グローバルクリエイティブエージェンシー「monopo」と東北新社は業務提携を締結 共同事業によるリモート(=遠隔)映像制作サービス“STUDIO DISTANCE”を開始。

撮影スタジオが、自宅のPCに。完全リモートで、映像制作が可能に。第一弾プロジェクトとして、「BS10 スターチャンネル」のTVCMを公開

 株式会社monopo(東京都渋谷区・代表取締役 佐々木芳幸、以下monopo)は、株式会社東北新社(東京都港区・代表取締役社長 二宮清隆、以下東北新社)と業務提携を締結し、フルリモート映像専門チームを立ち上げ、リモート(=遠隔)で映像制作ができるサービス「STUDIO DISTANCE」を開始することを発表いたします。
URL:https://www.youtube.com/channel/UCrNTIzi4Uvc1FgFI879oPPg

 本サービスのワークフロー確立を強固にするために、映像制作のノウハウが豊富な東北新社と、ロンドン・東京拠点を中心にグローバルにリモートでのクリエイティブ企画・制作サービスを展開するmonopoの両社で、リモート映像制作専門チームを発足し、クオリティが高い映像制作をお客様に提供することができます。

 

 新型コロナウィルスの影響で多くの企業やブランドが感染のリスクを伴う広告映像の撮影・制作を断念する状況にあります。本サービスを通じて、より多くの広告主がリスクを最小に抑えた、完全リモートでの映像制作が可能になるのはもちろんのこと、創業以来、国境を超えたリモートでのクリエイティブ開発を行い、この領域においてナレッジのあるmonopoと、「クリエイティブ・エンジニアリング」を掲げ、ひとつひとつのクラフトにこだわったクリエイティブ制作を行っている東北新社が共同事業を展開することによって、withコロナ 、afterコロナ時代の新しいクリエイティブの在り方を提示することができると確信しております。
 


<東北新社 代表取締役社長 二宮清隆 コメント>
目の前に迫ったオールデジタル化の社会では、世の中の枠組み、仕立て自体が変わってしまうと考えられますが、この大きな変化の時代においても、私たちはハイクオリティなアウトプットを産み出すプロダクションでありたいと考えています。
昨年弊社は、新しい時代に向けて「Creative ENGINEERING」というスローガンを掲げました。これは、様々なクリエイティビティを統合し、具体的な形に構築し、実現して行くという志です。
私たちの周りの全ての方々とCO-CREATEしながら、モノ作りとサービスをあわせて、さまざまな分野で創造的な商品の概念を作り、それを具現化していきたいと考えています。
今回の業務提携は新しい時代の中での、我々が目指すクリエイティブサービスの集合体に向けた重要なチャレンジのひとつだと考えております。
広告・クリエイティブ領域も時代の流れと共に変化し、デジタル領域に顕著に拡張しています。
リモートワークのノウハウや国内外問わず1000名以上のクリエイターのネットワークを持っているmonopoと提携を行うことで、現在の新型コロナ禍の下、非接触が求められる社会において、まさに求められるクリエイティブサービスを提供できると考えています。

<monopo 代表取締役社長 佐々木芳幸 コメント>
今回の提携は、コロナ禍でのリモートワークという一過性の現象のみの解決に止まりません。
広告・制作業は、業界文化として3蜜でした。いい意味でも悪い面でも、人と人の繋がりで回っている業界です。蜜を回避できない膨大な打ち合わせ・制作現場・会食文化など業務としてDX化・デジタルを駆使して、効率化できるポイントがまだまだできる業界だと思ってます。デジタル化をはじめとし、働き方や、個人クリエーターとの商流の還流化。そして、業界のグローバルへの挑戦。元々あった業界の構造的問題や課題に取り組むチャンスだと思っています。業界最大手のクラフト力と、monopoの持つデジタルネイティブ力・グローバル力を掛け合わせ、業界をアップデートする一つのきっかけになれればと考えております。

