個人間カーシェア普及の起爆剤に スマホで開錠できる「AnycaKEY」で遊休資産のマイカーをシェアして維持費軽減するオーナー募集開始

コロナ禍の非対面ニーズにも対応

株式会社DeNA SOMPO Mobilityが運営する個人間カーシェアアプリ「Anyca(エニカ)」は、株式会社東海理化(本社:愛知県丹羽郡、代表取締役社長:二之夕裕美、以下、東海理化) が提供するTOKAI RIKA Digitalkeyを導入し、個人間同士でカーシェアするクルマの鍵をスマートフォンで開けることができるシステム「AnycaKEY(エニカキー)」を開発しました。「AnycaKEY」は2021年3月から提供予定で、当社はシステムを利用したいオーナーの募集も開始しました。

特設サイト: https://anycakey.contents.anyca.net/

クルマの所有を巡っては、若年層がクルマを買いたくない理由に「駐車場代など今まで以上にお金がかかる(28%)」※1(一般社団法人日本自動車工業会「2015年度乗用車市場動向調査」)など、維持費の高さが挙がるなか、購入しても車は3%しか稼働しておらず、97%は駐車場に眠っている※2などの現状があります。(参考: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000013971.html )この現状を解決するために、「Anyca」では5年間個人間カーシェアを運営しており、登録台数は1.6万台以上、東京23区のシェア回数上位100車種の車の月間平均受取金額は25,000円※3とマイカーの維持費軽減に役立ってきました。

「Anyca」は通常対面でクルマのシェアをおこない、リピートして利用するとオーナーとドライバーの間でコミュニケーションが生まれ、新たなコミュニティが形成されるといった楽しみ方があります。しかし、これまではカーシェアの際に対面でクルマを受け渡しする必要があり、時間が合わない、面倒といった理由がカーシェア普及の障壁になっていました。

そこで、今回の「AnycaKEY」を導入することで、クルマのオーナーはシェアや返却対応のために予定を空ける必要がなくなり、より多くのシェアをおこなうことが可能となります。また、クルマを利用するドライバーも「AnycaKEY」を導入しているオーナーのクルマであればこれまで以上に予約がしやすくなります。そして、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、非対面でのシェアをするニーズも高まってきており、非対面化を実現する「AnycaKEY」によって、より便利で安心してシェアをおこなうことも可能になります。

これまで個人間カーシェアの障壁になっていた、受け渡しの手間や時間の制限を「AnycaKEY」の普及で解決し、より手軽にカーシェアを行える世界を作り、誰でもマイカーの維持費軽減が手軽にできる世界を目指します。

そして、「AnycaKEY」の2021年3月の提供開始に合わせて、本システムを導入したいオーナーを募集します。


「AnycaKEY」の詳細
■使い方の流れ

①クルマのオーナーが専用のキーボックスに鍵を入れ車内に設置
②設置後はオーナーの「Anyca」アプリ(Bluetooth経由)でキーボックスを操作してクルマを施錠

※車外からのクルマの施錠と開錠はキーボックス内の物理的な装置が鍵のボタンを押して作動させる
③クルマを予約したドライバーは「Anyca」アプリでキーボックスを操作してクルマを開錠
④車内にあるキーボックスから鍵を取り出し、クルマを運転
⑤クルマの返却時は鍵をキーボックスに入れ、「Anyca」アプリでキーボックスを操作してクルマを施錠

※カーシェア前後にクルマのキズ確認をアプリで行っていただきます(目視で確認し、アプリに記録を残せる機能です)
 

​キーボックス

車内に設置したキーボックス

■特徴
・個人のクルマに工事不要で手軽に設置が可能
・個人間カーシェアならではの様々な車種に対応可能(約300車種 ※2020年11月現在、順次対応数拡大中)

■料金
期間限定無料(2022年4月以降、月額1,650円を予定)

■応募条件
・「Anyca」にてクルマ登録を完了された方
・「AnycaKEY」に対応している車種をお持ちの方
・スペアキーをお持ちの方
応募は「Anyca」アプリのクルマ管理画面よりお申し込みください。別途同意事項に同意頂く必要がございます。


株式会社東海理化について
http://www.tokai-rika.co.jp/
社名:株式会社東海理化
所在地:愛知県丹羽郡大口町豊田3-260
代表者:代表取締役社長 二之夕 裕美
事業内容:自動車部品及び関連部品を中心に自動車技術を応用した様々な事業を展開
設立年月:1948年8月

TOKAI RIKA Digitalkeyとは(https://digitalkey.jp/
約70年に渡り自動車メーカーの鍵を開発し続けてきた東海理化とIT分野の新規事業開発を支援する株式会社dotDが戦略的協業し『クルマの鍵屋だからできた安心安全のデジタルキー』をコンセプトに TOKAI RIKA Digitalkey事業として様々なデジタルキーソリューションを展開しており、そのラインナップの一つとして既存の自動車に後付けで取り付けてBluetooth経由で鍵の開け閉めを可能にするキーボックスを提供しています。

 「Anyca(エニカ)」とは( https://anyca.net/ )
DeNAとSOMPOホールディングスの合弁会社であるDeNA SOMPO Mobilityが運営する“乗ってみたい”に出会えるカーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は、個人のクルマを、使っていない時間にカーシェアシェアできるプラットフォームで、希望のクルマをリーズナブルに楽しむことができます。マイカーオーナーにとっては、駐車場に眠っているクルマをカーシェアすることでクルマにかかる維持費が軽減され、希望のマイカーが持ちやすくなります。カーシェアを利用するドライバーは、国内外の乗用車をはじめスポーツカーや高級車など、豊富な車種を利用できます。また、半分以上のクルマが24時間8,000円以下でシェアが可能です。個人間カーシェアだけでなく、1時間単位で利用可能な非対面でのカーシェア レンタカー形態も利用できます。累計登録台数は16,000台以上(750車種以上、登録会員数は35万人以上で、2015年9月のサービス開始から延べ21万日以上のカーシェアが行われています。(数値は全て2020年9月時点)

※1 参考:「2015年度乗用車市場動向調査」(一般社団法人 日本自動車工業会)2016年4月8日
http://www.jama.or.jp/lib/invest_analysis/pdf/2015PassengerCars.pdf
※2 稼働率=年間運転時間/365日×24時間×100=約3.4%
年間運転時間=年間総走行距離/国内平均移動速度=301.3時間
年間総走行距離(乗用車)=10,575km(※3)
国内平均移動速度=35.1km/h(※4)
※3 「継続検査の際の整備前自動車不具合状況調査」(国土交通省)
※4 「道路交通センサスから見た道路交通の現状、推移【一般交通調査からみた道路交通】(表1-9)平均旅行速度の推移」(国土交通省道路局ホームページ)2017年7月14日
http://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-data/data_shu.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社DeNA SOMPO Mobility >
  3. 個人間カーシェア普及の起爆剤に スマホで開錠できる「AnycaKEY」で遊休資産のマイカーをシェアして維持費軽減するオーナー募集開始