【デイワーク領域初!】デイワークアプリ『ワクラク』が愛知県でサービス提供を開始

~名古屋市を中心に50店舗が利用開始、愛知県の人材不足解消へ~

日本最大級のデイワークアプリ「ワクラク」を運営するWakrak株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:谷口怜央、以下「Wakrak」)は、デイワーク領域で初となる愛知県でのサービス提供を開始し、名古屋市を中心とした約50店舗でワクラクの利用を開始します。

 

 

 「ワクラク」は登録者6万人を超える日本最大級のデイワークサービスです。 デイワークとは、「1日単位のワーク探し」「面接なしで雇用契約締結」「給与振込申請」が行えるものを指しています。働き手は、アプリ内で雇用契約書を発行し締結することができ、その後は当日職場に行くだけ。履歴書や面接準備をする必要がなく、好きなタイミングで働くことができます。

 人手不足が深刻化する中、飲食店を中心にサービス導入が進み、導入企業や店舗のアカウント数が1,500件を突破いたしました。また、企業側とワーカーのマッチング率は90%を超え、企業側が求人を掲載してすぐに人が集まる即時性が、満足度の向上に繋がっています。


■愛知県でのサービス提供を開始
 デイワークアプリ「ワクラク」は、2018年10月のサービスリニューアル以来、関東を中心に6都道府県にサービス提供エリアを拡大して参りました。今回、東海エリアでは初の愛知県にサービス提供が開始され、提供エリアを7都道府県まで拡大することとなりました。

 Wakrakは2018年10月に01Boosterと愛知県庁が主催の「あいちアクセラレーター2018」に採択されました。本プログラムは、愛知県内企業がこれまで培ってきたモノづくりの伝統や技術・技能の強みと、起業家のアイデアをかけ合わせることで、世の中に新しい価値を生み出すことを目的としています。

 2019年5月現在で愛知県での契約店舗数は50店舗を超えており、今後も愛知県庁全面バックアップのもと、愛知県内の人手不足に課題を持つ企業様に対してワクラクの導入を進めて参ります。


■応援メッセージ
愛知県経済産業局 産業部 産業振興課 次世代産業室 主査 辻本芳明様

 「ワクラク」は、足元の人手不足への対応のみならず、将来的にはSociety5.0時代の"新しい働き方"を促進するものとして、大きな期待があります。「あいちアクセラレーター2018」発のイノベーションの担い手として、ますますのご活躍を応援しています。


■ジェイプロジェクト様 導入インタビュー

 今回は、全国70業態173店舗(愛知県では74店舗)を展開している名古屋市に本社を置く外食企業のジェイプロジェクト様にワクラク導入のインタビューを行いました。現在は首都圏のみの利用ですが、ご好評により今後は愛知県でも利用を拡大していく予定です。

-導入のきっかけを教えてください
 昨今の外食産業の人手不足に私たちも例外なく悩んでおりました。求人媒体に載せても思ったように人が集まらないので、他に何かコストを抑えて採用できるツールはないかと探していました。そんな時にワクラクのご提案をいただいたのがきっかけです。

-ワクラク導入後の人手状況はいかがでしょうか
 すごく助かっています!「えどわん」という店舗では、東京23区中心の店舗なので募集を出すとすぐにマッチングしています。ワーカーさんのドタキャンもほとんどなく、みなさん真面目に働いてくださるいい方がとても多いです。来てくださる方たちはみなさんいい方たちです。

- これからどのようにワクラクを使っていきたいですか
 飲食業界はどうしても人が少なくなったり増えたりする波があるので、スタッフを一定に保てるような使い方をしていきたいと思っています。ワクラクをうまく利用しながら既存のスタッフたちに負担をかけないレベルまで持っていけるのが目標です。

▼導入インタビューの続きはこちら
https://www.wakrak.jp/case/jproject/

 今後も、サービス提供エリア、業界の拡大及び、「ワクラク」で取り扱う職種の幅を広げることを視野に、ミッションである"いつでも、どこでも、なんでも、好きなことができる世界を作る"の実現に向け、「時間」にも「場所」にも「会社」にも縛られない新たな働き方を実現するサービスの開発・提供に尽力して参ります。


■「ワクラク」サービス概要
 『ワクラク』を使うワーカーは「アプリのダウンロード」「プロフィールの入力」「ワークの契約」の3ステップで仕事が決定でき、履歴書や面接を受ける必要がなく、スマホ一つで完結します。この手軽さと1日単位で働けることが大学生やフリーター、主婦の方と相性がよく、登録者(ワーカー)数は6万人を越えました。一方で、現在利用している企業は、都内や近郊の大衆居酒屋からカフェ、高級レストランといった飲食店やEC企業、イベント会社、ホテルなど幅広い業種で活用されています。募集の日時や内容を専用の管理画面で入力するだけで簡単にアプリに反映され、契約者が現れると通知が届き、契約書と顔写真や名前、年齢、プロフィールを確認するだけです。

▼ワクラクWebサイト
https://www.wakrak.jp/


■代理店企業の募集について
 都内においては既に月間数千件のワークが行われるまでに成長しているデイワークアプリ『ワクラク』では、首都圏・愛知・大阪・福岡での代理店様を募集しています。契約内容は柔軟にご対応できますので、ご興味のある会社様はこちらまでご連絡ください。
HP:https://www.wakrak.jp/   メール:info@wakrak.jp


■会社概要
【Wakrak株式会社】
代表取締役:谷口怜央
所在地:東京都港区南青山1丁目12-3LIFORK N212
URL:https://corp.wakrak.jp/
設立:2017年6月2日
事業内容:デイワークアプリ「ワクラク」の企画・開発・運営
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Wakrak株式会社 >
  3. 【デイワーク領域初!】デイワークアプリ『ワクラク』が愛知県でサービス提供を開始