「法令対応ストレスチェックの正しい導入ガイド」「ストレスチェック結果の正しい活用方法」企業向け社員教育クラウドサービス「AirCourse」に新たに“ヘルスケア”登場

2月2日は人事の日 社員のストレスを把握し、職場環境をより良く、働きやすく

 株式会社ドリームホップと、KIYOラーニング株式会社は、企業や事業所がストレスチェックを導入する際のポイントをわかりやすくまとめた「法令対応ストレスチェックの正しい導入ガイド」と、ストレスチェック実施後の活用ポイントをまとめた「放置すると危ない!ストレスチェック結果の正しい活用方法」を、「AirCourse」に新設します。


  メンタルヘルス対策ソリューションを提供する株式会社ドリームホップ(本社:東京都新宿区、代表取締役:稲垣 義文、以下ドリームホップ)と、企業向け社員教育クラウドサービス「AirCourse」を提供するKIYOラーニング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:綾部 貴淑、以下KIYOラーニング)は、企業や事業所がストレスチェックを導入する際のポイントをわかりやすくまとめた「法令対応ストレスチェックの正しい導入ガイド」と、ストレスチェック実施後の活用ポイントをまとめた「放置すると危ない!ストレスチェック結果の正しい活用方法」を、「AirCourse」に新設します。

 導入ガイドでは、企業の人事、労務担当者、経営者や現場での実施者向けに、ストレスチェック制度の導入ルールと罰則を正しく理解し、導入から実施、厚生労働省への報告ができるようになります。結果の活用方法では、集団分析の活用から職場環境改善まで、実例も紹介し、現場実施者と人事・労務担当者側でのポイントを正しく、わかりやすく、学べます。職場のヘルスケア対策として、ストレスチェックをより意義ある形で実践出来るよう紹介しています。
 

 (視聴イメージ)

 ストレスチェックは、労働安全衛生法に基づく制度です。職場におけるメンタルヘルス不調を未然に防止することを目的に、常時50人以上の労働者を使用する事業場に対し、2016年12月から年1回のストレスチェックとその結果に基づき、医師による面接指導などの実施を義務付けています。
 厚生労働省の発表によると、昨年6月末時点で、実施が義務付けられた事業場のうち、300人以上の事業場では9割が実施していますが、50〜99人規模の事業場は8割を下回っています。
 

 


 KIYOラーニングの「AirCourse」(https://aircourse.com/ )は、企業向け社員教育クラウドサービスです。研修・教育にニーズの高いコースを揃えた”標準コース”と、企業がオリジナルで作成した動画を簡単に社内共有できる”オリジナルコース”があります。導入コストを抑え、低予算で運用できるほか、スマホ・PC・タブレットなどマルチデバイスに対応、実施履歴や成績などを一元管理出来ます。
 「法令対応ストレスチェックの正しい導入ガイド」「放置すると危ない!ストレスチェック結果の正しい活用方法」は、 ”標準コース”に新たに加わります。”標準コース”が受け放題のコンテンツプラスは1ID 500円/月(年間払い)、600円/月(月払い)で、”オリジナルコース”も作成出来ます。



<コース概要>
■法令対応ストレスチェックの正しい導入ガイド【ドリームホップ監修】
【対象】
・ストレスチェックを導入する企業の人事、労務担当者、経営者
・ストレスチェック導入時に部下に説明しなければならない現場実施者(マネジャー)

【カリキュラム内容】
・ストレスチェック制度とは(約5分)
・ストレスチェックの専門用語(約3分)
・ストレスチェック実施の流れ(約9分)
・ストレスチェックを社内で実施する場合の注意点(約2分半)
・ストレスチェックを外注する場合の注意点(約5分)
・まとめ(約3分)
<確認テスト>

【講師】
南幅 理加
株式会社ドリームホップ
ソリューション事業部
精神保健福祉士/社会福祉士/心理相談員


■放置すると危ない!ストレスチェック結果の正しい活用方法【ドリームホップ監修】
【対象】
・ストレスチェックを導入した企業の人事、労務担当
・集団分析結果を実際に活用する現場実施者(マネジャー)

【カリキュラム内容】
・分析を行うにあたって(約4分半)
・仕事ストレス判定図の見方(約12分)
・集団分析の留意点(約2分)
・職場環境改善のポイント・事例(約5分)
・まとめ(約3分半)
<確認テスト>

【講師】
諸岡 宏実
株式会社ドリームホップ ソリューション事業部
保健師/看護師/第一種衛生管理者/心理相談員

 

株式会社ドリームホップはストレスチェックを中心としたメンタルヘルス対策ソリューションを提供しています。主力サービスのストレスチェックプログラムは2年間で累計1,200社を超える民間企業、官公庁へ導入されています。
実務担当者の業務負荷を第一に考えたソリューション開発に注力しており、設備などのハード面、専門家などのソフト面共に内製化し、低価格で高品質のサービスを提供しています。独立行政法人 労働者健康安全機構よりメンタルヘルスの専門機関として認定されています。

【会社概要】 
社 名 : 株式会社ドリームホップ
本 社 : 東京都新宿区信濃町11-3 AK信濃町ビル 設 立 : 2005年6月 
代 表 : 代表取締役 稲垣 義文
URL: https://www.dreamhop.com/


 

KIYOラーニング株式会社は、社員研修・教育にニーズの高いコースを揃え、ご利用者様がオリジナルで作成した動画を簡単に社内共有できるシステムも備えた社員教育クラウドサービス「AirCourse」を提供しています。導入コストを抑え、低予算で運用できるほか、スマホ・PC・タブレットなどマルチデバイスに対応、実施履歴や成績などを一元管理出来ます。 https://aircourse.com/
また、資格取得のeラーニング講座「通勤講座」も提供しています。初心者にもわかりやすい“動画講座”、頻出テーマを効率的に学べる”演習問題”・”模擬試験”等により、低価格で短期間合格を実現します。https://manabiz.jp/

【会社概要】 
社 名 :  KIYOラーニング株式会社
本 社 : 東京都港区北青山2-12-8 荒川ビル2F
設 立 : 2010年1月4日(通勤講座は2008年10月1日より営業開始) 
代 表 : 代表取締役社長 綾部 貴淑

【本サービスに関するお問合せ】 
AirCourseお客様サポート
https://member.aircourse.com/contact/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. KIYOラーニング株式会社 >
  3. 「法令対応ストレスチェックの正しい導入ガイド」「ストレスチェック結果の正しい活用方法」企業向け社員教育クラウドサービス「AirCourse」に新たに“ヘルスケア”登場