「コウノトリブックス®」が「天使のはねランドセル」のセイバンとコウノトリブックスの販売提携

「今のあなたに必要な一冊を、今のあなたに必要な言葉を添えて。適書アドバイザーが絵本を届ける」子育て支援、親支援事業「コウノトリブックス®」を展開する株式会社DFB(東京都中央区日本橋 代表 谷口とよ美 https://www.dfbooks.co.jp/)は、ランドセルメーカーの株式会社セイバン(兵庫県たつの市 代表取締役社長 泉 貴章)とコウノトリブックスの販売提携をしました。
NEWS RELEASE
2020年3月2日
株式会社DFB(デジタル・フューチャー・ブックス)

●絵本の適書を選び、子育て支援、親支援事業を展開する株式会社DFBは、ランドセルを買い求められた株式会社セイバンの顧客向けに、小学校入学までに読む力をアップさせる適書を選んで届けるサービス、「コウノトリブックス セイバンスペシャルパッケージ」を販売します。首都圏のセイバン直営店(セイバン日本橋(3月19日開店)、セイバン池袋、セイバン立川、セイバン横浜)で販売を開始します。

読む力は、感じる力、考える力の基盤になります。
 親子関係、人間関係を構築する力になります

さまざまな家庭環境の中で、絵本に触れる機会が少なかったり、読む力が十分に育っていない子どもは、コミュニケーション力が不足し、小学校入学後も先生や友達との関係性を上手く構築できない、授業の理解が追い付かない、結果として、学校生活になじめない、そういった子どもたちの事例が多く出ているのが現状です。
どの家庭でも、入学準備といえばランドセル、まず、そこから始まります。ですが、その後は、入学までに何をするのか?と考えた時、やはり、元気に小学校に通う子どもを支える力、読む力をつけることが、次の大切な入学準備であること、そのサポートをすることが大切であるとコウノトリブックスは考えています。

●入学準備は ランドセルと 夢と希望を支える 読む力

小学校入学までに、絵本を通して、文字や活字や物語、いろいろな世界を知り、知識に触れる楽しさを味わい、理解する力を身に付けてもらいたい、それが、ランドセルを背負って過ごす小学校時代を支える力になるはずです。

適書アドバイザーが選んだ「適書」と「アドバイスレポート」を届けます。

(アドバイスレポート例)(アドバイスレポート例)

入学までに、何を読んだらいいのか?適書アドバイザーが、一人一人の状況を把握し、適書を選び、アドバイスレポートと共に届けます。

注文は、ランドセルを購入した店舗で「コウノトリブックス セイバンスペシャルパッケージ」プランをお申込み
入学までの特別プランを、ランドセル購入のお客様に特価でご提供します。

詳しくは「コウノトリブックス」サイトをご参照ください。
https://www.dfbooks.co.jp/

 (会社概要)
株式会社DFB(デジタル・フューチャー・ブックス)
〒103-0027 東京都中央区日本橋一丁目17‐4永田ビル4F
代表取締役社長 谷口とよ美(適書アドバイザー)
https://www.dfbooks.co.jp/

【本件に関するお問合せ先】
株式会社DFB  中迫
電話:03-6262-5117 メールアドレス:info@dfbooks.co.jp FAX:03-6262-5118
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社DFB >
  3. 「コウノトリブックス®」が「天使のはねランドセル」のセイバンとコウノトリブックスの販売提携