移動型ロボットに装着する、軽量のデルタ型パラレルリンクロボットアームの販売を開始

CFRPと切削アルミ部品で構成された、軽量、安価なロボットアームを発売

株式会社アトラックラボ(埼玉県入間郡三芳町藤久保16-37 代表取締役 伊豆智幸 TEL 049-293-6138)は、汎用のロボットサーボを使用することで、安価なデルタ型パラレルリンクロボットアームを発売しました。
市販のロボット用サーボを使用する事で、制御プログラムが作りやすく、低価格なデルタ型パラレルリンクロボットアームの単品販売を開始いたしました。アトラックラボの栗拾いロボットなどに使用しているロボットアームで、AIや画像処理と組み合わせて様々な用途に活用いただけます。

 

デルタ型パラレルリンクアーム搭載移動ロボットデルタ型パラレルリンクアーム搭載移動ロボット

アーム部分の価格は、15万円(税別)で、別途ロボット用サーボDynamixelが3台とコントローラーなどが必要となります。先端のグリッパーなどはオプションとなります。
このようなロボットアームを使用した、システム開発なども承ります。
 

 

【本件に関するお問合せ先】
株式会社アトラックラボ
メールアドレス:sales@attraclab.com
アトラックラボホームページ:http://attraclab.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アトラックラボ >
  3. 移動型ロボットに装着する、軽量のデルタ型パラレルリンクロボットアームの販売を開始