Slack、内閣府「地域未来構想20 オープンラボ」に13の政策分野で参画

Slack Japan株式会社(本社:東京都千代田区、日本法人代表 佐々木聖治、以下Slack)は本日、内閣府「地域未来構想20 オープンラボ」に13分野の専門家企業として参画したことをお知らせします。
 


内閣府では、「新しい生活様式」の実現等に向けて、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」を活用し、地域で取り組むことが期待される政策分野を「地域未来構想20」として公開しています。「地域未来構想20 オープンラボ」は、この取組みを後押しするために開設されたもので、「それぞれの分野に関心のある自治体」、「各分野の課題解決に向けたスキルを有する専門家(民間企業等を含む)」、「関連施策を所管する府省庁」を含めた3者のマッチングを支援しています。

Slackにとって、日本は北米に次ぐ世界第二位の市場であり、IT関連企業をはじめ製造業から教育機関まで、業界や規模を問わず幅広い組織のコミニュケーションに利用されています。直観的なインターフェースが、ITの知識に関わらず使い始めやすいデザインとなっているほか、過去の履歴を共有・蓄積・検索できるので、人事異動や業務の引継ぎなども効率的に進めることができます。また、高度なセキュリティ機能により、各自治体で取り扱う機密性の高い情報も安全にやりとりすることが可能になります。

今回Slackは、「地域未来構想20」で提示されている20の政策分野のうち、以下の13分野の専門家企業として登録されています。
  1. 発熱外来
  2. 行政IT化
  3. 防災IT化
  4. 脱炭素社会への移行
  5. スーパーシティ
  6. 地域経済可視化
  7. 教育
  8. 医療
  9. 地域交通体系
  10. リビングシフト
  11. ハートフル
  12. 地域商社・観光地域づくり法人(DMO)
  13. 物流の進化

*各自治体からのお問い合わせは以下のフォームより受付けています。
https://slack.com/intl/ja-jp/contact-sales


<参考資料>
内閣府「地域未来構想20 オープンラボ」HP 
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/miraikousou20_openlabo/index.html
Slack Japanカスタマー事例の紹介
https://slack.com/intl/ja-jp/customer-stories


Slackについて
Slack はチャンネルをベースとしたメッセージプラットフォームの先駆者です。私たちはこれまでビジネスコミュニケーションのあり方を大きく変えてきました。今や何百ものユーザー企業の皆さまが Slack を使ってチームの目指す方向を揃え、使うシステムを 1 カ所にまとめ、ビジネスを前に進めています。安全かつ世界最大規模の企業に対応できるエンタープライズ級の環境を提供できるのは Slack だけです。
たくさんのビジネステクノロジーが存在するなかで、Slack はまったく新しいレイヤーだと言えます。「一緒に働く」がより効率的になり、使っているすべてのソフトウェアツールやサービスを 1 カ所にまとめられ、必要な情報が簡単に見つかる場所。つまり Slack は仕事の中心なのです。
HP:https://slack.com/
公式画像素材:https://brandfolder.com/slack

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Slack Japan株式会社 >
  3. Slack、内閣府「地域未来構想20 オープンラボ」に13の政策分野で参画