メルコリゾーツ、横浜市におけるIRライセンス取得に向けた活動中止を発表

日本における開発機会を引き続き模索

メルコリゾーツ&エンターテインメント(以下、メルコリゾーツ)は、本日、横浜市における統合型リゾート開発の権利取得に向けた活動を中止することを発表いたします。当社は、引き続き日本にコミットし、国内での開発機会を模索してまいります。
メルコリゾーツ会長兼最高経営責任者(CEO)であるローレンス・ホーは、次のように述べています。
「ここ数年、当社はパートナーと協力して、横浜を世界的観光地とするような、横浜のユニークな特性と文化を反映したワールドクラスのIR提案に注力してきました。アジアのプレミアムセグメントに焦点を当て、品質とクラフトマンシップへのこだわり、そして世界的なエンターテインメントデスティネーションを実現することをコンセプトに、私たちは、メルコリゾーツのクオリティーにフォーカスしたパートナーシップを大切にするアプローチで、世界で最も先進的な保護措置を策定し、厳格な倫理的なビジネス行動に基づく過程を経て、このリゾートを設計し、提案を行いました。」

「残念ながら、横浜市民の同意を得られず、明確な評決が市長選によってくだされました。IR反対を掲げて立候補し、当選した新市長の方針により、私たちが目指してきた横浜でのIR実現の扉は正式に閉じられたことになります。大変遺憾ではありますが、これまでの過程を通じて形成された友情に感謝するとともに、多大なご支援をいただいた横浜市の皆様、自治体、ビジネスやコミュニティパートナーの皆さまに心からお礼を申し上げます。」

「メルコリゾーツは10年以上に渡り、日本の長期的な可能性を固く信じ、日本における世界最高の統合型リゾートの開発に取り組んでいます。横浜オフィスは閉鎖しますが、都内オフィスは維持し、今後も日本での開発機会を模索してまいります。」

 メルコリゾーツの日本におけるビジョンについてはこちらのマイクロサイト(https://www.melco-resorts.com/en/our-vision-in-japan.html )よりご確認いただけます。地域社会の一員として、当社は持続可能な開発への貢献、中小企業や地域コミュニティへの投資や関与、日本独自の文化遺産の保護活動などを通じ、地域のパートナーと価値観を共有してまいりました。
 

こちら(https://youtu.be/l09ZecNNzOA)から、メルコリゾーツの横浜IR構想をビジュアル化した動画をご確認いただけます。

これには、最高品質のワールドクラスのホテルやレストラン、比類のないMICE施設、国内外のブランドの旗艦店が集まるリテール・ビレッジ、劇場や美術館、野外フェスティバルゾーンを備えたカルチャーセンター、著名アーティストデザインによるウォーターパーク、さらには話題の世界的テニスプレーヤーでありメルコのスポーツ・ディレクターでもある大坂なおみ氏がデザインしたスポーツ&ウェルネスセンターなどが登場します。この提案は、横浜を世界有数のプレミアムな観光地に発展させ、国内外の観光客に横浜と日本のユニークな文化を体験してもらうための洗練された観光ランドマークを作ることを目的に作成されました。
 

こちら(https://youtu.be/PuEgwhU_aEs)からは、日本人テニスプレーヤーとして初めてグランドスラムタイトルを獲得した大坂なおみ選手とメルコリゾーツのパートナーシップを紹介する動画をご確認いただけます。
2019年10月、当社はなおみ選手をメルコリゾーツの横浜IR入札に向けたブランド・アンバサダー及びスポーツ・ディレクターに招聘しました。なおみ選手はこの役割の中で、リゾートにおけるスポーツとウェルネスの提案を定義し、横浜に世界最高のIRを建設するという当社の公約に貢献しました。
 

こちら(https://youtu.be/gotBuq2VYgg)からは、地元の中小企業への支援や、地域の文化遺産保護など、メルコリーゾーツの横浜コミュニティへの取り組みを紹介した動画をご確認いただけます。







メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドについて
米国預託株式(ADS)を米国NASDAQ グローバル・セレクト・マーケット(Nasdaq:MLCO)に上場するメルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドは、アジア及びヨーロッパにおける統合型リゾート施設の開発・所有・運営を行う会社です。当社は、現在、マカオのタイパ地区にある統合型リゾート、アルティラ・マカオ(www.altiramacau.com)およびマカオのコタイ地区にある統合型リゾート、シティ・オブ・ドリームス(www.cityofdreamsmacau.com)を運営し、マカオのコタイ地区にある映画をテーマとした統合型リゾートであるスタジオ・シティ(www.studiocity-macau.com)の株式の過半数を所有するとともに運営し、ノンゲーミングとしてはマカオ最大の電子ゲーミング・マシンの運営を手がけるモカ・クラブ(www.mochaclubs.com)を運営しています。また、フィリピンでは当社子会社が統合型リゾート施設、シティ・オブ・ドリームスマニラ(www.cityofdreams.com.ph)を運営しています。ヨーロッパでは、キプロス共和国においてシティ・オブ・ドリームスメディテレーニアン(www.cityofdreamsmed.com.cy)を現在建設中であり、ヨーロッパにおいて最大であり最もプレミアムな特定統合型リゾートになると期待されています。当社は、現在、キプロス共和国において、同国で最初に認可されたカジノとして臨時カジノを、そして、4つのサテライトカジノの営業を認可されております(これらを合わせて「キプロスにおけるカジノ」とします。)。シティ・オブ・ドリームスメディテレーニアンの開業により、当社は臨時カジノの営業を終了する一方で、カジノの経営を継続します。詳しくは、www.melco-resorts.com をご覧ください。当社の筆頭株主は、ローレンス・ホーが率いるメルコ・インターナショナル・ディベロップメント・リミテッドです。同社は香港証券取引所に上場しています。
 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン株式会社 >
  3. メルコリゾーツ、横浜市におけるIRライセンス取得に向けた活動中止を発表