~原作漫画からアニメーションまで~「夏目友人帳 大原画展」開催 大丸心斎橋店

4月25日(火)~5月8日(月) 大丸心斎橋店 北館14階イベントホール <有料>

人気作家「緑川ゆき」による「夏目友人帳」は、独特の世界観と心温まる作風で人と妖(あやかし)の交流を描き、幅広い支持を受けています。本展では、原作漫画とTVアニメーションから、肉筆原画とアニメ資料を一挙展示します。
またグッズショップでは、オリジナル版画や大阪会場から用意される会場限定オリジナルグッズも販売します。

 

「夏目友人帳」は「緑川ゆき」により現在も月刊LaLaにて連載中の人気漫画です。
独特の世界観と心温まる作風で人と妖(あやかし)の交流を描き、幅広い支持を受けています。
本展では、原作漫画とTVアニメーションから、肉筆原画とアニメ資料を一挙展示します。
特設の「にゃんこ神社」ではにゃんこ先生の原画&グッズを展示。またグッズショップでは、オリジナル版画や大阪会場から用意される会場限定オリジナルグッズも販売します。

会期=4月25日(火)~5月8日(月)
会場=大丸心斎橋店 北館14階イベントホール
入場時間=10時~20時(20時30分閉場) ※最終日は17時30分まで(18時閉場)
入場料(税込み)=一般800円、大学生・高校生600円 ※中学生以下は無料

特典付き入場券(76mm缶バッジ付き):800円(税込み) 販売期間=4月24日(月)まで

声優・神谷浩史さんと井上和彦さんによるボイスガイド
音声ガイド機レンタル<有料>により原画展の解説を聞くことができます。

展示内容
■夏目友人帳まんがコーナー…まんがのカラー原画を大量展示。
■好きなお話コーナー…読者アンケートにより人気のお話を発表。
■夏目友人帳アニメコーナー…アニメの貴重な資料を展示。
■夏目×オト世界♪…新感覚・音楽朗読劇 SOUND THEATRE×夏目友人帳の資料を展示。
■ニャンコ神社…ニャンコ先生の原画&グッズを展示。
■グッズショップ…オリジナル版画やオリジナルグッズの販売。

<あらすじ>
両親をなくした少年・夏目貴志は、小さい頃から妖怪を見ることができた。祖母レイコの遺品である妖怪たちの契約書「友人帳」を手にして以来、妖(あやかし)に狙われる。自分の死後、友人帳を譲る事を約束した、あやかしの用心棒のニャンコ先生と共に、そこに名を縛られた妖怪たちに名を返す日々を送る。あやかしと、そこに関わる人との触れ合いを通して、自分の進むべき道を模索し始めた夏目は、想いを共有できる友人たちにも助けられながら、大切な日々を守るすべを見つけていこうとする。

「緑川ゆき」について
熊本県出身。1998年にLaLaDX11月号「珈琲ひらり」でデビュー。現在、月刊LaLaにて「夏目友人帳」を好評連載中。 花とゆめコミックス「夏目友人帳」1~21巻発売中。「小説 夏目友人帳 たまゆらの家」、「ニャンコ先生が行く」1~2巻、「夏目友人帳公式ファンブック」、「ニャンコ先生友人帳」、「愛蔵版 蛍火の杜へ」ほか。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. 株式会社 大丸松坂屋百貨店
  3. ~原作漫画からアニメーションまで~「夏目友人帳 大原画展」開催 大丸心斎橋店