電子契約サービス市場累計登録社数において 「クラウドサイン」が 2019 年調査でもトップシェア!!

日本初の Web 完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」(https://www.cloudsign.jp/)を 提供する弁護士ドットコム株式会社(東証マザーズ 6027、東京都港区、代表取締役社長:内田 陽 介)は、株式会社矢野経済研究所によると、前回調査結果(2018 年 8 月末時点)(※1)に続き、 2019 年 7 月末現在でも、電子契約サービス市場主要 12 社の累計登録社数においてクラウドサイン がトップ(※2)であったことをご報告いたします。
2015 年 10 月にサービス開始して以降、累計契約締結件数は 70 万件(※3)、導入企業数は5万 社(※3)を突破し、クラウドサインは順調に普及・拡大しています。

※1. 電子契約サービス主要 12 社において、有償・無償を含む発注者側ベースでの利用登録社数 (株)矢野経済研究所調べ 2018 年 8 月末現在
※2. 電子契約サービス主要 12 社において、有償・無償を含む発注者側ベースでの累計利用登録社数 (株)矢野経済研究所調べ(2019 年 7 月末現在)
※3. 自社データ

■累計登録社数のシェア


■ クラウドサインの今後の展開
日本においても、業務効率化を推進する企業を中心に契約書の電子化が徐々に普及しています。 当社では、この大きな流れのもと導入企業数を拡大するべく、認知度向上および新機能を開発していく予定です。 今後もクラウドサインをはじめとするリーガルテック領域への事業拡大を通じて、法律をよりかんたんに活用できる社会を実現してまいります。

■ 導入実績企業(一部抜粋)
野村證券株式会社
みずほ証券株式会社
三菱 UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
KDDI 株式会社
株式会社スクウェア・エニックス
ネスレ日本株式会社
株式会社リクルートホールディングス
ヤマトフィナンシャル株式会社
大和ハウス工業株式会社
株式会社 ZOZO
株式会社クレディセゾン
株式会社メルカリ
ラクスル株式会社
株式会社マネーフォワード
株式会社クラウドワークス
株式会社ぐるなび
株式会社 SmartHR
株式会社はてな
パーソルキャリア株式会社


■ クラウドサイン とは https://www.cloudsign.jp/
クラウドサインは「紙と印鑑」を「クラウド」に置き換え、契約作業をパソコンだけで完結できるWeb完結型クラウド契約サービスです。全てがクラウド上で完結するため契約締結のスピード化を実現、郵送代・紙代・インク代、印紙代が不要なためコスト削減も可能です。契約書をクラウド上で一元管理することで、業務の透明性が向上し、抜け・漏れを防ぎ、コンプライアンスの強化にもつながります。法律事務所から従業員数28,00人以上の金融機関、上場企業などにも利用されています。


■弁護士ドットコム株式会社について
本社  :東京都港区六本木四丁目1番4号 黒崎ビル
設立日 :2005年7月4日
資本金 : 436百万円(2018年6月現在)
代表者 :代表取締役会長 元榮 太一郎 (弁護士)、代表取締役社長 内田陽介
事業内容:「専⾨家をもっと⾝近に」を理念として、⼈々と専⾨家をつなぐポータルサイト「弁護⼠ドットコム」「ビジネスロイヤーズ」「税理⼠ドットコム」、Web 完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」を提供。
URL  :https://corporate.bengo4.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 弁護士ドットコム株式会社 >
  3. 電子契約サービス市場累計登録社数において 「クラウドサイン」が 2019 年調査でもトップシェア!!