DAC、CDN 環境を Fastly に集約し、ログの可視化と運用のセルフサービス化を実現

月間230億リクエスト、300TB 超の配信処理、30秒以内のパージ処理、配信費用の3割削減に成功

グローバルでエッジクラウドプラットフォームを提供する Fastly, Inc. (NYSE: FSLY、https://www.fastly.com/ ) は、広告・マーケティングビジネスを展開するデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:島田雅也、以下 DAC)が 同社の CDN 環境を Fastly に集約し、ログの可視化と運用のセルフサービス化を行いました。

導入の経緯および導入効果について、DAC は以下のように述べています。

DAC では、 DMP(データマネジメントプラットフォーム)の「AudienceOne®」や、LINE の Messaging API に連携したメッセージング管理ソリューション「DialogOne®」など多様なサービスを提供しており、10を超えるサービス全体で月間100億を超えるリクエストが発生していました。JavaScript などで作られた静的な設定ファイルを効率的に配信すべく、以前から CDN を活用していましたが、複数の CDN を併用しており、ガバナンスやコストに関する課題を抱えていました。

DAC は、設定のコード化による管理業務の簡素化、コスト削減、ログ収集によるデータ解析および活用、担当者自身で設定変更が可能なセルフサービス化、パージ処理の迅速化が実現できることから、総合的な CDN 基盤として Fastly を採用することを決定しました。

現在は、10を超えるサービスの CDN 基盤として Fastly が運用されており、月間230億リクエスト、300TB を超える配信を処理しています。Fastly に CDN 環境を集約したことで、配信量を含めたログの迅速な可視化を実現し、CDN による配信費用も全体で3割ほど削減することに成功しました。

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 プロダクト開発本部 ディレクターである春名 光一氏は、次のように述べています。「分かりやすい設定言語である VCL が備わった Fastly であれば、管理のためのコード化など我々の考えている環境が整備できると考えました。以前は機能制約からパージするまでに半日程度必要でしたが、今は30秒以内にはパージ処理が可能となっています。また、以前はログ取得に数日を要していましたが、管理画面で状況把握が迅速になる点も魅力的でした。最適な顧客体験を生み出す手法の1つとして、今後も Fastly 活用の幅を広げていきたいと思います。」

詳細はこちら ( https://www.fastly.jp/img/customers/pdf/2101_case_study_dac_web.pdf ) をご覧ください。
 


Fastly について
Fastly は、誰もが好きなこととより深くつながっていられるようサポートしています。Fastly のエッジクラウドプラットフォームにより、お客様はエンドユーザーに限りなく近い、インターネットのエッジでアプリケーションを処理、提供、保護し、優れたデジタルエクスペリエンスを迅速、安全、かつ確実に提供することができます。エッジクラウドプラットフォームは、最新のインターネット技術を活用し、高い可視性と低遅延により、プログラマブルでスピード感のあるソフトウェア開発に対応するよう設計されており、パフォーマンスとセキュリティ両方の観点から開発者のイノベーションを支援します。Fastly のお客様には、国内では日本経済新聞社、メルカリ、クックパッド、サイバーエージェント、海外では Vimeo、Pinterest、The New York Times、GitHub など、世界的に著名な企業が多数含まれます。詳細は Fastly.jp ( https://www.fastly.jp/ ) をご覧ください。また、Twitter@FastlyJapan ( https://twitter.com/FastlyJapan ) でも最新の情報を提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Fastly株式会社 >
  3. DAC、CDN 環境を Fastly に集約し、ログの可視化と運用のセルフサービス化を実現