多拠点ライフプラットフォーム「ADDress」 空き家問題等社会課題を解決し、「#全国創生」の実現に向けて、社会的インパクト投資として資金調達を実施

ー新規拠点として、逗子、習志野、大網白里などオープンー

定額制で全国の家に自由に住める多拠点コリビング(co-living)サービスを展開する株式会社アドレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐別当隆志、以下「ADDress」)は、一般財団法人社会変革推進財団(本社:東京都港区、理事長:坂東 眞理子)、リノべる株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山下智弘)、株式会社アイティーファーム(本社:東京都新宿区、代表取締役:黒崎 守峰)を引受先とする増資、及び株式会社日本政策金融公庫(東京都千代田区、代表取締役総裁:田中 一穂)からの融資による資金調達を実施いたしました。
今後、多拠点コリビングサービスを広げるとともに、全国で進行する人口減少や空き家の増加、都市部への人口集中等の社会課題を解決に向けて関係人口を創出し、社会的インパクトの創出を目指して参ります。

 

【資金調達について】
・定款に企業理念を追加
この度、当社は「#全国創生」プロジェクトの実現に向けて、定款に以下の企業理念を追加し、改めて事業を通じて社会的インパクトを重視する態度表明をいたしました。
「当会社は、人口減少によって発生する空き家増加などの社会課題に対して、多拠点居住を通じて、全ての人が自分の居場所と思える場をいくつも持つことで、 都市と地方の人口をシェアし、関係人口の増加並びに地域活性化に貢献する。」
ADDressは、空き家を活用して多拠点生活を楽しむだけでなく、全国各拠点で起業やまちづくりなど活躍するローカルイノベーターらと連携し、各地で複業や教育、文化、医療活動などにも関わる関係人口の創出を目指しています。すでに教育の面においては、地方のADDress拠点に滞在しながらデュアルスクール(都市と地方の2つの学校へ同時に通学できる仕組み)を実践されている会員ご家族の事例も生まれています。

・出資者との事業連携
出資者の一般社団法人社会変革推進財団は、インパクト評価の知見やネットワークを活かし、ADDressの社会的インパクトの可視化を支援し、地域のエコシステムを生み出すプラットフォームとしての活躍を期待し、連携いたします。
また出資者のリノベるは、リノベーションのノウハウ、全国の不動産会社や金融ネットワークを活かし、全国の空き家活用のパートナーとして協業するとともに、累計2,800件以上の住宅設計・施工してきたオーナーに対し、ADDressを活用した多拠点生活の利用を推進していきます。2月下旬以降、空き家にお困りの戸建オーナー様向けにADDress拠点とリノベるの戸建リノベーションを一緒にご案内するセミナー等の協業案件を順次展開して参ります。


【各社コメント】
一般社団法人社会変革推進財団 代表専務理事 青柳光昌
SIIFは、アドレスの事業が関係人口の増加や地域の活性化など社会に与える効果を評価し、その結果を経営や事業改善に関する意思決定に活かす体制作りを同社経営陣と共同で進めていくことで、同社の成長支援や社会的な効果の拡大を推進してまいります。関係人口の増加が地域に与える影響を明らかにしていくことで、長期的には、更に多様な人々や事業者が地域に呼び込まれ、地域の活性化が促進されることを目指していきます。

株式会社リノべる 代表取締役 山下智弘
リノベるは、ミッションである「日本の暮らしを、世界で一番、かしこく素敵に。」の具現化に向けて、テクノロジーを活用したリノベーションプラットフォームを構築し、更にそれを起点としたLivingTechの拡充に取り組んでいます。ADDress様が目指す多拠点居住を通した全国創生は、Live/Stay/Work/Move/Playがシームレスに融合した、新しい形のかしこく素敵な暮らし、として共感しています。リノベる顧客向けサービス連携や、当社ネットワークを活用した拠点開発、金融サービス連携、当社が全国で推進する遊休資産を活用した1棟リノベーション事業における複合用途提案等、様々な協業を順次展開し、ADDress様の事業拡大、全国創生に貢献してまいります。

株式会社アイティーファーム 代表取締役 黒崎 守峰
現在の日本が抱えている多くの課題をうまく捉えているビジネスモデルだと思っています。
アジアを中心にシェアリングエコノミーは今後益々拡大していくことが見込まれ、
ADDressの他拠点コリビングスタイルと共に一緒に成長できることを楽しみしています。


【全国のADDress拠点マップ:新規オープン拠点含め、全国46拠点へ。】
今月オープンした初のホテル提携拠点としてJR東日本グループが運営する群馬県みなかみ町の「ホテルファミリーオ みなかみ」、および初の旅館拠点長野県山ノ内町の「志賀高原 幸の湯」、栃木県益子町に加え、逗子、茂原、習志野、千倉、大網白里、一宮に新規オープンしました。今後、2月にオープン予定の秦野市鶴巻温泉、北杜市清里、矢板、川上村など加え、4月までに46拠点になる予定です。

 


■新拠点紹介
​<拠点名:逗子A邸> 小坪漁港とリゾートが融合するかわいい港町


<拠点名:茂原A邸>サーフィンを愛する子育て中の家守さんが茂原の魅力をつたえます。


<拠点名:習志野A邸>日用雑貨と飲食店の下町商店街を通り抜けた「ベッドタウンの大豪邸」


<拠点名:千倉A邸>南房総の温暖な気候と風光明媚な漁師町


<拠点名:大網白里A邸>ファミリーでも一人でもくつろげる広いピザ窯デッキのある家


<拠点名:一宮B邸> サーファーの町一宮の駅近の家


【月額制で自由に住める多拠点居住コリビング(co-living)サービス「ADDress」】
ADDress公式サイト :  https://address.love/
「いつもの場所が、いくつもある、という生き方。」
ADDressは、月額制で全国の家(登録拠点)に自由に住める多拠点コリビング(co-living)サービスです。
「#全国創生」をスローガンに掲げ、多拠点居住を通じ、全国活性化及び日本中のコミュニティに新たな関係をつくるライフプラットフォームを提供します。
都市と地方が協力しながら地方への「帰属」そして生活の「回遊」を促進することで、日本全国にコミュニティを築いていく、全国各地の関係人口を加速させる次世代の地方創生の在り方だと考えます。
また、住まいの多拠点ライフプラットフォームADDressと移動プラットフォームが連携し、移動の定額化、日本全国にコミュニティを築いていくMaaS経済圏の実現を目指します。
各拠点は、個室を確保しつつも、シェアハウスのようにリビング・キッチンなどを共有します。空き家や別荘を活用することでコストを抑えながら、リノベーションによる快適な空間を提供し、光熱費、Wi-Fi、共有の家具やアメニティの利用、共有スペースの清掃も含めて月額4万円からの低価格を実現します。会員同士や地域住民との交流の機会も提供し、会員は様々な地域で新たなコミュニティに出会えます。少子高齢化の人口減少時代において、移住ではなく都心部と地方が人口をシェアリングする多拠点居住のサービスを提供します。

【ADDress プレスリリース一覧】
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/40352

【ADDress メディア掲載アーカイブ】
https://note.mu/address/n/n35bc93ea1536 

【ADDress プレスキット】
https://ux.nu/SFgz5

■株式会社アドレス 概要
設立:2018年11月30日
代表取締役社長:佐別当 隆志
本社所在地:東京都千代田区平河町 2-5-3
事業内容:多拠点居住サービスの提供
URL: http://address.love

 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ADDress >
  3. 多拠点ライフプラットフォーム「ADDress」 空き家問題等社会課題を解決し、「#全国創生」の実現に向けて、社会的インパクト投資として資金調達を実施