LINE Botを活用した生活相談・情報提供サービス「POPOLO生活相談ナビ」の運用開始

この度、一般社団法人 コード・フォー・ジャパン(以下、Code for Japan/代表理事 関 治之)は、一般社団法人 シビックテック・ラボ(以下、CivicTechLab/代表 市川 博之)、特定非営利活動法人 POPOLO(以下、POPOLO/代表理事 望月 健次)と協働で、 LINE Botを活用した生活相談・情報提供サービス「POPOLO生活相談ナビ」の運用を開始しました。
1.サービスの概要
本サービスは、住居、仕事、生活費、食べ物といった生活支援相談に、LINE上のチャットボットが該当する支援を行う行政・市民団体の窓口情報(窓口名称、電話番号など)を提供するものです。

NPO法人POPOLOは、静岡県内でフードバンク事業を通じ、直接、生活困窮者支援を行っています。
新型コロナウイルスの影響で急増する支援要請に向き合う中で、様々な支援窓口への適切な誘導が必要とし、その方法の1つとして、チャットボットの開発を行いました。

生活支援はその内容により、行政・支援団体の窓口が異なります。従来の情報に加え、昨今、新型コロナウイルス関連の支援情報も追加され、複雑になっています。そのため、生活支援が必要な当事者が混乱し、正確な窓口に早くたどり着けず支援が受けられない・支援が遅れるといった問題が生じています。

このサービスは、チャットボットに基本情報を入力することで、一人ひとりに必要な生活支援の窓口情報を提供し、相談者の不安や悩みに 24時間いつでも対応します。また支援に関わる諸団体の相談対応をサポートする役割も果たすことも期待できます。
[LINE Bot] https://line.me/R/ti/p/%40112hmmqm
[画面イメージ]

 

 


ICTを通じて地域の課題解決に実績のあるCivicTecLabがLINE上で手軽に検索できるプラットホームを提供、サービスが必要な方へのアウトリーチは、情報技術を活用して全国の自治体やコミュニティと地域課題解決に取り組む Code for Japanのソーシャル・テクノロジー・オフィサー(STO)創出プロジェクト(*1)がサポートしております。

(*1)STO創出プロジェクトは、社会課題に取り組むNPOへ経営視点からIT導入・支援を行う日本初の職業「ソーシャル・テクノロジー・オフィサー(STO)」の創出を目指している新しい試みです。
https://sto.code4japan.org/

2.今後の展開
全国の支援が必要な方にご利用いただけるようにしていますが、スタート時にはPOPOLOが中心として活動する静岡県の情報を詳細に対応しております。今後は、静岡県での運用の知見をベースに、同様の課題をもつ他のエリアについて随時対応を行う予定です。また、Webベースでのチャットボットもリリース予定です。協働いただけるNPOを募集します。またご意見、ご質問をお寄せください。

Code for Japan、CivicTecLab、POPOLOは、今後もICTの活用と地域に実際寄り添う活動の協働を通じて、正確に迅速に生活支援が必要な方に届く活動を行ってまいります。

3. 各団体について
■一般社団法人コード・フォー・ジャパン
IT技術を活用した地域課題の解決をめざす一般社団法人。市民主体で課題解決を行うコミュニティ作りの支援や、自治体への民間人材派遣などの事業に取り組んでいます。
URL: https://www.code4japan.org/

■一般社団法人シビックテック・ラボ
地域の課題を解決し住みやすい世の中と、チャレンジする人がかっこいい社会を目指す一般社団法人です。
プロジェクト単位で人々がネットワーク化し、多次元セクターを形成をしつつ、市民、自治体、NPOのビジョン〜課題を解決を目指す伴走方で支援、デジタルとデザインが根付く土壌を耕し、未来の産業を育てる人材育成、エビデンスに基づく可視化と合意形成を行います。
URL: http://www.civictech-lab.jp/

■特定非営利活動法人POPOLO
様々な事情を抱えた方々が、自らの意思で決定し幸せな人生を送れるようになることを目指し、行政・企業・関係団体と連携してワンストップの支援を行っています。
URL: http://npo-popolo.org/

4. 本件に関するお問い合わせ先
一般社団法人コード・フォー・ジャパン
ソーシャル・テクノロジー・オフィサー(STO)創出プロジェクト
sto-office@code4japan.org までメールにてお問合せください。
 
  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 コード・フォー・ジャパン >
  3. LINE Botを活用した生活相談・情報提供サービス「POPOLO生活相談ナビ」の運用開始