【名古屋市主催】NAGOYA BOOST 10000 2019をスタート!第一弾としてNAGOYA HACKATHONの参加者募集を開始!

名古屋市主催の「イノベーター育成・ビジネス創出プログラム“NAGOYA BOOST 10000”(ナゴヤブーストテンサウザンド)」の運営業務を担当しているJellyWare株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長 崔 熙元)は、公式ホームページを公開し、各プログラムをスタートさせます。


NAGOYA BOOST10000は、起業や事業創造に挑戦する機運を醸成するとともに、多様な人材をイノベーターとして育成し、次々に新しい事業を生み出すエコシステムの構築を目指します。NAGOYA BOOST 10000は、首都圏ICT企業と地元企業との共創を促し、ビジネス創出を目指すNAGOYA HACKATHON(ナゴヤハッカソン)、AI・IoT分野の若手人材の育成を目的としたAI・IoT人材BOOSTプログラム、そこから生まれた成果をプレゼンテーションするNAGOYA BOOST DAY(ナゴヤブーストデイ)の3つの事業で構成されます。

さらに、今年は、NAGOYA HACKATHON ZERO、AI・IoT人材BOOSTプログラム ZERO、NAGOYA BOOST DAY SUMMERの取組みを追加し、さらにパワーアップした形で実施します。第一弾として、「NAGOYA HACKATHON(ナゴヤハッカソン)」と「NAGOYA HACKATHON ZERO」の参加者を募集します。

■全体スケジュール

 

日程 内容 時間
6/21(金) ナゴヤブ一スト10000事業説明会 19:00~
6/22(土)・23(日) ナゴヤハッカソンZERO (事前学習) 10:00~
7/13(土)・14(日) ナゴヤハッ力ソン 10:00~
8/7(水) ナゴャブ一ストデイ-SUMMER-(ミニプレゼンイべント) 19:00~
8/24(土)・25(日)・ 31(土)・9/1(日) AI・loT 人材ブ一ストプ口グラムZERO (事前学習) 10:00~
9月中旬頃~令和2年2月 AI・loT人材ブ一ストプ口グラム(全15回) 19:00~~「土日は13:00〜」
2月中旬頃 ナゴヤブ一ストデイ-FINAL-(成果発表イべント) 調整中

 

■NAGOYA HACKATHONの募集内容
・募集期間:令和元年6月3 日(月)〜 7月5 日(金)
・対象者:法人に所属または個人のクリエイター、エンジニア、デザイナー、
プランナーなど、50名程度
・会場:ナゴヤイノベーターズガレージ
(中区栄3-18-1 ナディアパークデザインセンタービル4階)
・テーマ「AI・loT×子どもの未来」
~名古屋の未来を担う次世代人材のための新しい製品・サービスを創り出せ~
・ 応募方法:下記HPからお申込みください。
http : // jellyware .jp/nagoyaboost/

■NAGOYA HACKATHON ZEROの募集内容
・募集期間:令和元年6月3 日(月)〜 6月17 日(月)
・対象者:法人に所属または個人のクリエイター、エンジニア、デザイナー、
プランナーなど、20名程度 ※ハッカソン参加者を優先
・会場:ナゴヤイノベーターズガレージ
(中区栄3-18-1 ナディアパークデザインセンタービル4階)
・ 応募方法:下記HPからお申込みください。
http : // jellyware .jp/nagoyaboost/

■NAGOYA HACKATHON ZEROの内容
※1日目
内容 詳細
RaspberryPi RaspberryPiの基礎と基本的な使い方を学ぶ
Linuxコマンド RaspberryPiで使う基本的なコマンドを学ぶ
開発ツール RaspberryPiとPCを連携されるためのSSH、SFTP、Pythonを記述するためのエディタの使い方を学ぶ
Python スクリプト言語Pythonの基礎から組込み、アプリで使える記述を学ぶ
GPIO制御 LEDやスイッチを使った回路と、それらを制御、検知する組込みソフトを学ぶ
PWM LEDの明るさや色などを制御できるPWMについて原理やソフト制御方法を学ぶ
アプリケーション モーター、音出力、画像出力、SNS通知などの出力、センサー、NFC、顔認識、音声認識などの入力を通じて、Pythonによるアプリケーション作成方法を学ぶ

 

※2日目
内容 詳細
Markdown 軽量マークアップ言語Markdownを使ったオープンソース時代のレポートの書き方を学ぶ
各種ツール レポートで活用できる画像編集、動画編集、回路結線図などの使い方とコツを学ぶ
アプリケーションの続き モーター、音出力、画像出力、SNS通知などの出力、センサー、NFC、顔認識、音声認識などの入力を通じて、Pythonによるアプリケーション作成方法を学ぶ
自主研究 これまで学んだ技術やツールを応用・活用し、自ら考えたアイデアを目標として、成果物を作る
コーチング 個別に時間を設け、講師とマンツーマンで技術相談
成果発表 各個人の成果を数分程度で簡単に発表(お気軽な雰囲気ですのでご安心ください)

 

■関連URL
「NAGOYA BOOST 10000」公式ホームページ
http://jellyware.jp/nagoyaboost/

JellyWareホームページ
http://jellyware.jp/

■本リリースに関する問い合わせ先
JellyWare株式会社
info@jellyware.jp
03-6273-0758
  1. プレスリリース >
  2. JellyWare >
  3. 【名古屋市主催】NAGOYA BOOST 10000 2019をスタート!第一弾としてNAGOYA HACKATHONの参加者募集を開始!