現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERAとアート×テクノロジーのスタートバーン、グローバルマーケット進出に向けて協力

この度株式会社TRiCERA(所在地:東京都港区、代表取締役CEO:井口泰、以下TRiCERA)とスタートバーン株式会社(所在地:東京都文京区、代表取締役:施井泰平、以下スタートバーン)は、アートのグローバルマーケットへの進出に向けて協力することに合意いたしました。

 

 


■ 協業の背景
TRiCERAは「創造力に国境なんてない」を理念に、日本やアジア諸国をはじめ、世界中のアーティストが自由に作品を発表・販売できるオンラインプラットフォームを運営してきました。アーティストが自国を超えて活動する際にハードルとなる言語の翻訳・決済機能・配送システムを完備したプラットフォームを提供し、アーティストがグローバルに自らのキャリアを形成できる場を目指しています。

一方のスタートバーンは「アート×テクノロジー」を軸に、ブロックチェーン技術を用いたアート作品の証明書や来歴の管理、など、アートの流通を支えるインフラ構築をメインに事業を展開しています。アート作品の取引や利用が、より安全でスムースに行える世界を目指しています。

このたび両社は、「全てのアーティストの海外進出をサポートすること」を主な目的として協力します。スタートバーンが提供するICタグ付きブロックチェーン証明書「Cert.」の仕組みを利用し、TRiCERAに参加するアーティストの作品の真正性担保および来歴管理・真贋証明を可能にします。全世界のアーティストに、翻訳・決済・配送のみならず作品の信頼性を保証し、従来では不可能だった国境・言語を超えたサポートを提供します。


■ 「TRiCERA.NET」の出品作品に、ブロックチェーン証明書「Cert.」を添付
「TRiCERA.NET」に出品される作品に、「Startbahn Cert.」から提供されるブロックチェーンとICタグの技術を用いた証明書「Cert.」を添付します。

それにより、作品の所有者は作品の基本情報や来歴などの閲覧が可能になります。また、ブロックチェーンの仕組みによって情報の改ざんを防止し、紙による証明書よりも高い真正性を担保することができます。

また、「Cert.」では、作品の取引や利用についてアーティスト自身が独自にルールを設定することが可能です。「Cert.」が添付された作品にリセールが発生した場合、そのルールが自動で制御・実行されるほか、アーティストが自動で還元金を受け取ることも可能になります。

TRiCERAについて
会社名:株式会社TRiCERA
代表取締役:井口 泰
本社:〒108-0074 東京都港区高輪3-10-2 SDS高輪ビル
設立日:2018年11月
資本金(資本準備金含む):98,922,000円
事業内容:現代アートグローバルプラットフォームの運営
会社サイト:https://tricera.co.jp/
サービスサイト:https://www.tricera.net/
問合先:info@tricera.co.jp
*当社は、株式会社デジタルガレージが運営するアクセラレータープログラム「Open Network Lab」の第19期最優秀賞受賞チームです。

 
スタートバーン株式会社
会社名:スタートバーン株式会社
代表取締役:施井泰平
本社:〒113-8485東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟 255
設立日:2014年3月
資本金(資本準備金含む):476,000,000円
事業内容:アートの流通・評価のためのインフラ構築
会社サイト:https://startbahn.jp/
サービスサイト:https://cert.startbahn.io/ja
問合先:pr@startbahn.jp

 

 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社TRiCERA >
  3. 現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERAとアート×テクノロジーのスタートバーン、グローバルマーケット進出に向けて協力