東京の保育士不足緩和に向けて連携

~株式会社global bridge HOLDINGSと株式会社ウェルクスが資本提携

首都圏と大阪市などで「あい・あい保育園」をはじめとする認可保育園・小規模保育施設を運営する株式会社global bridge HOLDINGS(東京都墨田区、代表取締役CEO・貞松成、以下「グローバルブリッヂHD」といいます)と、保育士・幼稚園教諭専門の転職支援・人材派遣サービス「保育のお仕事」などを運営する株式会社ウェルクス(東京都台東区、代表取締役社長・三谷卓也、以下「ウェルクス」といいます)は2月13日(木)、資本提携契約を締結いたしました。
今後、両社は共同で東京都内の待機児童問題に対応するため、新設する保育所への保育士の確保をはじめとした新たな取り組みを始めます。

東京都庁にて会見に臨んだ二人(左から三谷卓也 貞松成)東京都庁にて会見に臨んだ二人(左から三谷卓也 貞松成)


【資本提携の背景と目的】
保育所への入所を希望しながら入所できない待機児童は、東京都で3,690人(2019年4月1日現在)です。しかし、希望した認可保育所などに入れず、やむなく認可外施設に通うなどのいわゆる「隠れ待機児童(潜在的な待機児童)」は1万8,034人に上り、年々増加傾向にあります※1

一方、東京都内の保育士の有効求人倍率は、ここ数年およそ6倍前後で推移しており※2、保育士不足は依然として深刻です。待機児童問題の解消には、保育所の新設が不可欠ですが、東京都においては、保育士不足が大きな要因となって新たな保育所の設置が進みにくい状況にあります。

さらに、昨年10月から実施された幼児教育・保育の無償化により、今後、保育サービスへの需要はより高まり、保育士不足がさらに加速するものと考えられます。

こうした状況を踏まえ、東京都内を中心に認可保育所の新設を目指すグローバルブリッヂHDと、保育士の採用代行を含めた保育人材のソリューション事業の構築を目指すウェルクスは、互いの強みを生かし、保育人材の確保に向けた取り組みを連携して推進していくことになりました。

※1 厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ」(20199月公表)
※2 厚生労働省「一般職業紹介状況(職業安定業務統計)

【資本提携による今後の展開】
今回の資本提携により、グローバルブリッヂHDとウェルクスは、保育人材の確保に向けた提携を強化いたします。

グローバルブリッヂHDは、東京都内を中心に新設する保育所に、約23万人が登録するウェルクスの保育人材サービスを活用し、質の高い保育士を確保することにより、認可保育所の新設を推進します。保育士が不足した施設に対しても、速やかに人材を補充することができるようになります。
また、保育士の業務をサポートする支援システム「Child Care System」(CCS)の一層の拡大を目指します。

ウェルクスは、採用代行業務を含めた総合的な保育人材ソリューション事業をより強化するとともに、保育事業者との協力関係の構築により、今後の新サービス等の開発において、より利用者のニーズに即したサービスを提供できるようになります。また、IPOに向けた人材交流も行っていきます。

グローバルブリッヂHD会社概要】
社名:株式会社global bridge HOLDINGS(東証マザーズ6557)
設立:2007年1月
代表:代表取締役社長CEO 貞松成
本社:東京都墨田区錦糸1‐2‐1アルカセントラル16F
資本金:107,825千円
社員数:1,221名(365名) ※臨時雇用者数は年間平均人数を記載
事業内容:
 ・保育事業:直営保育施設の運営(東京・千葉・神奈川・大阪などで56施設)
 ・介護事業:放課後デイサービス・老人介護施設運営
 ・ICT事業:保育業務支援システムの開発・販売
 ・その他:不動産の賃貸借・研修事業など

ウェルクス会社概要】
社名:株式会社ウェルクス
設立:2013年4月
代表:代表取締役社長 三谷卓也
本社:東京都台東区上野3‐24‐6上野フロンティアタワー13F
資本金:100,000千円
社員数:164名(2019年3月末時点 パート社員含む)
事業内容:
 ・保育士、幼稚園教諭に特化した転職支援サービス
 (保育サービス登録者数、約22万8,000人 うち有資格者17万8,000人)
 ・介護職、栄養士に特化した転職・支援サービス
 ・保育、介護業界の特化した求人広告サービス
 ・保育、介護に関するメディア運営
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 global bridge HOLDINGS >
  3. 東京の保育士不足緩和に向けて連携