【Next X Asia #2 】イノベーションを加速する日本・アジア発エコシステムの構築

BINARYSTAR株式会社は、次世代技術への理解を深め、社会、産業、企業、生活のイノベーションを加速するエコシステム構築を目指して、第2回Next X Asia(ネクスト エックス アジア)カンファレンスを開催いたします。

第1回 Next X Asia は、2019年4月12日に開催し、150名を超える方々にご参加いただきました。
 

 

<Next X Asiaカンファレンス とは?>
Next X Asiaカンファレンスは、次世代技術に関して、主要なプレーヤー間のコラボレーションを提供する場です。シリコンバレーと中国の成功に続く第三の流れとして、「アジア発で世界中に影響を与えるエコシステムの構築」を目指しています。

「日本の底力」と「シンガポールをハブとするアジアの総力」を結集した、アジア発のイノベーションです。

次世代技術が巻き起こすそのイノベーションは、日本での新たな産業創出や世界的な競争力を持つ企業の創出にむけて大きな一歩となります。

国内外の先端的な企業、世界水準の大学、政府機関、起業家、投資家との連携により、次世代技術の応用、展開、発展について理解を深め、議論を促進する場を提供いたします。

<開催概要>
日時:2019年5月16日(木)19:00~22:00時 ※懇親会含む
場所:東京都中央区銀座1丁目8-19 キラリトギンザ11F
費用:1000円
​申込先:https://nxa5japan.peatix.com/view

アジェンダ:

1.はじめに:日本への危機意識とNext X Asiaカンファレンス開催の意義
19:00~19:15
登壇者:赤羽雄二 氏(ブレークスルーパートナーズ株式会社 マネージングディレクター)

2. 特許のビジネス化:産学連携による技術移転から生まれるイノベーションエコシステム
19:15~19:35
登壇者:山本貴史 氏(東京大学TLO 代表取締役)

3. くりぷ豚:Dapps Gameがもたらす顧客体験の新境地
19:35~19:55
登壇者:井上和久 氏(株式会社グッドラックスリー 代表取締役)

4. 世界基準のベンチャー創出:これからの時代で最も必要なグローバル目線とは
19:55~20:15
登壇者:Daryl Arnold 氏(Founder of Ocean Protocol)
(※英→日の同時通訳が入ります。)

5. パネルディスカッション、およびQ&A
20:15~20:35
モデレーター:赤羽雄二氏、パネル:山本貴史氏、井上和久氏、Daryl Arnold氏、

懇親会
20:35~21:30(登壇者及び登壇内容は予告なく変更する場合がございます)

<このような方におすすめ>
・AI、ロボット、IoT、ブロックチェーン、ビッグデータといったキーワードに強い関心がある方
・次世代技術とそのインパクトについて深い関心を持ち、イノベーションへの理解を深めたいと考える方
・次世代技術のより具体的な活用方法、活用ノウハウが知り、活かしたい方

<Next X Asiaカンファレンスの3つの特徴>
1.次世代技術への深い理解を追求
次世代技術によるイノベーションが社会や産業、企業、人間をどのように変えるのか、どういう応用、展開、発展が考えられるのか、議論を尽くし、深い理解を追求します。イノベーションやイノベーションを促進するエコシステムへの知見が深まります。

2.次世代技術のコラボレーションを追求
次世代技術は、組み合わせ連携することで想像を超えたインパクトを実現します。Next X Asiaでは技術間の徹底したコラボレーション、コラボレーションによるブレークスルーの創出をねらいます。

3.日本とシンガポールでの連携開催によるリージョナルコラボレーションを追求
Next X Asiaカンファレンスは、日本とシンガポールで連携し、毎月双方で開催いたします。3月22日のシンガポール、4月12日の日本の第一回開催は質問も相次ぎ、大変好評でした。
https://www.eventbrite.com/e/next-x-asia-ecosystems-from-japan-and-singapore-tickets-58548505155#
https://prtimes.jp/main/action.php?run=html&page=releasedetail&company_id=40830&release_id=15&owner=1

