メタバースオフィス開発会社 VoicePing が、テレワークチームの生産性と一体感を高める機能を拡充

作業ログの出力、カスタムオブジェクト配置、自動録画、録画字幕、41か国語の音声翻訳、リファラル機能をリリース

メタバース出社の実現を目指す仮想オフィス開発会社VoicePing株式会社が、6月8日にテレワークチームの生産性を高める5つの新機能をリリースしました。追加されたのは、プロジェクト予算管理ができる作業ログデータの出力機能、一体感の形成と業務フロー改善のためのカスタムオブジェクト機能、定例会議を資産化できる自動録画機能、文字起こし字幕録画機能、外国人メンバーの言語の壁を無くす41か国語の音声翻訳機能、サービスを知り合いに紹介するとリファーラル報酬をもらうことができる機能です。

URL : https://voice-ping.com/

■ 背景
 イーロン・マスク氏がテスラ社員に週40時間以上のオフィス勤務を義務付けたことが話題になっています。世界一の資産家にとっても、テレワークチームの生産性管理に手こずるほど、テレワークチームの業務フロー管理・改善はまだまだ課題が多いのが現状です。例えば、会社・チームを管理する人にとっては、誰がいつどのプロジェクトにどの程度の時間を使っているのかを把握し、予算管理を行っていくことはビジネスに不可欠な要素です。テレワークでは、メンバーの様子が目に見えず、心理的な繋がりも薄まりがちです。この問題に対して、メタバース上で世の中の新たな働き方の実現を目指すVoicePingが新機能をリリースしました。

■ 新機能
1. プロジェクトの予算管理ができる「作業ログ出力」機能


 どのメンバーがどのプロジェクトにどの程度の時間を費やしているのか把握できる作業ログの集計をCSVやPDFファイルで出力可能になりました。
 「リモートワークに移行すると、各メンバーが何をやっているのかがわからなくなる」という声を多くの顧客から聞きます。VoicePingは、仮想オフィス上でチームの活動を可視化しつつ、タイムトラッキング機能で、どのメンバーがどのプロジェクトにどの程度の時間を費やしたかを記録します。マネージャーはプロジェクト全体の状況を簡単に把握できます。従来の仕様では、この記録をWEB上で簡易的に閲覧できる機能のみでしたが、任意のフィルターでの集計結果をCSVとPDF ファイルで出力できるようになりました。
 プロジェクトごとに稼働データを出力し、どのメンバーがどの程度の時間を使ったのかを確認し、プロジェクト予算を効率的に可視化でき、経営の意思決定材料にしたり、メンバーとの1on1での会話ネタとして活用できます。

※ 詳しくはこちら → https://docs.voice-ping.com/1fb77ce397494faabe50bd0a5b2fe7ae

2. 一体感形成&業務フロー改善のための「カスタムオブジェクト」


 仮想オフィス空間内に、任意のテキスト画像とそのリダイレクトURL先を指定できるカスタムオブジェクトを配置できるようになりました。
 使い方の例として、

・新しいメンバーがチームに加わったの自己紹介カード画像やテキスト表示
・企業理念、スローガン、KPI目標を常に見える位置に置く
・企業バリューに基づく活躍をした際、助けてもらった際に感謝の気持ちを示すサンクスカードを渡す

などの活用方法があります。

 オブジェクト(テキスト&画像)にはURLを埋め込むことができ、仮想オフィス内でオブジェクトをクリックした人を指定されたURLに既定のWEBブラウザを開いてリダイレクトさせることが可能です。大規模ミーティングを行う ZOOMの固定URLや社内メンバーが頻繁にアクセスする Spreadsheet, アジャイルボード, Figmaデザイン, Miro , 経費申請URLのリンクなどをオブジェクトとして配置しておくと、出社したメンバーが即座にアクセスでき、快適な業務フローを築くことができます。

※ 詳しくはこちら → https://docs.voice-ping.com/fbdb4b52b6ce4e029c0b2279d4c8d389

3. 定例会議を資産化できる「自動録画」機能


 会議室内で行われる全ての会議を自動で録画録音できるようになりました。
 会議で話していた重要なアイデアや説明内容を後から思い出せなくなる、不参加のメンバーに内容共有したいことは多いです。自動録画録音機能は、手動で録画ボタンを押さなくても会議室に2人以上が参加したら自動的に録画が開始され、会議室から誰もいなくなると自動で録画が停止される機能です。また、経営会議やコンフィデンシャルな録画にも対応する為に、録画文字起こしデータの閲覧制限機能も搭載し、メンバーグループごとにどの録画・文字起こしファイルを閲覧可能にするかを設定可能です。

