希望に満ち溢れた世界が広がる夢のレインボウ発生装置「ホロライト・ドリームズ」を開発

~4月1日より貸し出しサービス開始~

※本プレスリリースは4月1日実施のエイプリルドリームプロジェクトにて発信されています。通常のプレスリリースとは異なり、企業・団体がいつか叶えたい「夢」の内容の発信です。

 当社は、「April Dream 4月1日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースはパイフォトニクス株式会社のApril Dreamです。

 光パターン形成LED照明「ホロライト・シリーズ」の開発・製造・販売を手掛けるパイフォトニクス株式会社(静岡県浜松市東区/代表取締役:池田貴裕)は、夢のレインボウ発生装置「ホロライト・ドリームズ」を開発しました。本装置は、虹色の光の橋を空間に発生させ、夢を持つ人だけが虹の上を歩くことができます。夢と希望に満ち溢れた世界が広がることを願い、本年4月1日から貸し出しサービスを開始します。

<製品概要>
 当社は小型軽量なキューブ型筐体から虹色のアーチ状光パターンを形成する「ホロライト・レインボウ」を製造、販売しています。今回、それを改良し、夢を持つ人が虹色の光の上を歩ける装置「ホロライト・ドリームズ」を開発しました。本製品は想いを形にする製品であり、夢への強い想いを感知して作動。発生させた虹色の光の上を歩くことができます。

イメージ:希望に満ち溢れた世界が広がる夢のレインボウ発生装置イメージ:希望に満ち溢れた世界が広がる夢のレインボウ発生装置

<製品開発の経緯>
 毎年、起業家である当社の代表が近隣の小学校へ出向いて「夢」の大切さを伝える出前講座を実施しております。毎回、参加する小学生はキラキラと目を輝かせて話に聞き入り、希望に満ち溢れた将来の夢を語ってくれます。虹には「希望と平和」の象徴という意味合いがこめられており、人々の心を豊かにします。夢と希望に満ち溢れた世界になることを願う当社は、虹に秘められた力を形にすべく、本製品を開発しました。

写真:ホロライト・ドリームズ写真:ホロライト・ドリームズ

 

写真:小学生に「夢」の大切さを語る講演風景写真:小学生に「夢」の大切さを語る講演風景

<主な特長>

1.夢エネルギーを虹に変換
 当社独自の人感センサが人の表情や声から夢エネルギーを算出、AIテクノロジーが夢エネルギーに変換して、レインボウ発生装置から空間に虹色の光の橋を形成します。

2.夢を持つ人だけが虹の上を歩ける
 夢を持つ人は現れた虹色の光の橋を歩くことができます。夢を持たない人は見えるだけで歩くことができません。

3.希望を与える
 夢エネルギーには強い共鳴力があり「ホロライト・ドリームズ」の虹を見ることで、現時点では夢を持たない人も子どもの頃の純粋な気持ちを取り戻し、夢を持つ大切さに気づかされます。

イメージ:子どもの頃の純粋な気持ちイメージ:子どもの頃の純粋な気持ち

<製品仕様>
 名称   :ホロライト・ドリームズ/HOLOLIGHT DREAMS
 型式   :HLDRM
 光パターン:希望型
 動力   :夢エネルギー
 付属品  :夢と希望に満ち溢れた世界になることを望む想い

イメージ:夢と希望に満ちた世界イメージ:夢と希望に満ちた世界

 当社は光パターン形成LED照明「ホロライト」の製造販売で主に工場内の注意喚起照明として製品を提供しています。昨年度は、本社を置く静岡県浜松市の社会課題の一つである中心市街地におけるムクドリ追い払い作業向けの鳥獣対策用LED照明を開発するなど事業の幅を広げています。また、最新のカメラやセンサなどのIOT技術を搭載したホロライトの開発に取り組んでおり、スマートシティ/スーパーシティ構想に向けた開発も進めております。当社の中心となる価値観は「融合」となります。さまざまな業界と親和性の高い光技術を軸に事業領域を拡げ、これからも新しい光の使い方を追求し、地球の未来を拓きます。

「April Dream」は、4月1日に単に笑えるネタではなく実際に企業が叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。
 

 

この件に関するお問い合わせ先

■パイフォトニクス株式会社 https://www.piphotonics.com
〒435-0052浜松市東区天王町673 ホロライトビル
TEL:053-581-9683 FAX:053-581-9684 E-mail: info@piphotonics.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. パイフォトニクス >
  3. 希望に満ち溢れた世界が広がる夢のレインボウ発生装置「ホロライト・ドリームズ」を開発