<登壇者詳細>
赤羽雄二 氏
【ブレークスルーパートナーズ株式会社】マネージングディレクター
【BINARYSTAR株式会社】インキュベーションマネージャー・アドバイザー








東大工学部卒業後、コマツにて超大型ダンプトラックの開発。スタンフォード大学大学院に留学後、マッキンゼーにて14年間活躍。マッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させた。
その後、創業前からのきめ細かな支援を特徴とするブレークスルーパートナーズを共同創業、「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すべく活動中。同時に、大企業の経営改革、経営幹部育成、新事業創出に取り組む。
BINARYSTAR、Infinity Blockchain Group、ベトナムの280人規模、アジア最大級のブロックチェーン開発ベンチャーInfinity Blockchain Labs、日本有数のブロックチェーン開発ベンチャー数社に株主およびアドバイザーとして関わる。
経済産業省、総務省などの研究会の委員を歴任。東京大学、電気通信大学、北陸先端科学技術大学院大学 講師。
著書に『ゼロ秒思考』『世界基準の上司』『7日で作る事業計画書』『変化できる人』など、国内20冊、海外16冊、合計71万部。講演多数。(https://b-t-partners.com/bookhttps://b-t-partners.com/event

山本貴史 氏
【東京大学TLO】代表取締役社長








1985年 中央大学卒。(株)リクルートでは、採用関係の営業・企画を約10年間担当した後、産学連携による技術移転のスキームを提案、事業化に向けて始動させる。また米国スタンフォード大学のOTL(Office of Technology Licensing)の創始者である技術移転のニルス・ライマース氏と独占的なコンサルティング契約を交わし、米国の技術移転に関する研究を行う。(株)リクルートにて技術移転を本格事業化した後、2000年に(株)リクルートを退社、(株)先端科学技術インキュベーションセンター(現(株)東京大学TLO)代表取締役社長就任。現在に至る。

井上和久 氏
【株式会社グッドラックスリー】代表取締役社長兼グッドラッカー







1980年生まれ。福岡県出身。東京大学工学部卒業。前職ドリームインキュベータでは、インターネット・モバイル・コンテンツ分野を統括。「ブロックチェーン×エンターテイメントで世界最先端を走る」というビジョンを掲げ、国内初ブロックチェーンゲームの「くりぷ豚」、「クリプトアイドル」、ブロックチェーンアミューズメントプラットフォーム「RAKUN」などを手掛ける。「さわって!ぐでたま」シリーズ 累計400万DL突破。「エアリアルレジェンズ」累計200万DL。地域発企業ドラマ「人生のメソッド」シリーズは、福岡国際映画祭2018上映作品。

Daryl Arnold 氏
【Ocean Protocol】Founder










An entrepreneur experienced in data, marketing, technology and sustainability, Daryl ispassionate about building businesses from the ground-up and had achieved hundred million dollars plus of sales from Asia, Europe and America. Following successful exits in the digital marketing space, Daryl now focuses on Smart Cities, Active Ageing, Civic Innovation, Open Data and Internet of Things.
His Singapore based startups in the last 6 years include:
• Newton Circus (Invention & Investment for Good)
• Ocean Protocol (Decentralised Data Exchange Protocol, Blockchain, Token)
• DEX (Open Source Software & Services for the Data Economy)
• ConnectedLife inc. Silverline Mobile (IoT, MedTech, Independent Living)
• Padang & Co (Open & Corporate Innovation, Start-up Match Making)
• Next Billion (Data Acquisition & Services, Emerging Markets)
• Datacraft Sciences (Advanced Data Science, AI, Data Analytics)
• Level 3 (Innovation and Co-working with Unilever)

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BINARYSTAR株式会社 >
  3. 【Next X Asia #2 】イノベーションを加速する日本・アジア発エコシステムの構築