GVIDO MUSIC、ドイツ・グラモフォン創立120周年 Special Gala Concert Presented by 小澤征爾 & サイトウ・キネン・オーケストラ協賛レポート

寺⽥倉庫(東京都品川区 代表取締役:中野 善壽)のグループであるGVIDO MUSIC株式会社は、2018年12月5日(水)、東京・サントリーホールにて開催された、ドイツ・グラモフォン創立120周年 Special Gala Concert Presented by 小澤征爾 & サイトウ・キネン・オーケストラ公演に協賛いたしました。
当日は約2,000人もの観客が見守る中、サイトウ・キネン・オーケストラによる全5曲が演奏されました。
前半では国内外で高い人気を誇るベネズエラ出身の指揮者ディエゴ・マテウスが、ロシアの作曲家=チャイコフスキーの楽曲から「歌劇《エフゲニー・オネーギン》 からのポロネーズ」と「交響曲 第5番」を指揮。
後半からはドイツ・グラモフォン専属アーティストにして、クラシック界を代表するヴァイオリニストとして活躍する、アンネ=ゾフィー・ムターが登場し、J.S. バッハの名曲「ヴァイオリン協奏曲 第2番」を弾き振り、その後再度登場したディエゴ・マテウスと、ベートーヴェンの「ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス 第1番」を演奏しました。
そしてクライマックスは小澤征爾が登場し、アンネ=ゾフィー・ムターとの夢の共演が実現。サン=サーンスの「序奏とロンド・カプリチオーソ」を披露し、会場内を魅了しました。

なお、今回のコンサートではオーケストラの一部に電子楽譜端末GVIDOを提供しており、実際の演奏時に使用されました。GVIDOは今後も、世界で活躍する音楽家の演奏環境サポートに貢献するべく、開発・プロモーション活動に取り組んでまいります。

© Ryota Mori© Ryota Mori

 

© Michiharu Ohkubo© Michiharu Ohkubo

【公演概要】
タイトル:ドイツ・グラモフォン創立120周年Special Gala Concert presented by 小澤征爾 & サイトウ・キネン・オーケストラ
日  時:2018年12月5日(水)19:00開演
会  場:サントリーホール 大ホール(〒107-8403 東京都港区赤坂1-13-1)
主  催:ドイツ・グラモフォン
共  催:ユニバーサル ミュージック合同会社 / 公益財団法人 サイトウ・キネン財団
企画制作/アーティスト・マネージメント:株式会社ヴェローザ・ジャパン
協  賛:GVIDO MUSIC株式会社(寺田倉庫グループ)
協  力:朝日新聞社
出演者:小澤征爾(指揮) アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン) サイトウ・キネン・オーケストラ  ディエゴ・マテウス(指揮)
関連リンク:
ユニバーサルミュージック ドイツ・グラモフォン120周年サイト https://www.universal-music.co.jp/classics/dg120/
ドイツ・グラモフォン公式サイト(英語) - https://www.deutschegrammophon.com/


【GVIDOについて】 https://www.gvido.tokyo/
世界初の2画面電子ペーパー楽譜専用端末GVIDOは、楽譜の見易さや軽さなどの機能に加え、デザインにおいても高い評価を得ており、2018年4月には世界的に権威のあるドイツのデザインアワード、Red Dot Design Awardを受賞、2018年10月にはグッドデザイン賞ベスト100に選出されました。

【GVIDO MUSICについて】
社名:GVIDO MUSIC株式会社(寺田倉庫グループ 代表取締役:中野 善壽)
事業内容:電子楽譜に関わる事業全般
代表者:代表取締役会長 / 社長 / CEO 中野 善壽
所在地:〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GVIDO MUSIC 株式会社 >
  3. GVIDO MUSIC、ドイツ・グラモフォン創立120周年 Special Gala Concert Presented by 小澤征爾 & サイトウ・キネン・オーケストラ協賛レポート