【フィリピン緊急支援 】 累計2,400以上の支援物資がストリートチルドレンの手に

フィリピンの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う都市封鎖(ロックダウン)で困窮するストリートチルドレンとその家族のため、緊急支援活動に取り組んでいます。

これまでに累計2,400以上の支援物資が、ストリートチルドレンとその家族に配布されました。
認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(所在地:東京都文京区、代表理事:伊藤道雄、以下ACC21)は、フィリピンでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う都市封鎖で困窮するストリートチルドレンとその家族のために、2020年4月3日(金)より緊急支援に取り組んでいます。

ACC21の現地パートナー団体チャイルドホープ・フィリピン財団(以下、チャイルドホープ)は、フィリピン・マニラの路上で暮らす子ども・若者とその家族600世帯を対象に、5月25日までに累計2,427の緊急支援物資を配布しました。また、このほかに、のべ800世帯に対して調理済みの食品を配布したほか、150世帯に衛生キットを配布しました。日本の皆さまからのご寄付は、これらの活動の一部に充てられています。(※1)

大人と同居している場合、支援物資はストリートチルドレンの親に配布されます大人と同居している場合、支援物資はストリートチルドレンの親に配布されます


緊急支援物資を受け取った路上の若者たちの中には、ACC21がこれまで支援してきた「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」に参加した若者60人が含まれています。

■収入が途絶え、困窮する若者たち

彼らにインタビューをしたところ、若者たちの多くは厳しい外出・移動制限が課せられる中、屋内で暮らしていますが、収入が途絶えたことで水道光熱費や家賃の支払い、日用品の購入などが滞っています。

そのような状況を少しでも改善するために、警察や自治体の監視の目をかいくぐりながら、路上での販売、ごみ漁り、荷物運び、トライシクル(三輪タクシー)、物乞いなどでわずかでもお金を稼ごうとする若者もいます。ただし、これらの活動はすべて禁止されており、取り締まりの対象となります(2020年5月時点)。
 

マニラの路上で幼い子どもを育てながら料理を販売するメイベリンさん (「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」参加者、2019年8月撮影、当時19歳)マニラの路上で幼い子どもを育てながら料理を販売するメイベリンさん (「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」参加者、2019年8月撮影、当時19歳)

■制限が緩和されても影響は続く

5月28日、フィリピン政府は、マニラで3月15日から続けてきた外出・移動制限の措置を6月1日以降緩和することを決定しました。フィリピン政府が定める4段階の「コミュニティ隔離措置」のうち、下から2番目となる「一般的なコミュニティ隔離措置(GCQ)」の対象となり、これまで禁止されていた公共交通機関の運行や、人数制限が課せられていた事業所や工場の操業などが許可されるようになります。

しかし、市民の足であるジープニー(乗り合いタクシー)は運行禁止、飲食店は持ち帰りや宅配のみ許可、娯楽施設や観光施設も営業禁止、と市民の生活には大きな影響が続きます。

また、残念ながら、ACC21がチャイルドホープとともに2018年夏から取り組んできた「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」に参加し、就職を果たした若者たちも、過去2か月半の就職先の営業・操業停止によって、職を失う事態が発生しています。

そのため、彼らが再び仕事を見つけ、生活を再建するまでの間、継続的に支援を行っていく必要があります
 

就職や自立に向けてトレーニングに励むエイセルさん (「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」参加者、2019年8月撮影、当時19歳)就職や自立に向けてトレーニングに励むエイセルさん (「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」参加者、2019年8月撮影、当時19歳)

感染の状況でいえば、全国の感染者数が17,224人(うち死亡者950人、治癒3,808人 ※2)で、新規感染者数はここ数日増加傾向にあります。しかし、チャイルドホープからの情報によれば、検査能力に限界があるため、医療従事者や症状のある患者、政治家などへの検査が優先され、路上生活者やスラムの住民への感染の広がりの実態はわかっていません。措置が緩和されることで、さらに感染が拡大することも危惧されます。

このような状況を受けて、ACC21は当面の間、現地パートナー団体・チャイルドホープと協力して、政府から十分な支援が受けられない子どもたちとその家族に食べ物と必要な支援が行き渡るよう、引き続き、緊急支援に取り組んでいきます。
 

緊急支援物資を受け取るストリートチルドレン緊急支援物資を受け取るストリートチルドレン


呼びかけ開始以来、6月1日(月)までに、のべ95名の方から、78万3,090円におよぶご寄付をいただきました。
引き続き、ご寄付を受け付けております。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

※1 配布数は、日本からのご寄付のほか、チャイルドホープが独自に集めた資金によるものを含む全体数です。
※2 感染状況は、2020年5月30日時点の保健省発表データによる。(https://www.doh.gov.ph/2019-nCoV


\「フィリピンの路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」とは?/
ACC21とチャイルドホープは、2018年7月より、フィリピンの首都マニラにて、「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」に取り組み、年間30人の若者が就職・起業するための職業技術やより良い人生を生きてゆくための価値観を身に着けられるよう支援しています。

◇お問い合わせ先
認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)
〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1F
メール:info@acc21.org
電話:03-3945-2615
ウェブサイト:http://acc21.org
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21 >
  3. 【フィリピン緊急支援 】 累計2,400以上の支援物資がストリートチルドレンの手に