ねこ車電動化キット「E-Cat Kit」、発売開始から1年で販売数500台を突破

全国のみかん農家を中心に土木・建設、石材等の運搬領域でも利用拡大

株式会社CuboRex(本社:東京都葛飾区、代表取締役社長:寺嶋 瑞仁)は、一輪車のタイヤを交換するだけで電動化が可能となる、ねこ車電動化キット「E-Cat Kit」が、2020年10月の発売開始から、約1年で500台の販売数を突破したことをお知らせいたします。発売開始から、和歌山県のみかん農家を中心に利用されてきた当製品ですが、近年では、一輪車による運搬負荷の高い土木や建築、石材での領域での利用も拡大し、運搬労力の削減が求められる領域での採用が進んでいます。
 


■ねこ車電動化キット「E-Cat Kit」開発の背景
ねこ車電動化キット「E-Cat Kit」は、農家や土木事業者が利用する手押し一輪車を電動化することができるキットです。Ecatを利用することにより農作業における運搬作業を普段利用している猫車を利用してより迅速かつ軽労化することができます。和歌山県を中心に2020年10月1日より正式販売を開始しており、柑橘や梅などを栽培されている農家様を中心に傾斜地や段畑などの移動条件が悪い場所で肥料や土、収穫物の運搬で利用頂いています。近年では、利用領域の拡大をみせており、一輪車を利用している土木や建設、石材の現場での運搬をはじめとして、動物園での飼料や海岸清掃等でも利用され、運搬労力の削減に貢献しています。

■販売数500台を突破!電動化が進む一輪車の導入事例
1.和歌山県みかん農家 藤原さんのコメント

子どもが購入してくれたのですが、今までの運搬機械に比べて、狭い道の間や坂道を上るのがすごい楽になりました。特に腰への負担が減ったことがあり、こんなに楽なものがあったのかと思いました。普段は、モノラックがある場所は、運搬が楽なのですが、モノラック間の距離は10m程度あり、また坂道かつ狭い道なので、エンジンや電動の運搬機を導入することができませんでした。しかし、E-Cat Kitは、タイヤを替えるだけで、運搬が楽になることで、本当に助かりました。

2.静岡県のみかん・お茶農家 牧野さんのコメント

購入のきっかけは息子さんが雑誌を見て運搬が楽になりそうと購入を決められました。牧野さんの圃場ではみかん以外にも白菜やにんじん、玉ねぎ、お茶も栽培しております。メインはみかんの収穫や肥料まきですがそれ以外の季節は他の作物の肥料運搬などにE-Cat Kitを利用してくださっておりました。人間と違って機械は疲れることをしらないし運搬の効率は落ちないと重宝していると言っていただけました。




■今後の展開
今後も「E-Cat Kit」の活用できる領域を農業から他領域に展開することで、電動化することの価値を広めてまいります。

【会社概要】
農地や建築現場等の凸凹な「不整地」と呼ばれる場所での作業負担軽減や効率化に取り組むため、不整地産業において「欲しい者が欲しい物を生み出せる社会」の実現を目指し、動力内蔵型タイヤやクローラの開発・パーツ化・キット販売をするハードウェアスタートアップです。
社名:株式会社CuboRex  
事業内容:不整地産業向けハードウェア研究開発・販売
設立年月日:2016年3月31日 
代表取締役:寺嶋瑞仁
WEBサイト:https://cuborex.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CuboRex >
  3. ねこ車電動化キット「E-Cat Kit」、発売開始から1年で販売数500台を突破