NEWS加藤シゲアキ新連載で大反響 「小説新潮」1月号が異例の緊急重版!

加藤シゲアキ (c)新潮社加藤シゲアキ (c)新潮社

小説新潮2020年1月号小説新潮2020年1月号

「NEWS」メンバーとしての芸能活動と作家生活を両立させている加藤シゲアキさん。今月21日発売の「小説新潮」(発行:新潮社、編集長:江木裕計)2020年1月号で長編小説「オルタネート」の連載をスタートさせました。この号には発売前から予約が殺到、ネット書店を中心に売切れ店が続出したため、発売から4日目となる24日(火)、小社は異例の5,000部緊急重版を決定しました。
1947(昭和22)年9月創刊の「小説新潮」史上において、販売資料が残されている1956(昭和31)年以降、重版の記録はなく、今回は少なくとも過去63年来、初の重版ということになります。小説誌としては珍しい「快挙」ですので、お知らせいたします。
加藤さんが月刊誌で長編小説を連載するのは今回が初めて。「小説新潮」1月号は小説「オルタネート」だけでなく、カラーで8ページにわたる加藤さんのインタビューも掲載されており、16日(月)の情報リリース直後からTwitter上でファンたちが「シゲ祭り」状態となり、一時は「#小説新潮」がトレンド上位に上がったほど。普段の読者層とは違う、そんな加藤さんのファンの多くが予約に走ったことが、今回の異例の売れ行きの背景と思われます。
1月号は加藤さんの作品以外にも、山田詠美さん待望の新連載小説(本誌での連載は意外にも初めて!)、お笑い芸人「ハライチ」の岩井勇気さんによるエッセイ(ベストセラーとなった「僕の人生には事件が起きない」)連載の再開など話題豊富で、通常号よりも部数を増やして11,000部でスタート。また、若い読者が多くなると予想し、Amazonをはじめとするネット書店への搬入数は通常の5倍以上にして臨みました。蓋を開けてみれば、Amazonでは新連載情報をリリースした16日(月)の夕方に予約部数が完売。発売日前日、20日(金)の追加分も即日完売。26日(木)に再追加を行う予定です。リアル書店でも、雑誌POS店の初日(21日)の販売率が30.9%(通常は10%台)、3日目(23日)で50.3%(同20%台)という驚きの数字になっています。

「小説新潮」2020年1月号
12月21日(土)より発売中 特別定価 1100円(本体1000円)
連載関連内容: 加藤シゲアキ「オルタネート」第1回27ページ(扉1ページ含む)
 加藤シゲアキロングインタビュー「作家生活十周年を前に――」カラー8ページ

 

「オルタネート」特設サイト: https://www.shinchosha.co.jp/alternate/

加藤シゲアキ(かとう しげあき)
1987年生まれ、大阪府出身。青山学院大学法学部卒。NEWSのメンバーとして活動しながら、2012年1月に『ピンクとグレー』で作家デビュー。以降『閃光スクランブル』、『Burn.-バーン-』、『傘をもたない蟻たちは』『チュベローズで待ってる(AGE22・AGE32)』 とヒット作を生み出し続け、アイドルと作家の両立が話題を呼んでいる。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社新潮社 >
  3. NEWS加藤シゲアキ新連載で大反響 「小説新潮」1月号が異例の緊急重版!