“ワーケーションの聖地”和歌山県白浜町のスマートシティ実証実験にカスタマイズ型CDP「kukuLu」を提供

〜広域ネットワーク(LoRaメッシュ)を利用し地域のDX促進を支援〜

データを活用したマーケティング事業を展開する株式会社Legoliss(本社:東京都渋谷区、代表取締役:酒井克明、以下Legoliss)は、自社開発のカスタマイズ型CDP「kukuLu(ククル)」を、総務省所管の国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が和歌山県白浜町で実施したスマートシティ実証実験において、広域ネットワーク(LoRaメッシュ)から収集されたデータを分析するプラットフォームとして提供しました。



日本型ワーケーションの成功事例としても注目されている白浜町では、2015年にNICTが「南紀白浜で世界初の耐災害ネットワーク実証実験」を開始。
町内に構築された耐災害ワイヤレスメッシュネットワークは、普段は白浜ビーチをはじめとする観光客等を対象としたWi-Fiによるインターネット接続を可能にし、災害時には住民や観光客の安否確認や避難所情報を提供することを目的としています。
そして今回、耐災害ネットワークをベースに地元企業や進出企業、また住民の利活用をより具体化するためのさらなる実証実験を行いました。

耐災害ネットワーク実証実験で利用している分散情報配信プラットフォームを用い、新たに広域ネットワーク(プライベートLoRaを用いたメッシュ型ネットワーク)を構築することで、スマートフォンなどの機器からWI-FI経由で取得したデータを、リアルタイムにLoRa基地局へ送信することが可能となります。
Leoglissは、この分散処理されたデータをLoraメッシュのネットワークから取得し、データを分析するプラットフォームとして、kukuLuを提供しました。


kukuLuの特徴
・データの取り込みは、カスタマイズが可能。
・気象情報、人口動態などのオープンデータの取得を行うことができる。
・各種BIツールとの連携コネクションがあり、データの可視化を行いやすい。

選定の背景
・短期間で収集データの可視化が可能
・データの取り込み・加工の自由度の高さ
・短期間での構築が可能

kukuLuの実施内容
・ミニマライズされたIoTデータを取得・蓄積
・気象情報関連(天気・気温・湿度)のオープンデータを取得・蓄積
・時系列と位置情報に観光スポットの混雑情報を可視化

kukuLuを利用した成果
・まちづくりDX化を推進
・白浜町のデータの活用に基づく施策作りに貢献
 


Legolissは、今後もスマートシティにおけるデータプラットフォームとしてkukuLuを提供し、関連する企業と連携しながら、地域活性化、地域創生を支援していきます。


■「kukuLu」について
企業の目的に沿ったデータ活用が実現する、マルチクラウド対応のカスタマイズ型 CDP(カスタマー・データ・プラットフォーム)※1です。従来「機能不足」や「使いこなせない」などの問題でスムーズにいかなかったCDPの導入が、kukuLuなら機能もサポートも企業にとってベストな形で提供。保有するデータや目的によってカスタマイズができ、さらに企業のデータ戦略の拡大やプロジェクトの成長・変化に応じて、顧客データの活用が可能です。
【URL】:https://legoliss.jp/kukuLu/

※ CDPとはプライベートDMPと呼ばれ、顧客一人ひとりの属性データや行動データを収集、蓄積、統合するためのデータプラットフォームです。外部システムや様々なツール(BI、MA、AD、LPOなど)と連携することを前提としており、数 多くの企業がマーケティング施策に活用しています。

<Legoliss概要>
社名:株式会社Legoliss
設立:2015年2月
代表者:代表取締役 酒井克明
本社所在地:〒151-0051
      東京都渋谷区千駄ヶ谷3-8-7 bLocks
事業内容:デジタルマーケティング支援事業
     データマーケティングプラットフォーム構築支援事業
     プロダクトソリューション事業
URL:https://legoliss.co.jp/

<本リリースに関するお問い合せ先>
株式会社Legoliss 広報担当/伊東
TEL:03-6804-2389/E-mail:info@legoliss.co.jp

 
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Legoliss >
  3. “ワーケーションの聖地”和歌山県白浜町のスマートシティ実証実験にカスタマイズ型CDP「kukuLu」を提供