ネットアップ、最新ラインナップのミッドレンジ向けオールフラッシュ AFF A320および統合ストレージOSのONTAP 9.6を発表

※本リリースは米国時間5月8日にNetApp本社が発表した英文リリースの抄訳です。

カリフォルニア州サニーベール— 2019年5月8日 — ハイブリッド クラウド環境におけるデータ管理のオーソリティ、ネットアップ(NASDAQ:NTAP)は本日、NetApp® ONTAP® 9.6と、新しいミッドレンジのエンドツーエンドNVMe AFF A320ストレージ システムを発表し、さらに、企業がデータから最大の価値を引き出せるようサポートするサービス ポートフォリオの拡充について発表しました。
 
クラウド対応ソリューションはネットアップのデータ ファブリック戦略の要素であり、イノベーションを支え、卓越したパフォーマンスをもたらすとともに、人工知能や5Gネットワークといった極めて要件の厳しいデータセットとテクノロジを活用するために必要な簡易性、運用効率、保護を提供します。パブリック クラウド、プライベート クラウド、オンプレミスの環境にまたがるデータ ファブリックを企業が独自に構築するために必要なものをすべて提供しているのは、ネットアップだけです。ネットアップのソリューションでこのデータ ファブリックを構築することによって、ユーザを魅了するアプリケーションを提供し、情報を優れた競争力に変える分析を実現できます。

「企業がデータをより重視した新しいビジネス モデルに移行する中で、データは重要な戦略リソースとなり、データ可用性の要件が高まっています」と、IDCのInfrastructure Systems, Platforms and Technologies Groupのリサーチ担当バイス プレジデント、Eric Burgener氏は述べています。「ネットアップのクラウド対応フラッシュ ソリューションをデータ ファブリック戦略と組み合わせることで、ハイブリッド クラウド インフラにデジタル変革を求める企業にとって必要なパフォーマンス、可用性、即応性、簡易性が実現し、革新的なビジネス チャンスが創出されます」

「5Gネットワークなど、まもなく実現する進歩から見えてくるのは、企業はこれまでにない方法で膨大な量のデータを生成、収集、伝達できるようになり、それに対応できない企業は圧倒されるだろうということです」と、ネットアップのストレージ システムおよびソフトウェア担当エグゼクティブ バイス プレジデント、Joel Reichは言います。「NetApp ONTAPを使用することで、企業がデータから最大の価値を引き出せる、スマートで高機能な信頼性の高いソリューションが実現し、こうした膨大なデータを扱うテクノロジと最先端の技術革新によって生じる課題を克服することができます」

ハイブリッド クラウドで価値を最大化
ONTAP 9.6データ管理ソフトウェアは、アプリケーションを無理なく高速化し、将来のニーズに対応できるシンプルで安全なインフラを提供することにより、あらゆる規模の組織がデータから最大の価値を引き出し、新しいデータ主体への取り組みを可能にします。ONTAP 9.6では、次の機能が拡張されています。

 ●NVMe over Fibre Channel(NVMe / FC)のエコシステムが拡大され、Red Hat LinuxとSUSE Linuxに加えてVMware ESXi、Microsoft Windows、Oracle Linuxホストが追加され、ストレージ パスの耐障害性が提供されます。ほとんどのワークロードでNVMe / FCのパフォーマンスを体感できます。

 ●FabricPoolで、Microsoft Azure、Amazon Web Services(AWS)、IBM Cloud Storageに加えて、Google Cloud PlatformとAlibaba Cloudのサポートが追加されました。コールド データを主要なパブリック クラウドまたはNetApp StorageGRID®プライベート クラウドに自動的に階層化することで、プライマリ ストレージのコストを削減できます。

 ●NetApp FlexCache®ソフトウェアでNetApp Cloud Volumes ONTAPのサポートが追加され、ハイブリッド クラウド環境にFlexCacheのメリットがもたらされるようになりました。

 ●NetApp SnapMirror®テクノロジ向けのネットワーク上での暗号化とFlexCacheにより、データ レプリケーションとリモート キャッシングのセキュリティが向上します。

 ●NetApp MetroCluster™におけるエントリレベルのNetAppAFFとFASシステム向けIPサポートにより、拠点間にあるお客様の既存のIPネットワークが活用できるようになり、ビジネス継続性が企業にとって対費用効果の高い選択肢になりました。 

新しいミッドレンジのエンドツーエンドNVMeシステム
ネットアップは昨年、業界初のエンドツーエンドNVMeシステムであるAFF A800を発表しました。このシステムでは、業界屈指のパフォーマンスと比類のないデータ サービスを実現し、それを業界で最も効果的な容量削減保証によって裏付けています。今回の発表では、これらのメリットをミッドレンジ市場にも拡大しました。AFF A320システムには次のような機能があります。

 ●従来のエンタープライズ アプリケーションに加えて、人工知能やディープ ラーニング、分析、超低レイテンシのデータベースといった新しいエンタープライズ アプリケーションを高速化できます。

 ●高性能なシステムでアプリケーションを統合することにより、データセンターのコストを削減できます。

 ●NVMeテクノロジ、100GbEイーサネット、クラウド統合によって、お客様の環境を将来のニーズに対応できるものにします。

より広範な顧客ニーズを満たせるように拡充されたサービス ポートフォリオ標準に基づいたネットアップのベストプラクティスと専門性の高いエンジニアを活用して、効率とパフォーマンスを高め、業務の中断やデータ損失を防ぐことができます。ネットアップの拡充されたサービス ポートフォリオには、以下が含まれます。

 ●SupportEdge Prestige:優先的な電話取り次ぎによって迅速に問題を解決する、ハイタッチなコンシェルジュ並みのテクニカル サポートを提供します。お客様には、ネットアップのエキスパートで構成される指定チームが割り当てられ、専用のレポート、ツール、ストレージ環境の正常性評価が提供されます。

 ●階層化された導入サービス:新しいネットアップ テクノロジの導入によるメリットがいち早くもたらされ、誤ったインストールや設定ミスのリスクが軽減されます。3つの新しい高品質オプションとして、Basic、Standard、Advancedの導入サービスがあり、それぞれお客様のビジネス目標に合わせて調整されます。

 ●マネージド アップグレード サービス:リモートで提供されるサービスであり、セキュリティ パッチとファームウェア アップグレードをすべて適用してネットアップ ソフトウェアを常に最新の状態に保つことにより、セキュリティ リスクを軽減します。

関連資料
AFF Aシリーズ

https://www.netapp.com/us/products/storage-systems/all-flash-array/aff-a-series.aspx(英文)
ONTAP
https://www.netapp.com/us/products/data-management-software/ontap.aspx(英文)


ネットアップ合同会社について 
ネットアップ合同会社は、ハイブリッド クラウドのデータに関するオーソリティです。クラウド環境からオンプレミス環境にわたるアプリケーションとデータの管理を簡易化し、デジタル変革を加速する包括的なハイブリッド クラウド データ サービスを提供しています。グローバル企業がデータのポテンシャルを最大限に引き出し、お客様とのコンタクトの強化、イノベーションの促進、業務の最適化を図れるよう、パートナー様とともに取り組んでいます。詳細については、www.netapp.com/jpをご覧ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ネットアップ合同会社 >
  3. ネットアップ、最新ラインナップのミッドレンジ向けオールフラッシュ AFF A320および統合ストレージOSのONTAP 9.6を発表