KIIが建設・土木の生産支援クラウドのフォトラクションに出資

アプリケーションとデジタルアウトソーシングにより建設現場の生産性向上を促進

慶應イノベーション・イニシアティブは、建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction」の開発および運営を行うフォトラクションに対して出資をいたしました。フォトラクションは今回総額7.6億円を増資し、建設業界における生産性向上をテクノロジーによって更に促進することで、建設DXを実現して参ります。
慶應イノベーション・イニシアティブ(本社:東京都港区、代表取締役社長 山岸広太郎、以下KII)は、弊社が運営するファンドより、建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction」の開発および運営を行う株式会社フォトラクション(本社:本社:東京都中央区、代表取締役 CEO:中島貴春)に対して第三者割当増資による出資をいたしました。他の出資者からの調達も含めて今回の第三者割当増資によるフォトラクションの調達額は総額7.6億円となります。

◆アプリケーションとデジタルアウトソーシングにより建設現場の生産性向上を促進

フォトラクションは「建設の世界を限りなくスマートにする」をミッションとし、建設現場の生産性向上をアプリケーションとデジタルアウトソーシングで支援する、建設支援クラウド「Photoruction(フォトラクション)」を提供し、スーパーゼネコンをはじめ10万を超える建設プロジェクトで活用され、建築現場のプラットフォームとして高い評価を得ています。2021年1月にはAIを活用したアウトソーシングサービス「建設BPO」をリリースし、SaaS ×AIで業務の効率化だけではなく一人当たりの労働時間を増やすことができる、新しい生産性向上サイクルの可能性を追求しています。
この度の調達により、「Photoruction」および「建設BPO」の開発とカスタマーサクセス、採用と組織体制の強化を実施する予定です。同社の更なる成長支援はもとより、建設業界全体の労働上の課題解決とデジタル化の推進へ貢献して参ります。


■会社概要
会社名 :株式会社フォトラクション (Photoruction Inc.) 
所在地 :東京都中央区築地5丁目4−18
代表者 :代表取締役 中島 貴春
設立  :2016年3月14日
事業内容:インターネットサービスの企画・開発・運営
U R L  : https://corporate.photoruction.com/

■慶應イノベーション・イニシアティブ(KII)について
KIIは、2015年12月、主に慶應義塾大学の研究成果を活用したスタートアップを支援するため創設されました。また、2020年1月からは、慶應義塾大学に限らずシード・アーリーステージからのリード投資を中心に、デジタルテクノロジーによる社会の革新や、医療・健康などの課題解決に取り組む技術系スタートアップに投資対象を広げ投資活動を推進しています。
スタートアップへの投資育成を通じて日本が誇る大学等の研究機関の技術や知的財産といった優れた研究成果の社会実装を推進し社会貢献の一翼を担うと同時に、ベンチャーキャピタルファンドとして高い収益性を確保し持続的なイノベーションエコシステムの構築に取り組んで参ります。

■KIIの概要
商号     :株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ(Keio Innovation Initiative, Inc.)
事業内容 :大学発技術系ベンチャー企業の育成・ベンチャーキャピタルファンドの運営
資本金等 :1億円(資本準備金5000万円を含む)
代表者  :代表取締役社長 山岸広太郎
URL   :https://www.keio-innovation.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 慶應イノベーション・イニシアティブ(KII) >
  3. KIIが建設・土木の生産支援クラウドのフォトラクションに出資