 
  • 幅広い映像制作に対応可能な、企画・制作サイド横断チーム

 本チームは、クリエイティブディレクターやプランナーなどの企画メンバーから、プロデューサー・監督・カメラマン・撮影/照明部・編集者などの制作サイドの横断チームからなり、リモート特有の撮影技術のハードルと映像自体を世に広めるアイデアや企画を同時進行で行い、オリエンテーションから企画・撮影・編集までをクライアントとリモートで完結できるメンバーです。
また映像制作に止まらず、monopoが得意とするデジタルクリエイティブ・プロモーションノウハウ/ 東北新社がもつ大小様々な映像制作経験を武器に、映像を軸としながらも、マス・デジタルなど媒体を問わない、統合的なコミュニケーションプランをクライアントに提案していきます。

 
  • 制作までのワークフロー

 オリエンから技術スタッフも参加し、この状況下でも制作可能な企画をリアルタイムで検証しながら提案しました。企画決定後は、どうすればクオリティを上げられるかを徹底的に議論し、結果、キャストの自宅へ機材や小道具など制作ツール一式を送付する手法を採用、リモートで指示を出しながら現場を構築していきました。
 仕上げもフルリモート。編集作業・試写・ナレーション録音、全て在宅でフィニッシュし、試行錯誤しながら最終的には破綻なく無事納品まで至りました。

 
  • 協業プロジェクト第1弾として、「BS10 スターチャンネル」のTVCM「観る。掘る。もっと。」を公開。

 スターチャンネルは、ただ作品を放送するのではなく、初めて届けるドラマも、なんども観た映画も、何を魅せて、どう送り届けるかというストーリーを掘りさげてお届けすることが新たな「視聴体験」になると信じている。「視聴体験」、まさにそれは作品を「観る。掘る。もっと。」なコンテンツとの出会いと体験なのである。スターチャンネルがキュレートした作品とそれにまつわる視聴体験を、コンテンツを夢中に観るキャストたちの情景を通して訴求するTVCMです。

撮影の様子

スタッフが誰も現場にいないという非常に稀な制作体験になりました。
キャストやそのご家庭の全面協力に支えられながら、スタッフも普段とは別次元の難しさを乗り越えていきました。初めて機材を扱うキャストや、お芝居以外の事までディレクションしなければならないスタッフ。お互いが好奇心を持って楽しみながらつながる事で、普段の撮影よりも近い精神的距離で、同じ目標に向かって立ち向かえた撮影でした。
(東北新社 プロダクション3 戸田和也)

BS10 スターチャンネル「観る。掘る。もっと。」篇 TVCM本編15秒
(https://www.youtube.com/watch?v=0PgqtDGyKxc)


 

BS10 スターチャンネル 『観る。掘る。もっと。』篇 メイキング映像
(https://www.youtube.com/watch?v=tRuvmr2Xueo)



BS10 スターチャンネル 『観る。掘る。もっと。』篇 クオリティ比較映像
(https://www.youtube.com/watch?v=qHS9cuL5vy0)

 


株式会社monopo 会社概要
東京を拠点にグローバルなコミュニティベースのクリエーティブエージェンシーとして、様々な国内外のブランドにサービスを展開。"A BRAND OF COLLECTIVE CREATIVITY”をビジョンに掲げ、ブランディング・広告・PRを中心に様々な領域において、様々な個人が持つアイデアや創造性を共に発揮できるようなコミュニティ作りを目指している。2019年、ロンドンに子会社monopoLondon.Ltdを設立。自社プロジェクト『poweredby.tokyo』では、東京の知られざる魅力を世界に発信中。
設立      2011年7月
代表者   佐々木芳幸
所在地    150-0001 東京都渋谷区神宮前5-6-5 Path表参道A3
従業員数 約30名(インターン含む)

問い合わせ先
広報担当 井坂(y.isaka@monopo.co.jp)

株式会社東北新社会社概要
東北新社は、映像に関するあらゆる事業を行っている「総合映像プロダクション」。CM制作、プロモーション制作、グラフィック・WEB制作、音響・字幕制作、番組・映画制作、ライセンス営業、BS・CS放送関連事業、ネット配信事業など、幅広い事業を展開している。
設立       1961年4月
代表者    二宮清隆
所在地     〒107-8460 東京都港区赤坂4丁目8番10号
従業員数   単体:829名 連結:1,640名(2019年3月31日現在)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社monopo >
  3. グローバルクリエイティブエージェンシー「monopo」と東北新社は業務提携を締結 共同事業によるリモート(=遠隔)映像制作サービス“STUDIO DISTANCE”を開始。