※ 詳細はこちら→ https://docs.voice-ping.com/9f882bea6802424c95c7e4d59096dd9e

4. 録画動画の字幕表示機能


 録画動画に文字起こしされた会議内容を字幕として表示できるようになりました。
 英語でミーティングがすすむグローバル企業で、英語のリスニングが得意でないメンバーは、会議を録画したとしてもキャッチアップが難しいです。今回拡張された機能を利用すると、41ヶ国語の音声認識AIが文字起こしした会議内容を録画動画の字幕として表示することで、リスニングが苦手な人も会議内容のキャッチアップができます。また、重要な部分を素早くキャッチアップしたい場合や、音を出せない環境で会議内容をキャッチアップしたい場合にも役立ちます。

5. 外国人メンバーとの言語の壁をなくす「音声翻訳・文字起こし言語の拡充(41か国語)」

 


 仮想オフィス内でリアルタイム音声翻訳・文字起こしの対応言語数を41か国語まで拡充しました。
 日本語に慣れていない外国人メンバーが属するチームの場合、日本語メインで進んでいく社内の議論についていけないことがよくあります。実際、ASIAtoJAPANの調べによると日本で働いている外国人の4人中3人が同期とのコミュニケーションが大変だった答えています。一方で、外国人メンバーに配慮してに英語で再度言い直しをするのはストレスです。そこで、今回のVoicePingは、音声翻訳可能な言語を41か国語に拡充しました。また、英語方言、例えば、インド英語・フィリピン英語・シンガポール英語などにも音声認識対応致しました。
 既存の中国語とベトナム語に加え、ポルトガル語、タイ語、イタリア語、ウクライナ語、韓国語、インドネシア語など国内外国人労働者の主要出身国の言語を音声翻訳したものを、リアルタイムで確認できるようになりました。言語の壁を超えた雑談だけでなく、ミーティング中に重要な共有事項が出ても英語で説明し直すのではなく、最後に理解したのかを簡単にチェックするだけで済みます。

※ 詳細はこちら→ https://docs.voice-ping.com/9bebac76047a47a692956ff0209182c7

6. 知り合いに紹介した顧客は報酬をもらえるリファラル機能


 現在VoicePingの良さを知り合いの方に伝えながら紹介をしてくださったお客様のおかげで、弊社ツールのユーザー数が拡大しております。誠にありがとうございます。
 それに対する感謝の気持ちとして、VoicePing を知り合いに紹介し、その方が利用を始めた場合に紹介者に一定額の報酬を与える「リファーラル機能」をVoicePingアプリ内に導入いたしました。もし、紹介する場合には是非この機能を通してリファーラル報酬を得てください。

※ ご希望の方は support@voice-ping.com までお問い合わせください。

サービス概要
・料金


 チームの規模と一部機能の利用可能上限に応じて、以下のプランを提供しております。

※ 詳細はこちら→ https://docs.voice-ping.com/f91cd306a55a484792a39de5a1cc3898

・利用開始方法
 公式ホームページから無料プランをお問合せなしですぐに開始することができます。まずは、無料プランをチーム内でお試し下さい。

URL :https://voice-ping.com

■ ​資料とマニュアル
・プロダクト説明資料
https://form.run/@voiceping-demo-apply

・プロダクトリリースノート
https://docs.voice-ping.com/voiceping

・プロダクトマニュアル
https://docs.voice-ping.com/

不明点や質問等は、support@voice-ping.com のEmailアドレスにお問い合わせ下さい。

■ 個別説明会
スタッフによる具体的な説明が必要な方は、以下のフォームより、無料個別説明会(約30分)をお申し込みください。
https://form.run/@voiceping-demo-apply

■ プロダクトロードマップ
2022年7月   : 1対多の配信に最適化されたブロードキャスト機能、オフィスレイアウトのカスタマイズ機能
2022年8月   : 日本語音声認識精度の向上、録画録音映像の文字起こし・再生プレイヤー
2022年9月   : ゲスト招待周り強化
2022年10月   : ノイズキャンセリング機能
2022年12月 : Oculus Quest 3、ARゴーグルを想定した、VR/AR 版 VoicePing
2023年4月   : Web 3.0 メタバースPF、X to Earn 

■ 会社概要
会社名    : VoicePing株式会社
所在地    : (〒105-7508) 東京都港区海岸一丁目7番1号東京ポートシティ竹芝8階ビジネスエアポート内
代表者    : 中島明紀
設立       : 2019年7月
資本金    : 2億990万円(資本準備金を含む)
事業内容 : 仮想オフィスSaaSサービス、システム受託開発
会社HP   : https://voice-ping.com

■ 本件に関する問い合わせ
VoicePing株式会社 代表 中島明紀
E-mail : support@voice-ping.com
  1. プレスリリース >
  2. VoicePing株式会社 >
  3. メタバースオフィス開発会社 VoicePing が、テレワークチームの生産性と一体感を高める機能を拡充