仏・クルーズ会社「ポナン」 ヨット型客船「ル・ポナン号」で行く、オーストラリア・キンバリーでの2023年の新セーリング・エクスペディションを発表

フランス唯一のクルーズ会社ポナン(英:PONANT/本社:フランス・マルセイユ)は、2023年のキンバリーシーズンに向け、ポナンを象徴する32人乗り3本マストの帆船「ル・ポナン号」がオーストラリア海域へ到着することを発表し、海上でのラグジュアリーエクスペディションは新たなレベルに向かい始めました。ル・ポナンでの航行は、オーストラリアの名門パスパレーグループとの大々的なエクスクルーシブパートナーシップのもと、人里離れたキンバリーの古代の風景をラグジュアリーに旅する、より特別でユニークな体験を提供したいという願いから生まれました。

2023年4月に運航を開始するル・ポナンのクルーズは、キンバリーの広大な美しさを紹介するオーダーメイドの旅程となり、エクスペディションクルーズの限界に挑戦します。ポナン所属の世界的に有名な探検家や現地エキスパートが率いる当クルーズでは、息を呑むような景色の中の航海と、最新鋭のゾディアックボートによる上陸をご体験いただけます。さらに、パスパレーグループが所有するヴィンテージのグラマンマラード飛行艇による遊覧飛行や、パスパレーグループの真珠養殖場であるクリ湾へのプライベートアクセスなど、ユニークな体験もお楽しみ頂けます。ル・ポナンの船内では、エクスペディション・リーダーやナチュラリスト・ガイドが、冒険、サステナビリティ、フランス流の洗練されたサービスやホスピタリティを融合させた独自の新たな旅程をご提案します。

2022年4月にキンバリーで運航を再開し、現在既にオーストラリア海域に滞在している他の2隻の小型豪華探検船、ル・ラペルーズとル・ソレアルに続き、ル・ポナンも運航を開始いたします。ル・ポナンの新しい旅程は、エル・クエストロ、バークレー・リバー・ロッジ、ブルームの宿泊施設を含む上陸前後の調整とともに、2022年5月以降に予約受付を開始予定です。また、2023年4月から10月にかけて、キンバリー北部および南部で7泊から14泊のクルーズも予定しています。

■アジア太平洋地域 会長 サリナ・ブラットン AM コメント
パスパレーグループとのパートナーシップのもと、オーストラリア北西部における新しいコンセプトのラグジュアリー・セーリング・エクスペディションを皆様にご提供することがとても楽しみです。ル・ポナンは当社3隻目の客船としてアジア太平洋地域に拠点を置き、オーストラリアを紹介し、海上での持続可能性を促進し、ラグジュアリーで魅力的な旅行体験をお届けします。

■アジア太平洋地域 エクスペディション・デスティネーション・ディレクター ミック・フォグ コメント
キンバリークルーズは、フレキシブルな旅程の設定により、お客様に最高の体験を提供することが可能となりました。キンバリー地域のベストシーズンや、有名な潮の干満差などを踏まえ、象徴的な観光地と隠れた名所の両方をご体験いただき、キンバリーの壮大な海岸線の驚くべき美しさをご紹介します。

ル・ポナン号
新装されたル・ポナンは、お客様に真のユニークな旅行体験をご提供するために生まれ変わりました。ジャン・フィリップ・ニュエル・スタジオにより洗練されたデザインに全面改装され、最大32名様までご乗船いただける16室のプライベート空間が生まれました。航海とエコロジーを両立させ、お客様を世界の驚異を体験する旅へお連れします。ポナンの第一隻目であり歴史的なヨットタイプの客船であるル・ポナンは、その誕生以来、ポナンの責任あるツーリズムへの継続的なコミットメントを体現しています。

この度の改装で最新の技術が導入され、ル・ポナンの排気量削減への取り組みは、これまで以上に大きな意味を持つようになりました。ル・ポナンの船内は、細部に至るまで徹底的に考え抜かれ、目的地に合わせた体験や現地の伝統文化に焦点を当てることに重点を置いています。ル・ポナンの仕様全てが環境と文化の保護を念頭に置いて設計されています。

<会社概要>
会社名:Ponant
本社所在地:408 Avenue du Prado, 13008 Marseille, FRANCE
創立:1988年
公式HP:https://www.ponant.com/

<PONANT(ポナン)とは>
Explore to inspire:よりよく理解し、学び、共有し、保護するための探検。
ポナンは30年以上にわたり、より責任ある観光と意義のある探検の航海に取り組んできました。フランス籍の全13隻の客船は、環境に配慮した最新の機器を備えています。ポナンのご提供するクルーズでは、洗練された本物の探検・冒険(エクスペディション)をご提供し、全てのエクスペディションはインスピレーションの源となるものです。
船乗りが始めたフランス唯一のクルーズ会社。3本マストの「ル・ポナン号」から始まり、2010年には世界で初めて極地をクルーズすることを前提に建造された「ル・ボレアル号」を含む4隻の姉妹船を建造し、業界最大の南極送客数を誇ります。ポナンが保有する全ての客船は自然に優しく、ディーゼルと電気、もしくはLNGと電気のハイブリッドエンジンを使用し、環境への配慮を行っています。ラグジュアリーエクスペディションクルーズのグローバルリーダーとして、北極から南極まで魅力溢れるあらゆる地をご案内するとともに、我が家のようにくつろげるプライベートヨット感覚でカリブ海や地中海クルーズもお楽しみいただけます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PONANT JAPAN >
  3. 仏・クルーズ会社「ポナン」 ヨット型客船「ル・ポナン号」で行く、オーストラリア・キンバリーでの2023年の新セーリング・エクスペディションを発表