サッカークラブFC今治が365日賑わいの創出を目指す新スタジアム「里山スタジアムプロジェクト」の概要を発表

今治市をホームタウンとするサッカークラブ、FC今治(株式会社今治.夢スポーツ)は、株式会社梓設計(本社:東京都大田区、社長:杉谷文彦)と共に、2020年1月から基本設計を進めてきた新スタジアムプロジェクト、「里山スタジアムプロジェクト」のwebサイトがオープンしたことをご報告いたします。2023年開業に向けて2021年4月から実施設計に着手する予定で、今後も地域の皆様と共に、新スタジアム実現に向けてプロジェクトを推進してまいります。

新スタジアムプロジェクトのコンセプトは「里山スタジアム」。サッカースタジアムを核に、地域とヒトをつなぎ、人々の感性を呼びおこす、次世代の文化・交流拠点を目指します。ヒト、モノ、コトが集積し、自然・景観と共生しながら、今治の魅力を再発見するみんなの居場所づくり、また、人々のリアルな交流や感動を生みだし、子どもからお年寄りまで多世代に渡って、訪れる人々を元気にする新スタジアムを核とした地方創生に取り組んでまいります。

里山スタジアム特設サイトURL : http://satoyamastadium.com/

【里山スタジアム】を形成する仕掛けづくり
【里山スタジアム】は、365日の賑わいを創出する仕掛けをふんだんに盛り込みました。サッカーの試合日は、お祭りのようなワクワク感を演出する「里山」空間に加えて、臨場感あるピッチに近い観戦環境、VIPルームや多様な観戦環境を生み出す「里山ボックス」、スマートテクノロジーの導入など、試合をより楽しんでいただける最先端のサッカースタジアムとします。また、試合のない日も訪れる人々が関わり合いながらゆっくりと憩え、様々なアクティビティも体験できる開かれたスタジアムを目指しています。訪れる季節や時間ごとに違った風景を見せる「里山」空間は地域の皆様と共に創り上げていきながら、常に進化し続けます。地域や自然環境との連携や循環の中で成長し続ける<里山スタジアム>は、今後、何世代にもわたって愛され、まちのシンボルとなっていくことを目指します。
 

 


【里山スタジアム】計画概要
所在地:愛媛県今治市高橋ふれあいの丘
用途:サッカースタジアムなど
敷地面積:約48,500㎡
事業主:株式会社今治. 夢ビレッジ
基本・実施設計者:株式会社梓設計
ランドスケープデザイン協力:高野ランドスケーププランニング株式会社
施工者:りんかい日産建設株式会社、四国通建株式会社

今後のスケジュール(予定)
2021年3月                          基本設計完了
2021年4月〜2021年10月     実施設計
2021年11月                        着工
2023年1月                        竣工
2023年2月                         供用開始
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社今治.夢スポーツ >
  3. サッカークラブFC今治が365日賑わいの創出を目指す新スタジアム「里山スタジアムプロジェクト」の概要を発表