LEALA、弁護士・法律事務所業務を高速化させる機能『LEALA console版』をリリース予定

株式会社レアラ(本社:東京都千代田区、代表取締役:林 和成)は、弁護士・法律事務所向けクラウド案件管理システム『LEALA』の新機能である、LEALA console版をリリースする予定です。迅速なシステムを活用した弁護士・法律事務所のスピーディな顧客対応および依頼者満足度の向上をご支援致します。

 


■ 法律事務所の業務生産性

これまで当社は様々な法律事務所のデジタルシフト支援に取り組んでまいりましたが、弁護士業界全体では、裁判手続きの影響もあり、紙ベースで業務管理を行う文化がまだ根強く残っております。
このような旧来の文化は、弁護士の先生方をより激務にしている一因でもあり、また、事務所に行かないと進められない業務の発生や、業務対応スピードの遅れによる相談者・依頼者満足度低下にも繋がっております。

既に、オンプレミス型のシステム等により、基本的な業務情報をシステム上に登録している事務所も一部ございますが、システム活用による業務生産性の向上にまで到達している事務所はまだ少ないように見受けられます。

当社は、LEALA console版の提供により、弁護士・法律事務所の業務品質および業務スピード向上の両立をご支援し、案件早期解決による依頼者満足度の向上をサポート致します。

■ LEALA console版の提供価値
① 関連情報を一元的に参照できるUI
依頼者からの受電時など即時性が求められる状況において、担当者が、顧客情報や相談内容を一目で把握できることから、信頼性の高い依頼者対応が可能となります。

② 表示切り替えの簡易化
顧客や案件の一覧情報および詳細情報の表示により、複数情報間の行き来をシームレスにし、スピーディな情報管理を促進します。

③ 複数タブ・サブタブによる作業効率化
複数の案件や顧客情報ページの同時表示により、時間の要する画面遷移や、ページ開閉の手間を無くします。これにより、複数関係先への連続架電業務や、複数案件における対応履歴の入力、請求書発行/タイムチャージ計上等、多様なユースケースにおける連続作業の高速化をサポートします。
 

 

 

 

■ 案件管理クラウドソフトの決定版「LEALA」とは
LEALAは、弁護士や事務員が行なっている法律事務所の業務改革を支援するクラウドソフトです。
事件/依頼者管理を中心に、弁護士費用、所内コミュニケーション、損害の自動計算や訴状などの生成等、すべての情報を一元化し、業務全体の包括的なデジタルシフトによりより本質的な業務に割くための時間を創出します。



■ 「LEALA」のUIについて
通常の案件管理システムは、基本的な業務をこなすためのページ中心思考のインターフェイスが多い一方、LEALAのUIは、業務の生産性をあげることを目的として設計されております。

■ 株式会社レアラについて
<ビジョン>
 「よりよい未来を歩める世界を」
企業であれ、個⼈であれ、問題を抱えたまま本来の⼒を発揮できず、果たすことのできたはずの使命や、得られたはずの 幸福を⾒失ってしまうのは、社会的に⼤きな損失です。レアラは、法律業界全体のデジタルシフトに貢献することで、企業や個⼈が、よりよい未来を歩める世界の実現を⽬指します。

<会社概要>
会社名 株式会社レアラ
代表取締役 林 和成
設⽴ 2019年3⽉
所在地 〒101-0054 東京都千代⽥区神⽥錦町1-17-1神⽥⾼⽊ビル7階

<提供サービス> 「法律事務所に特化した業務管理クラウドソフト LEALA」 https://leala.ai/

■ お問い合わせ先
株式会社レアラ 広報担当:西澤
メールアドレス:info@leala.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社レアラ >
  3. LEALA、弁護士・法律事務所業務を高速化させる機能『LEALA console版』をリリース予定