複合仕訳にてそれぞれの税率に合わせて金額を入力し、返却します※

※ただし、8%の記載があった場合の軽減税率の8%か旧税率の8%かの判断は困難なため、請求日を基準に税率(軽減税率8%/旧税率8%)を判断します。
 

8%を含む請求書の例8%を含む請求書の例

 

 

 

STREAMEDの入力例STREAMEDの入力例



■STREAMEDについて
「STREAMED」は、領収書や請求書など紙の証憑(※)をスキャンするだけで1営業日以内に会計データに変換できる、経理の記帳業務の自動化に特化したクラウドソフトです。AIとオペレーターの組み合わせで手書きの領収書でも99.9%正確にデータ化でき、国内の主要な会計ソフト形式でデータを出力できます。会計事務所や企業の経理で活用されています。
※ 対応証憑:領収書、請求書、銀行通帳、現金出納帳、クレジットカード明細書

株式会社クラビスは今後も積極的なサービス開発を通じて、会計業務の効率化を提供してまいります。



■株式会社クラビスの会社概要 
名称:株式会社クラビス
所在地:東京都千代田区麹町 6 - 6 東急四谷ビル 5F
代表者:代表取締役 菅藤達也
事業内容:クラウド記帳サービス「STREAMED(ストリームド)」の開発
資本金:181,380,000円
設立年月日:2012年12月
URL:https://klavis.co.jp

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クラビス >
  3. 「STREAMED」が軽減税率やキャッシュレス還元額を含むレシート、区分記載請求書への対応を開始