「百度(バイドゥ)」2019年度優秀代理店に認定

リスティング広告をはじめ、アドネットワーク広告、地図広告、動画広告など、百度の多様な広告メニューの販売実績とそれらの運用・オペレーション実績などが総合的に評価され、優秀代理店として授与された。

令和元年12月24日
報道関係各位
株式会社ジャパンエフエムネットワーク 

中国インバウンドプロモーションに必須
中国最大の検索エンジン「百度(バイドゥ)」より2019年度優秀代理店に認定
_______________________________________________

 

株式会社ジャパンエフエムネットワーク(東京都千代田区 代表取締役専務 飯塚基弘)が中国で展開しているインバウンド施策「JFNasia」は、この度、中国最大の検索エンジン「百度(バイドゥ)」の日本法人「バイドゥ株式会社」(東京都港区 代表取締役社長 張成煥)より、2019年度優秀代理店に認定された。中国版「Google」と言われる「百度」は中国における検索利用率は約90%、1日の検索回数は約100億回となっており、中国6億人超のインターネットユーザーにプロモーション可能な媒体であり、年間1,000万人となる訪日中国人をターゲットにしたインバウンドプロモーションでは欠かせないツールの一つとなっている。

本賞は、国内基幹代理店の中から、「百度リスティング広告」、「百度アドネットワーク広告」「百度インフイード広告」、「百度地図広告」、「百度動画広告」といった百度広告の販売実績とそれらの運用・オペレーション実績などが総合的に評価され、特に優れた代理店に授与されるものである。今後はさらにこの実績と、中国に関する知識をもとにスポンサーのニーズに沿った提案、運用、サポートを提供していくこととなる。  

 

___________________________________________
バイドゥ株式会社について
中国の検索市場において第1位のシェアを有しており、米国NASDAQへ上場しているBaidu, Inc.(本社:中国北京市、会長兼CEO:Robin Li)の日本法人。2006年12月に設立以降、法人企業の中国でのマーケティング活動支援、インバウンド、越境EC対策などをサポートすべく、中国語圏向けのリスティング広告、アドネットワーク広告などのインターネット広告商品を提供している。2015年5月より、Webメディア向けレコメンドエンジンやインターネット広告、スマートフォン広告を提供するpopIn株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:程涛)がグループに加わっている。
株式会社ジャパンエフエムネットワークについて
1984年設立。JFN系FM局38社の出資による番組供給会社。平成24年より新規事業としてアジア向けネット動画の制作配信を開始。平成25年より中国大手テレビ局との番組共同制作にも参画。平成26年3月の制作番組「櫻之味」は記録・中国ドキュメンタリー賞(中国テレビ・ラジオ協会主催)の自然・人文部門で3位を受賞。現在は動画サイト「テンセント動画」 、SNSアプリ「美拍(メイパイ)」(フォロワー23万人)、ニュースアプリ「今日頭条(ジンリートーティアオ)」(フォロワー14万人)などの公式チャンネル運営の他、「微博(ウェイボー)」の広告運用、中国最大手検索サイト「百度(バイドゥ)」の日本オフィシャルパートナーを務める。
 

 

本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社ジャパンエフエムネットワーク アジア戦略部
担当:外川 電話:03 -3221-0244
http://jfn-asia.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャパンエフエムネットワーク >
  3. 「百度(バイドゥ)」2019年度優秀代理店に認定