2020年11月18日(水) 「サステナブル社会と地域の未来」を考える、第2回NIPPONIAサミットを福岡にて開催します。

地域づくり事業に取り組む全国のプレイヤーを対象に持続可能な観光まちづくりのノウハウを公開します。

全国の歴史地区の再生推進を目的とするNIPPONIA協会(会長:一般社団法人ノオト代表理事 伊藤清花)が、各地で地域づくりに取り組む事業者を対象に、サステナブルな観光まちづくりをテーマにした「第2回NIPPONIAサミット」を開催致します。本サミットは、アフターコロナの社会を見据え、どのように持続的な地域をつくるか、というテーマを切り口に、実際に地域に入り地域活性化に取り組む事業者からの事例発表などを交え、地域が主体となって行う地域づくりの知見を広く共有、掘り下げ、各地の地域づくり実践者にノウハウを提供することを目的とします。

「第2回NIPPONIAサミット」の概要は下記のとおりです。
今回はコロナの影響も考慮し、遠方の方向けにオンライン配信(有料)も予定しております。
=====
日時:2020年11月18日(水) 13時開会
会場:アクロス福岡 イベントホール (住所)福岡県福岡市中央区天神1-1-1
参加費:3,000円(オンライン参加も同額)
主催:NIPPONIA協会
プログラム:13:00      開会
      13:05~13:10 開会挨拶
      13:10~14:40 事例発表(※愛媛県大洲市、島根県出雲市、熊本県甲佐町の3地域の事例発表)
      14:40~14:55 休憩
      14:55~16:25 パネルディスカッション(※上記3地域の事業者が登壇)
      16:25~16:30 閉会挨拶
      16:30      閉会 (※閉会後、名刺交換会を予定しています。)

◆申込方法
参加のお申し込みは下記サイト内のお申し込みURLよりお申し込みください。
https://team.nipponia.or.jp/blog/1494/
=====

 




















チラシはこちらからダウンロードできます。

https://prtimes.jp/a/?f=d53912-20201020-5676.pdf

◆NIPPONIA協会とは
「NIPPONIA」と「なつかしくて、あたらしい、日本の暮らしをつくる」という理念のもと取り組んでいる地域の歴史や文化を軸にした観光まちづくり事業を意味します。NIPPONIA協会は、「NIPPONIA」の取組みに共感する各地の行政、金融機関、民間事業者等のネットワーク組織であり、その繋がりを活かして地域の文化や暮らしと共に国内に残る歴史地区を活性化・発展させていくことを目的に活動しています。
本サミットでは岐阜県飛騨古川で「SATOYAMA EXPERIENCE」を手掛ける㈱美ら地球CEOの山田拓氏をファシリテーターに招き、各地でNIPPONIA事業を実践する3名のプレイヤーをゲストに、地域が主体となる「サステナブルな地域づくり」についてのノウハウを広く社会に提供します。
※会場では新型コロナ感染防止対策を実施して開催します。
※コロナの感染状況によっては内容を変更、または中止する場合もございます。


◆2020年10月現在でNIPPONIAが展開している地域
 



2019年11月に大阪にて行われたサミットの様子は下記URLよりご覧いただけます。
前編:https://team.nipponia.or.jp/blog/1203/
後編:https://team.nipponia.or.jp/blog/1255/



 

≪組 織 概 要≫
組 織 名:NIPPONIA協会
設   立:2014年6月
会   長:伊藤 清花(一般社団法人ノオト 代表理事)
所 在 地:兵庫県丹波篠山市二階町18-1
U R L :https://team.nipponia.or.jp

Facebook :https://www.facebook.com/plus.note/ 

Instagram  : https://www.instagram.com/nipponia.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社NOTE >
  3. 2020年11月18日(水) 「サステナブル社会と地域の未来」を考える、第2回NIPPONIAサミットを福岡にて開催します。