日本気象協会「トクする!防災」プロジェクト×神戸学院大学「防災女子」ポリ袋で調理できる『オリジナル備蓄レシピ』を公開

 一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:石川裕己、以下「日本気象協会」)が推進する「トクする!防災」プロジェクトは、神戸学院大学 現代社会学部社会防災学科(所在:兵庫県神戸市、学長:佐藤雅美)の女子学生が中心となり結成した「防災女子」と『オリジナル備蓄レシピ』を開発しました。『オリジナル備蓄レシピ』は「トクする!防災」プロジェクト公式ウェブサイトで9月7日(金)に公開します。

 『オリジナル備蓄レシピ』は普段の料理やアウトドアでも活用できる、ポリ袋などを活用した簡単な調理レシピです。また、災害時に不足しがちな栄養素を意識した「1日分の献立」も同時に公開します。

「トクする!防災」プロジェクト×神戸学院大学「防災女子」 『オリジナル備蓄レシピ』URL
https://tokusuru-bosai.jp/stock/stock10.html

1.『オリジナル備蓄レシピ』


 非常時専用の食品を準備するだけでなく、普段から食べている食品を少し多めに買っておき、食べたら買い足す「ローリングストック」を行うと、災害時でも食べ慣れた食品を食べることが可能です。家族ひとりとりに合わせた食品を「ローリングストック」で日常から用意しておくことが、災害時の食事の負担を減らすことにつながります。

 『オリジナル備蓄レシピ』は「ローリングストック」で備蓄しやすい食材を使用し、ポリ袋を活用して調理する備蓄レシピです。災害時は電気・ガス・水道などが途絶えている可能性があり、調理方法が限定されることが想定されます。日頃からカセットコンロやカセットボンベなどを用意しておくと、いざという時の調理に活用することが可能です。食料品だけでなく、カセットボンベなどの日用品も「ローリングストック」で使いながら備蓄することをおすすめします。

2.専門家考案 災害時の「1日分の献立」を公開
 災害時の食事で最優先することは、エネルギー補給と水分補給です。可能な限りバランスを取り、不足する栄養素を補うことを意識した、災害時の「1日分の献立」を公開します。(考案:神戸学院大学栄養学部助教 管理栄養士 伊藤智先生)


■防災女子とは

 神戸学院大学では、防災や社会貢献について学ぶ「現代社会学部 社会防災学科」を2014年4月に開設し、同年6月に女性目線での防災啓発を目的としたサークル「防災女子」を結成しました。“災害時こそ女子力で乗り切っていこう!”をコンセプトに、授業で学んだ専門知識を生かし、一人でも多くの女性そして家庭・地域社会へ「やってみたくなる防災」を伝えていけるように活動に取り組んでいます。

■「トクする!防災」プロジェクトとは

 「トクする!防災」プロジェクトは、日本気象協会が推進する、“必要だとは思っているけれど、なかなか実践できない防災アクション”に対し、ちょっとしたおトク感や気軽さをプラスする取り組みです。日頃から防災対策への興味、関心を高め、最終的に自分や家族の身を守ることができる備えをしながら、安心につなげていくことを目指しています。

公式ウェブサイト http://tokusuru-bosai.jp/

・内容は発表日現在のものです。予告なしに変更されることがあります。
・製品名、サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。









 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 「トクする!防災」プロジェクト >
  3. 日本気象協会「トクする!防災」プロジェクト×神戸学院大学「防災女子」ポリ袋で調理できる『オリジナル備蓄レシピ』を公開