ティ・アイ・エル株式会社は Plug and Play Japan アクセラレーションプログラムSummer/Fall 2020 Batchに採択されました。

AIボイスレコーダーソリューション「RECORiS」を提供するティ・アイ・エル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 藤浪 慧、以下「TIL」)は、Plug and Play Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ヴィンセント・フィリップ、以下「Plug and Play Japan」)が主催する、アクセラレーションプログラムのSummer/Fall 2020 Batchの「Mobility」部門で採択されたことを発表いたします。
本アクセラレーションプログラムは、2020年6月〜2020年9月期で実施するSummer/Fall 2020 Batchで(IoT、Fintech、Insurtech、Mobility、Brand & Retail、Hardtech & Health)の6つの事業テーマにおいてPlug and Play Japanの公式パートナーである大手国内企業と連携の機会を得ます。
TILが採択された「Mobility」部門では、国内外スタートアップから16社(国内5社、海外11社)が最終選考を通過いたしました。

※本プログラムにおけるPlug and Play Japanのパートナー企業と採択スタートアップのリストは下記Plug and Play Japanのプレスリリースをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000071.000028153.html

■ Plug and Play Japan が提供するアクセラレーションプログラムとは


Plug and Play Japan コーポレートパートナー企業とともに、業界などの“テーマ”を主軸として、国内外のスタートアップをグローバルレベルのスタートアップへと支援していく約3ヶ月のプログラムです。
TILはこのプログラムを通じて、複数のコーポレートパートナーのリソースを活用でき、幅広く多数の大企業との連携の機会を得られます。また、グローバル展開を目指すスタートアップは本社Plug and Play のメンターによるメンタリングやシリコンバレーでのピッチの機会、グローバルマーケットへのアクセスも可能です。
今期採択されたスタートアップの国内/海外比率は、国内39%(41社)・海外61%(63社)という結果となりました。

※アクセラレーションプログラムとは
大手企業がスタートアップと協業・出資などを目的とし、オープンイノベーションの一環として期間限定で行われるプログラム。

■ Plug and Play について
Plug and Play は、革新的な技術やアイディアを持つスタートアップを大手企業とともに支援するグローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーターです。
2019年は60を超えるアクセラレーションプログラムを実施し、400社超の企業へイノベーションを提供しています。また、投資件数において世界で最も活発なベンチャーキャピタルです。2006年の創立から、2,000社を超える企業をアクセラレートし、70億ドルを超える資金調達を達成しています。
シリコンバレー本社には年間を通して500社以上のスタートアップが入居しています。昨年2019年はプログラムを通じて、米国本社では549社以上の、グローバルでは1,450社を超えるスタートアップを支援しました。現在、世界16カ国30拠点以上に拡大し、Plug and Play Japan はその日本支社として、2017年7月に設立されました。

Plug and Play Japan株式会社 http://japan.plugandplaytechcenter.com/

■ ティ・アイ・エル株式会社について
代表者 : 代表取締役 藤浪 慧
所在地 : 〒102-0073東京都千代田区九段北1丁目12番4号
設立 : 2017年10月
事業内容 : IoT、AIテクノロジーを用いたソリューションの研究及び
企画・開発 
URL : https://tilab.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ティ・アイ・エル株式会社 >
  3. ティ・アイ・エル株式会社は Plug and Play Japan アクセラレーションプログラムSummer/Fall 2020 Batchに採択されました。